先週金曜日に飲み会。男三人女三人計六人。

ちょっと背は低いけど巨乳のマリ。

中背で華奢な貧乳サオリ。

中肉中背顔のホリが深く化粧が濃いケバ顔マサコ。

居酒屋の個室、一番奥に座る俺。俺の右に巨乳マリ、前にケバいマサコ。

前のマサコを見ながら「この顔は、連れ好みだな俺はマリがいいな」と思いながら2時間盛り上がった。

マリは、日本酒好きで最初のビールを飲んだ後ずっと日本酒を飲んでた。

サオリは、梅酒好きマサコは何でもOK色々飲んでた。

マサコが店員に「カルピス頂戴カルピス」の声がエロく聞こえ連れの顔がにやけているのが笑えた。

連れは、今日マサコ狙いなんだろうなぁ。よく見るとマサコの唇って淫乱ぽいなと思いながら、俺は隣のマリの胸の谷間を見てピンコ立ちしてた。

連れも俺が巨乳好きなのは知っている。背が低くく巨乳、ちょうどテーブルの上に胸が載るぐらいの位置で、テーブルに載せて休んでいるのかと思うぐらいデカイ。

胸の前にあるトックリが、チムポをパイズリしてるみたいでエロい唯一サオリは華奢で貧乳化粧も薄い・・・エロくないまぁ一見真面目そうなのは、もう一人の連れの好みだから任せて前のマサコのエロい唇と横のマリの巨乳で爆発寸前の息子ピンコ立ちの状態で二次会へ。

すでに色々飲んでたマサコは、だいぶ酔っているのかテンション高め。

連れがマサコをリードしながらカラオケへ。いつの間にか男女カップル状態になって座ってた。

カラオケ屋にあまりいい日本酒が無かったのかマリはカクテルとワインを飲み始めた。

内心やばいんじゃないかなぁと思ってたら、案の定マサコより早く泥酔。

テンションも高く、踊りながら歌ってたのが効いたのかグッタリ。

気分悪そうにしてたので、「先に送る」と言ってカラオケ屋を後にした。

連れを残しカラオケ屋を後にして、マリの腕を抱えタクシー乗り場へ。

マリの家を聞いても「大丈夫、大丈夫」としか言わず解らないので、とりあえず自分のマンションへ連れて帰るかと運ちゃんに行き先を言うと「彼女大丈夫?危なかったら停めるから言ってね」

優しさからか、汚されたくないからか解らなかったが・・・多分今思えば後者なんだろうな。

横でウトウトしているマリの胸の谷間が・・・20分ほどで無事?に着いた。

車の振動が心地よかったのか完全に爆睡のマリ金を払いマリを背負い入り口へ背中に巨乳を感じる、柔らかい弾力部屋番号を押しエレベーターへ背中に巨乳を感じながら、ソファに下ろす。

爆睡している爆乳女とりあえず着替えをして、爆睡女を見ながら一服据え膳食わぬは男の恥やると決めたらさっさとやる。

タバコを消し、女の横に行くと聞こえる寝息ジーパンのボタンを外しジッパーを下ろすとレースに紫色の花が付いた白ベースの下着ジーパンを脱がしても目を覚まさない。

ブラウスのボタンを一つずつ外し、ゆっくりと手を抜いて脱がせると。

巨乳を包み込んでいる白いブラが目の前に下着とお揃いのブラ、所々に紫色の花が付いてる。

ブラから零れんばかりの巨乳、体全体が赤みを帯びて、酔いが体全体に廻っているようだった。

ブラウスを脱がせ終わると、身を捩るマリ起きたのかと思ったが、寝返りを打っただけでまた寝息が聞こえ出した。

寝返りを打って俺の目の前にはブラのホックが・・・外せってことなのねと解釈引っ張りホックを外すと、今まで釣り上げられていた胸が一気に重力に従いだらりと腕に重ね餅のように鎮座。

乳首は小さいのに、ちょっと乳輪でかめ抑えきれない欲求に後ろから鷲掴みすごく柔らかい胸おぉすっげ〜柔らかいしでかい。

気持ちよくてモミモミ悶え声を上げるマリヤバイと思い手を止める。

さっさと下着も脱がそうと下着に手をかけズリ下ろすと、張りの良いプリケツが太股の間に手を滑り込ませると指に茂みと若干濡れたマムコが当たった。

濡れてる、胸触られて感じたのかエッチな夢でも見てるのか。

爆乳と爆睡を掛けただけなんだけど・・・巨乳です。

爆乳とかけまして賢い女と解きます、その心はどちらも男を立てるでしょう。

円楽師匠を偲んでゆっくり体の仰向けにすると巨乳が揺れる。

股間には密集した陰毛手にあまる巨乳を揉みながら股間へ手を滑らせマムコを弄ると徐々にマン汁が溢れ出て指にベットリと絡みついてきた。

徐々に声を上げ感じ始めたマリ目を覚ましたのかまだ寝ぼけているのか。

「ダメ、止めて、感じちゃう」といった途端また寝始めたのかグッタリ寝言のように、「うぅ〜ん、ダメzzz」

これだけ酔ってると、きっと挿入しても覚えてないなと思い両足を抱えゆっくり挿入、濡れたマムコの襞がが硬直したチムポに絡みつくマリの膣中は暖かくチムポに膣壁のザラザラ感ともイボイボ感とも解らない感覚を感じながら、ピストン運動感じてきたのか徐々に締め付け始めるマムコ寝ぼけているのか、抱きついてきた。

マリ「あぁダメ、いぃ感じちゃうあぁダメ」マリの声に一気に陰毛に発射ザー汁が絡みついた陰毛ティシュで綺麗に拭き取り服を元通りに着せ何事もなかったように、毛布を掛けてそのままソファに寝かせ朝を迎えた。

目を覚ましてきたマリは、事態が飲み込めないのか焦ってばかり、昨日の経緯を話して何事もなかったことだけ伝え一緒に朝食を食べた。

その後来るまでマリのマンションまで送って別れ際マリが「今度は酔ってない時にね。」どういう意味?う〜ん意味深。

気づいているのか、いないのか。