あれは、高校三年生とき。

先輩にドライブに誘われて。

だんだん山道に入っていき、だれもこないような、林の中に連れて行かれました。

最初は、キャアキャアはしゃいでいたけれど、だんだん不安になってきました。

その反面、憧れの先輩だったので、その先の事を考えると、うれしいような気持ちになりました。

先輩はあたりに車がないのを確認すると、いきなり私のシートを倒しました。

そして、私にいきなり被いかぶさると「いいだろう・・・」とキスをしました。

私はそのキスで身体の力が抜けてしまいもうあとは、先輩のなすがままでした。

下着のなかに指を入れられて、私のアソコをいじりはじめました。

と同時に胸をもみしだきだしたのです。

いきなりの二段攻撃にビックリしておもわず「ああぁあ」と、吐息を吐いてしまいました。

「感じやすいんだね」と指を奥にぐいっと入れてきました。

そして、膣をぐちゃぐちゃと掻き混ぜだしました。

そして、ゆっくりと、下着をずりおろして、私のアソコを眺めて、ピンク色で綺麗だね、とささやいて、ぐいっと、マタを開くと、ぺちゃぺちゃとなめはじめたのです。

それだけで身体がふわふわと浮いているようなきぶんになってまるで雲の上にいるようです。

「ああ・・なんて君って淫乱なんだろうこんなに汁があふれてくるよ、もう男とやった事がある?」

なんて聞いてくるので、先輩がはじめてなんですと、息も絶え絶えにいうと、

「ふうん、はじめてとはおもえないね」と言いながら、また、舐めるんです。

しばらく、車のなかに、犬が水を飲むような音がなりひびきました。

「もういいだろう」とつぶやくと、大きな柄杓をズボンから取り出して、私のアソコにあてがうと、ぐいっとつっこんできました。

「ああ・・・・濡れているからすんなりと入ったよ、やっぱり処女なんだすごく、きつい・・きつくてきもちいいよ」 とうめきながら身体をうごかしています。

わたしは、最初うんと痛いのかなとおもったのだけれど・・・・痛くなかったです。

これって淫乱なのかしら・・・しばらく先輩は身体をゆっくりと私を味わうように動かしていたのだけれども、急に動きが速くなりだして、

「もうだめだっ、出る出るでるでるぞううううううううっ・・!!!!!!!!」 と、叫ぶなりおちんちんを取り出して、私の口の中に突っ込んだのです。

カチンカチンのおちんちんからドクドクとぶちこまれ、むせてしまいました。

無事、私の処女は先輩のものになりました。