私28歳、主人は30歳、義父は58歳、義母は55歳、結婚三年ですが子供はまだ出来ません。主人はすごいマザコンで何でも母親の言いなりです。義母は一人息子を私に奪われたとの思いから、何かと意地悪を言います。けれど主人はただおろおろするだけで、私を守ってくれないのです。

 そんな時に義父は主人に対して「お前の嫁さんを庇わないで、どうするんだ、しっかりしろ」と言ってくれ、義母に対しても「もう、いい加減にしなさい、みっともないぞ」と小言を言ってくれる、優しい舅です。普段は寡黙なのですが、とても威厳があります。私はどんなに救われて来たことか判りません。いつも感謝の気持ちを持っておりました。

 その義父が先日の夕方、お勤めの帰りに私達夫婦の家に寄って、主人から頼まれていた本を持ってきてくれました。主人の帰りは遅いのです。義父にお茶を出してお話をしていたのですが、家にいたので私は随分と大胆な格好をしていたので、義父は私を見る視線のやり場に困っていたようです。

 私はいつも庇ってもらったお礼を言うと「いいんだよ、僕に出来ることはそれくらいだから」と言いながら「今日の多恵子さんは眩しいよ、こんな年寄りには刺激が強すぎる」珍しく冗談めいたことを言いました。


「ごめんなさい、お義父さん、こんな格好で、はしたないですか?」

「いいや、なかな魅力的だよ。倅は幸せ者だよ」私は恥ずかしくなってしまいました。俯いていたら、お義父さんが立ち上がって来て、私の側に来て抱き寄せました。私は抵抗しませんでした。お義父さんは唇を割って舌を入れて来、私も舌を入れて、デープキッスとなりました。

 お義父さんは私をソファに押し倒して、ショーツを脱がして、静かに入って来ました。いつも優しいお義父さんなので、違和感や抵抗する気も起こらず、私は素直に受け入れてしまい、次第にた昂ぶった気持ちになり、喘いでおりました。主人より力強い、逞しい勢いで攻めて来ます。久し振りに素敵な気持ちになりました。

 ふと、いつも意地悪なお義母さんのことを思いました。今、貴女のご主人と私がセックスしてるのよ、と言いたい気持ちでした。とても、素敵な大人のテクニックで、主人では得られない快感でした。終った後、フェラで綺麗してあげたら、照れながら「多恵子さん、とんでもないことをして、ごめんよ」

「いいえ、お義父さん好きだから、私も嬉しいです」と答えました。「また、時々来てもいいかい?」と言われ「ええ、待っております。お義父さん」と答えました。


 今、後悔してません。優しいお義父とこんな関係になって、かえって嬉しい気持ちです。これからもお義父さんに可愛がってもらうつもりです。

昨日の日曜日、主人はゴルフで出かけて一人でのんびりと過ごしていたら午後に義父が来たのです。「彼、今日はゴルフだろう、だから多恵子さんに逢いたくなって、来てしまったよ」私は吃驚する反面、嬉しくなりました。この間の義父とのことがまだ脳裏に残っていたとろでしたから。

 義父は黙って抱き寄せて、唇を割って舌を入れて来ました。私も舌を入れて積極的に絡めました。熱い抱擁です。義父は私をソファに倒して、スカートの中に顔を入れて、あの部分を撫ぜておりましたが、ショーツを脱がして舐め始めました。舌と指を使いながら激しく攻めて来ます。私は感じてしまい、喘ぎ声をあげ「お義父さん、気持ちいい」と叫んでしまいました。

「多恵さん!綺麗だよ、美味しいよ」義父も夢中で舐めて、弄ってます。私は、もう、これだけで逝きそうでした。恥ずかしい!愛液がどんどんと溢れて来てます。「ああ、お義父さん、来て下さい」はしたないと思ったのですが、私の方から、おねだりしてしまいました。「おお、多恵さん、入れて欲しいかい、今入れるよ」義父はゆっくりと少しづつ埋め込んで来ました。

 そして、それから激しくピストンの抽送です。気が遠くなりそうな快感です。私は義父に両手を廻し、両脚を絡めてしがみつきました。とても気持ちいいのです。やがて「多恵さん、逝きそうだ、どうする?」と義父が言うので「ここままで、中に出して下さい」「いいんだね多恵さん」お義父さんはいっぱい私の中に射精しました。温かくて素敵な感触でした。


 その時、私は義母の顔を思い出していました。私は意地悪されたけど、今私は貴女のご主人とセックスしましたよ。と勝ち誇った気持ちでした。終った後、フェラで綺麗にしてあげると「こんなの初めてだ」と照れており、嬉しくなりました。その後、コーヒーを飲んでから義父は「多恵さん、ありがとう、とても良かった、これで若返ったよ、また来るからね」とご機嫌で帰りました。

 私もとても楽しかったし、義父孝行が出来た気持ちで、爽快な気分でした。はっきり言って、主人より気持ちのいいセックスで、久し振りにセックスの喜びを味わいました。