俺の実家のベランダから見えるアパートがある。

立地上そのアパートの二階の端の部屋からは俺の家のベランダと隣りの家の窓しか見えない構造になっている。

で、隣りの家は今空家になっていてそのアパートからは俺の家のベランダしか覗かれるという点において警戒するところはないという感じになっている。

俺が実家に住んでる時は長いあいだ男が住んでいて注目してはいなかったが、この前帰省し丁度ベランダの真下にある風呂に入って小窓を開けるとそのアパートには女が引越ししてきていたみたいでベランダで洗濯物を干している姿が目に入った。

その時はあまり気にしなかったんだけど次の日昼に風呂に入って窓を開けたらまた女が洗濯物を干していた。

昨日はズボンだったけど今日はバーバリーっぽいフレアのスカートで干してるもんだから下から隣りの二階のベランダを見ている俺の目にはチラチラと白い下着が目に入って絶好のパンチラスポットになった。

もちろん見つからないように一発抜いたけどね。で、その日パチンコにでも行こうと俺は駅に向かった。

すると駅で「O君?」と俺に声を掛けてくる。見たら中学の時の同級生のI子だった。

「めっちゃさしぶりやん!わたしな、結婚してこのへんに引っ越してたんよぉ」と10年ぶりに喋るI子の格好はさっきベランダで洗濯しているのと同じ。

気付かなかったが、俺がパンチラを見たのはI子のだったのだ。

I子は中学時代あまり女として接してなかったが10年経てば結構いい女になっていた。

お互い暇だったみたなので喫茶店で話した。最近の話に、思い出話。

で、その日家に帰ると速攻俺の家のベランダのドアを開け、I子の部屋を覗く。

見られないという安心感からか、部屋の中がほぼ見える窓のカーテンは開けっ放し。

俺は家族に見つからないように覗き続けた。

1時間くらい経って俺に覗かれてるとも知らずにI子がバスタオル姿で登場!男っぽい性格からかそのままバスタオルを取って全裸に!そしてゆっくりと着替えていく。

俺はさっきまで話していたI子の小ぶりの胸や薄いあそこを目に焼き付けた。

性格のわりに黒いセクシーな下着姿に萌えに萌えまくった。

・・男が帰ってきたみたいだ。

新婚からだろうがI子は下着姿でダンナに飛びついている。始まった・・・。

I子は結構Sっぽいのか自分がらしゃがんでダンナのズボンのチャックを開けようとしている。

ダンナは軽く抵抗しているが・・。

無理に開け、取り出し、まだ小さいダンナの息子はIこの口で大きくなった。

向こうで俺が見ているとも知らず。

俺も女とは数多くやったがI子みたいにエロい女は知らない。

そのままなだれるようにして隣りの部屋に行ってしまった。残念だ。

さすがに隣の部屋は構造上、俺の部屋からは見えない。

もちろん隣の空き家が邪魔しているから俺の実家からはどうしても見る事が出来ない。

隣の空き家のベランダに忍び込み、そこからI子とダンナの営みを盗み見るのがベストだったが、まだ夕暮れだしそこまでする勇気はなかった。

それでも俺のチンポはビンビンで昼に抜いたのに、今度は想像だけで抜いてしまった。

想像と言っても昼間にI子の顔を真直に見ている上に会話もしている。

目を閉じればI子のコロンの香も思い出される。

想像しながら射精した後、ティッシュで処理してるとI子は裸エプロンで俺の前に現れた。

まるで俺を挑発しているかの如くにI子は食事を作っている。

ダンナはそのまま風呂に入ったのだろう、暫くして腰タオルで出てきてこっちに向かってテレビを見ている。

俺はチラチラと見えるI子の裸エプロン姿を凝視しながら再度のオナニーを開始した。

窓枠に顎を乗せて右手は猛スピードでチンポを扱いているが、ダンナのテレビを見ている呆けた顔が視界の大半を占領していてオナニーに集中出来ない。

「旦那が邪魔だな…」俺はI子に集中して狙いをつけた。

…それでも…無理…今日だけで何回オナニーしてるんだ?俺は自分が虚しくなった。

パン!キレイにダンナの眉間を撃ち抜いた俺はベランダを飛び越してI子の部屋に飛び込んだ。

「アミーゴ!」俺はあわてふためくI子を尻目に明るく声をかけた。

「ド…ドミーゴ」I子も挨拶してくる。

俺はチンポをフリフリしながらI子に近付いていった…