私の中学時代の体育教師は筋肉ムキムキのいかつい男で今振り返って見ると、完全にセクハラ教師でした。

体育の授業中によく実技試験をやらされ、デキが悪いと授業後、できなかった人を集めて居残り練習をさせられました。

時と場合によって集合場所は違うのですがある時、体育館の中にある倉庫に集められました。

この時呼ばれたのは2人で私の他に女子が1人いました。

言い忘れましたが私の学校も人数が少なかったので小、中学校とも体育の授業は男女一緒でした。

高校は別々でしたけど。倉庫に入ると同時にパンツ一枚にさせられました。

「おら、きょうつけー!」と怒鳴られピンと背筋を伸ばして立っているといきなり私のアソコを強く握り締めて来ました物凄い握力でギュッと握られたので、「ウッ!」と、うなった後それでも痛みと羞恥に必死に黙って耐えていると「オマエ男だろうが!何で側転ぐらい出来ねぇんだよ、アホが!」と激しくののしられ、なおも数分間、顔を間近に近づけながら時々潰れるんじゃないかと思うぐらい強くアソコを握られました。

しかし、私は、握られた痛みよりもアソコを触られているという羞恥の方が強かった記憶があります。

私に説教が終わると今度、教師は女子の前に立ちました。

女子を見る目は私の時とは全く違っていていかにもエロ親父丸出しの表情で女子を眺めていて、その姿に何とも言えない気持ち悪さと恐怖を感じました。

私ですらそう思ったのですから女子はもっと恐怖を感じていたと思います。

教師は女子の体をニヤニヤ眺めた後、おもむろに「オメェー、ボインだなぁ」と言っておっぱいを触り始めました。

教師は、片手でおっぱいを触りながらなにやら小声でブツブツ言っていると今度は、両手でおっぱいを触り始めました。

私は、教師にばれない様にきょうつけをしながらも、横目で見てみると教師は女子のDカップぐらいはあろうおっぱいを、触るというよりもモミモミともてあそぶ様にうれしそうに揉みしだいていました。

女子の方に目をやると、目をつむって下を向いたまま、ただひたすら黙って耐えていました。

よく見ると、何度も体をピクピクと震わし時々「んっ」と小さな声を発しながら、段々顔が真っ赤になる様子が見て取れました。

教師は満足した様におっぱいを揉み終えるとマットを敷き、そこで私達は延々と側転の練習をさせられました。

教師は教える様子も無く椅子に座って、ただひたすら私達がパンツ一枚で恥かしがりながら練習している様子をうれしそうに眺めていて気がすむと満足そうにしながら「ちゃんと練習しとけよ」と言って出て行きました。