美枝と一緒に都内の同伴喫茶に行きました。

美枝は親戚の娘で中学の教師。夫は県の職員。

美枝は都内で研修のある都度私を呼び出して酒を飲みます。

この日も少し飲んでから、美枝のために薄いサングラスを買い喫茶店に入りました。

最初は暗かったがすぐになれて店内もよく見えるようになりました。

ボックスに座り美枝の肩を抱きながら「ああ、美枝を抱きたかった」と言いますと、もう美枝は体を震わせて唇を寄せてきます。

口を合わせるとヌメッと美枝の熱く濡れた舌が差し込まれてきます。

美枝の舌を吸いながら見回すと、もう斜め前の男女が、こちらの気配を窺って凝視しているのです。

私はわざと見えるように美枝のスカートをたくし上げて行きながら、パンストに包まれて膨らんだ股間を撫でさすります。

美枝の手も私のズボンの上から勃起したマラを力強く愛撫するのです。

斜め向かいの40代のサラリーマン氏と20代の若い女は興味津々こちらに身を乗り出して観察しています。

私はズボンのベルトを外し、ずり下げてもう限度いっぱいに勃起したマラを見えるように取り出しました。

美枝が愛おしそうに反り返った太いマラをしごいてから口に含みました。

斜めの男女が溜め息をつきながらそれを見ていましたが、つと男性が立ち上がってきて「ご主人、よろしければ私たちと交換しませんか」と言うのです。

見ると向こうの女性は若いだけじゃなくて私好みの知的な女性で美しい。

私はうなづいて美枝に「美枝、向こうの男性が美枝が欲しいんだって」と言うと激しく首を振るので、「イイじゃないか、俺は美枝があの男のモノしゃぶってるの見たいんだよ」。

ほら行っておいでと美枝の腰を強く押すと美枝は仕方なく立ち上がり、そして向こうの女性も立ち上がってこちらに来た。

テニスをやってる美枝のように色黒ではなくて、若い肌の色白の美人だった。

私はすぐに女性の肩を抱き腰に手を回して引き寄せた。

綺麗な素足とサンダルで美しい脚だった。

素肌の膝をさすってから両足の間に手を差し込むと素直に脚を開いた。

冷たい感触のすべすべした腿がやがて熱い肌に変った頃、指先に陰毛があった。

すでに下着はつけていず、私の指が到達したところはもう熱い粘液が満たされ、女が身震いして背を反らした。

「気持ちいいの?」女は固く食いしばった唇でうなずいた。

「どこが身持ちイイの?」何度か私の問いかけに女は「あたしに言わせたいのね?」と言った。

「言って欲しい、どこが気持ちいいの?」女が「あたしのオマンコ」とそう言い、私のマラは充血していった。

女が「あたしに頂戴」そう言って反り返ったマラをつかんだ。

斜めを見ると、美枝が、立ち上がった40男のチンポをくわえて首を振っていた。

誰が見ても、美枝の頭をつかんで引き寄せている男でさえ、美枝が中学の教師とは思うまい。

突然40男が美枝の頭をのけて自分のマラをハンカチで包んだ。

射精である。

男は大きな尻をこちらに見せながら腰を脈動させ、何度も射精していた。

私は残念ながら、私のマラを舐め回している女に「もう終わったみたいだよ」と告げて、女を引き離し、美枝をこちらにむかい入れた。

私は美枝に「凄い大きなチンポだったね。

美枝、上手だって言われたろ?」と言うと、美枝は私の胸を両手で叩いた。

背中をポンとたたかれて振り向くと斜めの男女が帰るところだった。

恐らくこれからラヴホテルだろう。

私と美枝もやがて席を立ってホテルに急いだ。

美枝がクンニしただけでいってしまい、その後も乱れに乱れて何度も絶叫したのは言うまでもない。