社内の事務の女性と今現在遊んでます。

48歳の雪さん。

もちろん既婚です。

家計を支える為共働きだそうです。

仕事場では僕の助手をしてくれてます。

去年の忘年会のあとに関係をもち、それからは他の社員には完全に内緒で遊んでます。

同じ事務所内で仕事をするのですが、最近僕はよく意地悪をしています。

パンティーのなかにピンクローターをいれさせておきます。

ほとんど毎日です。

離れた席からリモコンでスイッチを入れてあげます。

すると最初はすこしあせりながらも冷静をつくろっているのですが、3分過ぎたあたりから、体が硬直し、足を必死で踏ん張るのです。

それでも僕は絶対に事務所から出るなと言ってるので、彼女はローターと戦うのです。

そしてかなり気持ち良くなってきたところでわざとスイッチを切るのです。

そうすると雪さんは家へ帰ってから必ず僕の携帯に電話をしてきます。

内容は「我慢できないの・・。今から会ってほしい。」というものです。

それでも僕は会ってからも意地悪をします。

チンポをしゃぶらせるだけで、オマンコには入れてやりません。

なぜならもっとスケベな女性にしようと思っているからです。

昨日も電話があったので会いに行ったら「してほしい」というのです。

しかし僕は「オマンコは駄目、お尻にだったら入れてあげるよ。」と言いました。

そしたらあれだけお尻に入れるのを嫌がっていたのに素直に「入れてほしい」と言いました。

はじめてのお尻攻撃なのでかなり力が入ってましたが、最初に充分にピンクローターで慣らしてあげたら、あとはかなり気持ち良くなってたみたいでした。

そのうちオマンコにも入れてあげるからね。