私は大学に入ってヤリマンになっちゃうきかっけがありました。

それ以前はわりと暗い方で、高2の時に初体験した人としかエッチ経験がありませんでした。

それも3回だけ。

大学生なってすぐに知り合った友達のミホに影響されて、地味だった服装も性格も変わりました。

そして一番大きなきっかけになったのが、ミホの友達の友達、ショウを紹介された事。

4月の中頃に1回複数で遊んだ時にアド交換して、翌週の金曜に2人で遊びに行った時に雰囲気に任せてホテルに入ってしまいました。

私は戸惑ったけどショウはごく当たり前のように、でも言葉巧みに私を落としました。

部屋に入り、ショウは少し後悔してる私を後ろから抱き締め、耳元で「もう我慢できない」って言って服の上からオッパイを揉んできたんです。

シャツを捲り上げてブラのホックを外し、乳首を摘んでコリコリされたら私も「あんっ」って声が漏れちゃって…。

ショウは私をベッドに仰向けに押し倒し、乳首を舌で転がすように舐めてきて、私は体中に電気が走ったみたいになり初めて乳首が弱いって気付きました。

ショウもそれに気付いたみたいで、片手で乳首を摘んでコリコリしながら片方の乳首を舐めて、噛んで、吸って…「はぅぅ、あぁん」って自分の声が抑えれなくなっちゃって、ショウは「カワイイ喘ぎ声出すんだね」って言いながら服を脱ぎました。

そしてショウは私のショートパンツを脱がして、薄いピンクのパンツをゆっくりと私を恥じらわせるように脱がしました。

約2年振りに男の人に自分のアソコを見られてる事に、私は恥ずかしくて体が熱くなり顔を隠してしまいました。

「見られて恥ずかしいの?カワイイなぁ。

じゃあ触ったらどうなるのかな」って言って、ショウは私のアソコに指先を触れました。

触れてるだけなのに私の体はまた電気が走ったみたいにビクッて反応しちゃって、ショウに「感度がスゴいんだね」って笑われました。

そしてショウの指がアソコに入って中をゆっくりと弄りはじめたんです。

私はもう声を抑える事なんてできなくて、ショウに全てを委ねるしかなくて…。

ショウの指が早く動いて少しした時に、私は最高潮に達して目の前が一瞬真っ白になり、体中から一気に力が抜けてアソコがヒクヒクなっちゃったんです。

何が起こったのかわからずに、目がうつろになってる私にショウは「イッちゃったね」って言れて、私はその時に初めてイク事を経験しました。

「今度は真由が俺を気持ち良くしてよ」って言ってショウは自分のアレを私の顔に近付けました。

私は四つん這いになってショウのアレを口に咥えて前後に動かしてみました。

でも私にはそれ以外にどうしたらイイのか全くわからず、動かしながらショウの顔をチラチラ見てたら、ショウは全然気持ち良さそうにしていませんでした。

私は何か申し訳なく感じてしまい、咥えるのをやめて泣き出してしまった。

ショウに「気持ち良くできなくてゴメンね」って泣きながら謝ると、ショウは「大丈夫だよ、やり方知らないのはそれだけ純粋だって事だよ」って私を慰めてくれ、抱き締めてくれた。

私はショウの優しさがうれしくて、好きになっていました。

彼氏と思い込んでしまうくらいに愛してしまっていました。

ショウはまた私を仰向けに寝かせ、足を開かせてアソコに顔を近付けてきました。

そして私のアソコを舐めてきてまた感じてしまう私。

「だめぇ…そんなトコ…汚いよぉ…」って言ってもショウは「汚くないよ、キレイだよ」って言って舐めたり、チュルチュルと音を立てながら吸ったり…。

私はそのまま溶けてしまいそうな感覚になり、意識が遠くなるような感じがしました。

ショウが舐めるのをやめると、ついに正常位でアレを挿入し始めました。

入れ始めは今までの経験の少なさと、前の人が小さかったのもあって少し痛かったけど、ショウが少しずつ腰を動かしていくうちに快感に変わり喘ぎ声も大きくなってしまいました。

私は手を伸ばして「ショウ…ショウ…」と呼び、ショウもそれに応えて私を抱き締めながら腰を振っていました。

そしてショウはお腹の上に射精。

私たちは朝まで抱き合って眠りました。

次の日からの1週間で、ショウとは日、月、火、木、と4日会って4日ともエッチ。

全部にショウの愛を感じて、私もショウを愛していました。

でも金曜に会いたくてメールすると「今日は彼女と会うから無理」って返事。

最初は何の事かわからなかりませんでした。

え?彼女?私は?違うの?「私って彼女じゃなかったの?」って送ったら「あ~、俺そういう重い女ムリだから、さよなら~」その事を理解した時に、涙が出てきました。

私は自分がショウの彼女だって思い込んでたから…。

それが一方的に好きになって、こんな捨てられ方。

その日は座り込んだまま眠ることもできなくて、そのまま朝まで泣き続けました。

次の日にミホに話すとまた泣いてしまっいました。

でもミホは「捨てられたんじゃなくて、真由が捨ててやったって思いなよ。私は今までそうやって考えてきたよ。どうせ男はヤルだけしか考えないんだから女だってそう思えばイイのよ」私は何故か納得しました。

そして、それが私がヤリマンになるきっかけでした。

それから私はヤリマンなギャルになってセックスだけならほとんど誰とでもセックスするようになりました。