四十代の夫婦です。休日は妻と秘湯めぐりを楽しんでいます。秘湯はほとんどが山の中で地元の人もあまり行かない場所にあるんです。そんな場所で意外なハプニングもあるんです。

 妻と二人のんびり屋外の温泉に浸かってると、若い女性三人が山頂で雨に振られビッショリで私達の温泉に入って来たんです。オッパイもヘアーも丸出しで、中には割れ目も少し覗いていました。

 私達は遠慮して出ようとすると おじさんラッキーでしたね私達の裸が見れてと言うのです。あまりの横柄な言葉使いに、君達の裸見てもどうって事ないよと言ってやりました。

 すると、おじさん私達に興奮しないのと言うので、あ~色気も何もない君達じゃ興奮するどころか不愉快だと言ってやりました。

 女の子たちは、大学のワンダーフォーゲルとか何とか言ってましたが、お行儀がよくないようでした。よ~し、おじさん見てと一人の子が浴槽を出て、後ろ向きでお尻を突き出すんです、足を開きマンコを私に見せるんです、これでおじさん大きくしたら負けよ言うんです。すると他の二人も立ち上がり同じポーズをするんです。

 妻がもう止めなさいと制止するも、こうなったら、おじさんの大きくすると言って止めないんです。三人は指でマンコを開き中まで見せるんです。すると段々と起って来たんです。

 まずい子の子達に笑われると思ったんですが、腰をくねらせる若い子のマンコを見て、完全勃起してしまったんです。どう、おじさんと聞くので、全然興奮しないよと言うと、それじゃ見せてと言うのです。

 私が、なんで見せなきゃいけないんだと言うと。ほ~ら、やっぱり大きくしてるんでしょと言うのです。してないよと言うと、一人が中に入り、私の愚息をギュッと握って来たんです。

 キャ~起ってると大声で言うんです。仕方なく、あ~起ってるよと言って、浴槽から立ち上がり勃起チンポを彼女達に見せたんです。

 すると 大きい~太い~と口々に言うんです、自慢じゃないですが持ち物には自信があるんです。私のデカチンを見た彼女達は、おじさんさわらせてと言うんです。妻の目の前でです。

 代わる代わる感触を確かめるんです。私が今度は君達のマンコいじらせなさいと言うと、好きにして下さいと言うのです。おサネをころころさせてやると、あ~んと甘い声を出すんです。

 興奮した一人が、おじさん入れて下さいと言って四つん這いになりオマンコを突き出しました。入れてやると、もっともっと奥までと泣き叫びながら果てて逝きました。

 あとの二人も同じようにしてやると、妻が、ね~あたしも欲しくなったと言うのです。なんだお前もか 仕方ないケツ出せと言ってバックからねじ込んでやりました。

 三人の子達は おじさん気持ちよかったよ言って下山して行きました。