以前働いていたサービス業で、週に2回来店されていた、とても上品な女性がいました。長身なその女性はどこかの金持ち夫人のようにも見えましたが、女優さんのようにとても綺麗な人でした。

 最初はなんとも思っていなかったのですが、おととしの夏の日にその人の胸元がチラッと見えてから、その人のことが頭から離れなくなりました。

でも私より10以上は年齢が離れていると思い、声なんか掛けれませんでした。それからしばらくして、私はその会社を辞めました。

 今年の2月に私は現在の仕事で車でお客様の所へ行った帰りに、バス停で「あっ!あの人だ」。私は久し振りにその人を見かけたのです。

「お久し振りです。覚えていますか?」と私は声をかけました。私のことを覚えていてくれて、道端で10分くらいお話をしました。

 それで私は名刺を帰りに渡し、冗談で「今度飲みに行きましょう。絶対に電話してくださいよ」と心臓ドキドキもんで言いました。

 1週間後来月の第一土曜日暇ですか?と連絡が入り、即OKしました。その人には合わないけど、居酒屋に行き、3時間くらいいろいろと話をしました。私は「もうそろそろ帰らなくっちゃ」と言うと、彼女は「せっかくだからもっと話そう」と言いました。

 私は酔った勢いもあり「恭子さんキスさせて」と言うと「店を出ましょ」というので、店を出ました。その出た瞬間にいきなり、キスしてきました。そのままホテルへ直行です。

 タクシーの中から、私のジュニアは元気いっぱいでした。シャワーを浴びた後、激しいキスをして、右手は胸をつかみました。

 「デカイ!やわらかい!」あの夏の胸元が見えたあの日から、この瞬間をどれだけ待った事か! 彼女はバスト88センチですが、ものすごく形がよく、暗くても良く分かりました。それで、私は挿入の瞬間手元のスイッチで電気をつけました。

本当にいい体をしていました。彼女は3年前に旦那を無くしてからセックスはしていなかったみたいで、その夜私たちは獣になりました。

終わった後、彼女は又あってくれる?というので、即返事でOKを出し、それから週に1度は会います(やります)。

 この前彼女の家に行った時ビックリしました。ずいぶん古い写真が出てきましたが、綺麗な女性の写真です。誰かに似ているなと思ったら、その彼女は元モデルでした。

 さらに興奮が増し、いろんなプレーでセックスをしています。月に一度の温泉旅行では、変態プレーばかりで、もう若い女性では立ちません。

 憧れの恭子さんも現在46歳ですが、見た目は40歳くらいです。素敵な人です。今では恭子さんのおマンコ無では生きていけません。

 しかし、先週恭子さんは、引っ越しました。県外です。娘さんと一緒に暮らし始めたのです。恭子さん。おマンコした〜い