高校生の時の話です。ポケベルが流行っていた時代でした

ある日の夜中に「ハジメマシテ」「XXXーXXXXーXXXX」とポケベルの番号らしきものが入ってきました

次の日に早速ベルしてみるとすぐに返事が「コウイチノオンナデス☆」「ベルトモニナッテクダサイ☆」と

俺は友達か、その知り合いが騙しているかもしれないと思ったけれど差し障りなく返事をした

1ヶ月くらいしたころに「キョウアッテミマセンカ?」と夜19時

今までのベルのやり取りで県で一番頭が良い学校に行っている事。3個隣の駅に住んでいることは聞いていた。社長令嬢

騙されてるかもしれないけれど会ってみることにした

彼女の駅に行ってみると何度かベルのやり取りをして無事に会えました。彼女の名前は亜由美

年は一個下で常盤貴子に似ている子でした

亜由美「地元の子に見られるの嫌だから行こう」と言われ亜由美についていく

ファミレスで三時間くらい話すと、かなり気に入って貰えた様子

そのあとは家に案内されお邪魔することに。親は旅行であさってまで帰ってこないとの事

家にあげてもらって中学の卒業アルバムなどを見せて貰いながら他愛ない話をたくさんした

24時近くになると帰るのは諦めてイチャつき始めた。キスをして胸を触りパンティの上からマンコを撫で回す

亜由美「あんまり経験無いから優しくして」俺は我慢できなくなって脱がし始める

乳首を丹念に舐め回したりする

亜由美「舐められてる」

恥ずかしそうに呟く亜由美は凄く可愛かった

そのあとは朝までHしまくった

次の日も泊まって良いとの事で色々しまくった

親からの電話が来たときもハメタままで電話させたりもした

亜由美「ぅん。大丈夫。テレビ見たりしてちゃんと良い子で待ってるから。」

たまに受話器を押さえたまま離して喘ぐ

挙げ句の果てには亜由美の親の部屋に行き父親が隠し持っていたエロビデオとかをかけながらHしまくった

凄くHな子でローターやバイブも持っていたので色々試させてもらった

亜由美を勉強机に座らせてバイブを突っ込んだりもした

亜由美「ぁあ!!勉強する机でイッちゃう!!」

など言いながらイッたりしていました

机が愛液でベトベトになるまで苛めたりもした

夜中にはベランダでバックでハメました

社長令嬢なのでかなり大きいマンションなので大丈夫だろうと思って

亜由美の家だけでも部屋が8個くらいあったし隣のベランダと続いているわけでは無かったし

もう喘ぎまくって大変でした

Hしないときはバイブかローターを外さないように命令してちゃんと良い子に守ってくれていました

またこんな子に会ってみたいものです