とある会社のOLさんと待ち合わせした。
夜、10時過ぎていた

彼女は会社に来て欲しいと会社の近くで待ち合わせした。

待ち合わせ先に着いたその時、彼女から電話で『上がって来て。セキュリティは解除してるから』と言われて彼女の会社へ行った。

彼女の居る秘書室に向う。

彼女が部屋で書類を片付けていた。

『もう少し待っててねぇ』と言いながら、彼女を待っていた

片付けする彼女のスーツ姿をガン見してしまう。めっちゃミニスカだった

『どうしたの?今日はめっちゃええ感じやんそのスーツ似合ってるやん。』

彼女は俺に『そうかしら?ありがとう。私、今日貴方にって。こんなん好きかな…って。』

『うん、めっちゃ好きやわ。』

『こんなん好きでしょ?』

と短いミニスカをチラッとめくり俺に見せつけた

俺は彼女のミニスカートをめくり上げた。

彼女は『あん、ダメよ。』と固まり俺を見つめた

彼女の腰を掴み撫で回す

エロい彼女の背後から撫で回す

『あん、ああっ、して〜もっといっぱいして〜ああっ〜ん、気持ち良くして〜ああっ〜ん、ああっ〜ん、』

俺は彼女の股間を撫で回す

『す、凄いいやらしい〜ああっ〜ん、して〜もっといっぱいいやらしくああっ〜ああっ〜ん、好きでしょ?私の事〜私も凄い貴方が好きなのああっ〜ん、好きなの〜ああっ、ああっ〜ん!』と悶える

股を開けて股間を刺激する

めちゃめちゃエロい声で、感じまくる!

このOLめっちゃ最高!