私は28才のOLです。

今度職場の先輩と結婚する事が決まりました。本当なら最高に幸せな時期なんですけど・・・

ある事件がありました。

どうして真面目で大人しい女ほど、悪い男を好きになってしまうのでしょうか?

今までの私だったら全然理解出来ませんでした。でも今年の夏休みで変わってしまいました。

てゆーか無理矢理変えさせられてしまいました。その前に、私と婚約者の話をしたいと思います。

私は高校から女子高で、大学も女子大でした。男性経験は婚約者で2人目でした。

1人目は中学校の時に同じクラスだった男の子で、高校3年の時から付合いはじめて、大学の2年まで付き合っていました。

私は自分で言うのもおこがましいですけど、割とモテる方でした。

学生の時も、ナンパや告白された事は人一倍ありました。

たぶん胸がGカップあるので、それだけの目当ての人もいたかもしれませんけど。

でも、私は中々積極的に男の人と話が出来なくて、会話も続かないので、ギクシャクしちゃう事も多くて、それで機会がドンドンなくなっていきました。

高校から付き合っていた人は、中学校の同級生だったから自然に話もできたんですけど、大学で遠距離になって終わってしまいました。

それ以来、就職しても彼氏がずっといませんでした。

就職してからも、合コンとかに誘われるんですけど、行った所で会話もろくに出来ないし、夜遊びもしらないので、全部断っていました。

そんな中、仕事でよく一緒になる先輩と仲良くなって、25才の時に付合う事になりました。

先輩は私と同じ位真面目で、彼女も過去に1人しかいませんでした。

2人の共通の趣味がテニスだった事も付き合ったきっかけに大きく影響しました。

そしてさらに、先輩は怒った事なんか一度も無くて、とても優しい上に、先輩の家は都内に何ケ所も土地を所有しているプチお金持ちでした。

私の両親も先輩をすごく気に入って、なんの障害も無く結婚の話が決まりました。

会社の同期も『合コンに一回も参加して無いのに何で一番イイとこ持ってくの?』と冗談っぽく怒られました。本当に彼は優しくて、エッチの時も私が恥ずかしがり屋だから必ず電気を消してくれるし、私が男の人のを舐めるのに抵抗があるって言うと、無理な事は絶対にさせようとしてきませんでした。

私は私の胸ばっかりを見られるのがすごく嫌いで、ナンパとかされた時に、「おっぱい触らせて」なんて気軽に言ってくる人が大嫌いでした。でも先輩は、胸の事なんか最初から一回も聞かないで、とても自然にしてくれたのが一番嬉しかったです。

そんな時、この前の夏休みに中学校の同窓会をやりました。

先輩は仕事だったので、私は一人で実家に帰っていました。

昔の彼氏が来るか気になりましたけど、友達の情報で来ないのが分かって安心して参加出来ました。

当日、参加者は22人でした。

丁度男女半々ぐらいでした。

夏って事もあって、河原でバーベキューをしながら飲み会みたいな感じになりました。

午後4時から集合して、バーベキューをして盛り上がっていました。

私もいつもは大人しいんですけど、中学校の友達と一緒だと少しテンションが高くなってしまいます。

そして少し気になっていたのが、参加してる男子の中に『大河君』て言う男子がいました。

タイガ君は不良だったから、中学校の3年の時からほとんど学校に来ていませんでした。

私も1年の時に話を少ししただけで、ほとんど知りませんでした。

やっぱりタイガ君は他の人と違っていて、真っ黒に日焼けした筋肉質な体にタンクトップで、髪は金髪でした。

タイガ君は昔からカッコ良かったので、その時はもっとカッコ良くなっていました。

噂ではAV男優をやっているって話でした。

でも、どうやら今はバーを経営してるって話してるのが耳に入ってきました。

私はタイガ君とは同じクラスでしたけど、彼のような人とは一生話をする事は無いと思っていました。

住む世界が違うって思っていましたし、少し憧れはあったけど、『そんな世界に憧れるのなんて子供っぽい。』って勝手に押さえ付けていました。

でも、突然境界線が壊される出来事がありました。それは、バーベキューが落着いて少し暗くなってきた時に、お酒が足りなくなってきたので、唯一お酒を飲んでいなかった私が、車でお酒を買いに行く事になりました。

でも、私はお酒を飲まないから何を買ってきたらいいか分らないので困っていると、「俺も一緒にいくわ。」とタイガ君が立上がりました。私はまさかタイガ君が行くって言うと思わなかったので、ビックリしてしまい、『2人だけだとまずいよー』と誰か一緒に来てくれないかと思っていました。

でも、タイガ君が「早く行こうぜ。」とすぐに歩いて行ってしまったので、2人っきりで買い物に行く事になりました。私は予想もしていない状況に混乱していました。

『何を話せばいいの?話なんて合うわけないじゃん。』ってドキドキで、自分からは何も話せませんでした。でも、タイガ君は全然普通で、ドンドン話しかけてくれました。

最初は緊張していたんですけど、少し馴れてくると、『子供っぽく思われないようにしよう。私だって大人になったんだ。』ってカッコ付けようと思ってしまい、必死にタイガ君の話に合わせていたような気がします。今思うとかなり恥ずかしいです。

するとタイガ君は、車の中に入ったぐらいから、露骨にエッチな話題をふってきました。私は普段なら下ネタをいきなり話す男の人は嫌いですけど、タイガ君に『ダサい』って思われたく無くて、必死でエッチトークも馴れてる感じを演出してしまいました。「お前って昔から巨乳だよな?」。

「お前オナペットにしてたんだよ。」

「OLさんだから合コンでヤリまくりだろ?」

「彼氏とどんな変態エッチしたの?」

ドンドン信じられない事を聞いてきました。でも、私は平然を装って冗談ぽくかわしていると、何だか自分が凄く遊びに馴れてる女になった気がして、少し気分が良くなってきました。

こんなの初めてです。タイガ君と話をしていると、別の自分を演じてるみたいで、ドンドン入り込んで行ってしまいました。そして人から聞いた情報だけで必死に背伸びして会話を続けていました。

そして河原に戻って、車から皆の所に歩いてる途中で、タイガ君がいきなり「俺お前の事マジで好きだったんだよな。」って言い出したんです。

私はビックリしてすっごいドキドキして、顔が真っ赤になっていました。するとタイガ君はいきなり私を抱き締めて、激しくキスをしてきました。

いつもの自分ならすぐに逃げるのに、この時は遊び人の自分を演じていたから、その自分に酔ってキスだけ答えてしまいました。でも、内心はドキドキです。

生まれて初めてぐらいの動揺と興奮が入り交じっていました。どうしたらいいか分りません。

膝がガクガク震えています。

でも、あのタイガ君と激しく舌を絡めてキスをしてしまいました。キスが終わるとタイガ君は「戻ろうぜ。」と言って歩いていきました。

私はまだ現実が受け入れられないのと、嬉しいのと、興奮で、頭の中が大混乱でした。でも何故か、全部タイガ君に合わせて会話して、タイガ君の勢いでキスされただけなのに、自分が高い壁を乗り越えてしまったような感覚になってしまいました。

私は本当はこういう悪っぽい世界があってるのかも?なんて勘違いをしていました。