先日の話。ナンパした女が凄い噴く女だった。

今まで結構な人数としてきたがあれほど噴くのは初めてだった。

ホテルに入ってシャワーを浴びてコトにおよぶ。

攻めてグチャグチャに感じさせるのが好きな私は胸から攻めはじめ、オマンコに人差し指を突っ込み、クリを舌で攻めつづけるとクリの裏側がプックリと盛り上がってきた。

これはひょっとして?と思って指を2本にして盛り上がった部分を掻き出すようにすると、女は急に声のトーンが上がり「あっダメっイクッあああああああああっ」とさけんで大量の飛沫を噴き上げてイッたようだ。

当然そこで辞めるはずもなく、さらに擦りあげると「もうだめやめてもうイッてるからっ」と叫びながらまた大量に潮を噴いた。

そこで指を抜いてグッタリしている女にチンポを差し込んだ。

女の中はグネグネ動くまさに名器。

チンポで掻き回すとクリの裏の膨らみがカリにひっかかって気持ちが良い。

チンポを引き抜くたびに女は潮を噴くのでベッドはベトベトになった。

10分も動かすと射精感が高まってきて、私は奥まで突き上げると、「そろそろイクぞ」と伝える。

女は急に慌てはじめ「あっ、待って、ゴムは?」と言って離れようとするがもうおそい。

チンポを子宮口に密着させると一気に大量の精子を放出した。

「あっ中はダメっちょっとだめぇ」そう言うものの身体を離そうとはしない。

射精が終わるとチンポをゆっくりと抜いた。

大量の戻り汁が溢れてきている。

私はまた指を突っ込み勢いよく動かして潮を吹かせて楽しんだ。

すべてが終わったあと女は少しふくれっつらしながら「中はダメっていったのに。でもすごく良かったから許してあげる」と言ってきた。

本当にダメなら無理矢理抜けることも出来たのに、わざわざこんな事を言うなんて本当は出してほしかったんだろう。

しかしここまで噴く女は妄想の産物と思っていたが、本当にいるものなんだな。