先輩Fさん、都内信用金庫事務。43才彼女いない歴=21年。趣味風俗。

4月のある日Fさんから電話が入る。

F「よー、俺お前の支店に異動することになったからな」

俺「そうすっかなんかうれしーな(棒)」

F「だからよ、変態バー行こうぜ」

相変わらずJapaneseが苦手なFさん。

F「今日よ仕事終わったらラブメールすっからよ、じゃあな」

18時にメールが来た 「新宿20時集合」

文章も苦手なFさん。

俺「集合場所書いてない 5W1Hで伝えるのが原則だと思います、やり直し」

ちなみに俺はこの春めでたく営業課長代理。Fさん主任。

要するに命令できる立場www。

その後数回の添削の末 新宿区役所前のバス停に21時集合となった 社章は外してくるように言われた。

バス停の前に待っていると…黒いワンボックスが止まった パワーウインドが下がりFさんが顔を出し F「早くのれよ、後ろつかえるから」となかば強引に車に乗せられた。

F「今日は凄いぞ所謂インターネットだなwww」

多分インターナショナルとインターネットを掛けたのだろう。

F「…で世界の変態が集まるとこに行く、所謂変態のダーマ神殿だな」

お前が本当に転職して欲しいwww。何て言っているうちに雑居ビルの前に車は止まる。

F「今日はガクガクになるまで抜けるからなwww」

見るからに怪しい扉の前に立ち腰を振りながら無邪気に笑うFさん インターホンを押し F「ブラックフランクです」とHNを伝えるとチンピラみたいのが出てきてメモを受けとるF F「上の◯号室だ行こうぜ」

とムーンウォークで廊下を歩く 何となくはしゃぎっぷりがダメな感じだ。

◯号室に着くとすでに嗅ぎなれない臭いがする。

控え室らしき所に通され バスタオルを腰に巻いて待つわれら変態探偵団 壁を見ると 新人情報 「サバンナのゆきりん、ロシアの優子、本日初出勤!!」

Fさんに新人情報のイミフを糺していると アフロヘアーの何者かに拐われるFさん 多分サバンナのゆきりんだwww

俺は優子と名札の付いた白人に いきなりビンタされて!?って顔しているとキスをされた スゲー涎のキス 俺は焦りまくり「スパシーバ、スパシーバ」と言ってみたが全然通じてない 俺「ミグ、ヤコブレフ、ボルシチ、…」

知っているロシア語を言ってみたが 優子「ЕИХ…ЁШБЗ…」

全くわからないwww。

優子はいきなり愚息をくわえてきたwww 外人のフェラはイヤらしいなwww唾液と鼻息とすごいんだよ あっという間にいきそうになる俺 哀しいかな「イく」とロシア語で言えない俺。

俺「アーアー、ゴー、マイサンゴー」

果てた。

優子はしりを向けてきた 優子「オニイサン、ナターシャのまん◯、いれる」

優子=ナターシャwww。

ナターシャのまん◯は綺麗だったが… チーズがひっくり返った臭いがする、絶望的な満臭だった。

俺「マイサン、ノースタンダッ…」

Fさんに貰った漢方のお陰でマイサンはギンギンだった。

優子(ナターシャ)はマイサンにゴムをつけ勝手に騎乗位を仕掛けてきた。

外人のまん◯って緩いと思うだろ、あいつら締めたりするんだよwww あっという間に逝った 三回逝かされたwww。

確かに腰がガクガクになった 優子(ナターシャ)とベッドでチチクリあっていると隣の部屋から「おー、スゲー」「ハンパネー」と声が聞こえてきた よく考えると変態バーなはずだ ナターシャと隣の部屋に行くとFさんがサバンナのゆきりんにビンタされていた。

そばにいた他の客に聞くと、サバンナのゆきりんはドS Fさんを痛く気に入ったらしくこれからサバンナ調教をすると言うことらしい。

すでにFさんの口許にはキュートな猿轡が咬まされていた。

優子(ナターシャ)が拙い日本語で「アナルフィスト」と伝えてくれたwww。

Fさんは地主だwww止めないと大変な事になるが 優子(ナターシャ)がまたフェラをしてくれたのでやめたwww。

Fさんはすてねこみたいな瞳でこちらを見ているが 優子(ナターシャ)のフェラのせいで動けない俺。

優子(ナターシャ)三回目の合体中に変な歌が聞こえてきた どうやらサバンナ調教の開始だ。

Fさんの背後に浣腸を構えたゆきりん(アフロ) Fさんもやっと事の真相がつかめたらしく暴れ始める すると何かの拍子か手錠が外れ自由の身になった猿轡さん。

ゆきりんから逃げようとするFさんは床にあったタンバリン (サバンナ調教の小道具)で転んだと同時に俺射精www。

Fさんはパニクリ一番やってはいけないことをしてしまった ゆきりんを押し倒し挿入しようとしたwww ゆきりんwww。

キレたFさんはお構いなしに腰を振る まぁレイプですな。

ゆきりんの悲鳴は段段あえぎごえになってきた Fさん「サバンナ、サバンナ、サバンナのピストンはどうなんだ?」

ゆきりんは熱いキスで答えた 2人の夏物語は10分で終わった Fさんが昇天したあと拍手喝采であった。

終電も近いので店を後にしようとした時に サバンナのゆきりんがFさんに抱きついていた。いい眺めだった。

4月中旬Fさんが移動してきた 異動2日後営業から帰ると支店内がざわついていた ざわざわざわ…www。

昼間に黒人女性が口座を作りたいと支店にやって来たらしい。

どうやらFさんを好きになったらしく Fさんを探しまくりやっと見つけたらしい。それから毎日窓口に来ている。

ゆきりんのハートは大和撫子だった 毎日窓口来てATMコーナに向かう日々外人独特の積極さはないス 支店内でもアフロの黒人女性が毎日ATMに来ると話題になり始めていた。

ゆきりんは職員通用門付近でも徘徊を始めた 防犯上問題外あるので副支店長が朝礼で全員に通達をした (Fさんはゆきりんが来ていることは知らなかった) 副「えー最近通用門付近で徘徊をしている黒人女性がいます…」

Fさんを見ると真っ青な顔をしている。

朝礼終了後Fさんと話した 俺「顔色良くないですよ」

F「あぁ…、ゆきりんがきているんだよな とうとう来たんだな、なんでばれたんだ…」

俺「なんでですかねwww」

すんまんあのあと二回ほど1人で優子(ナターシャ)と遊んできた そんときにゆきりんにばらしたwwwwww。

Fさんは女子職員を送るふりしてゆきりんから逃げていた。

ゆきりんはFさんの車を特定し張り紙を貼ったらしい F「代理ちょっと来て」と呼ばれ喫煙所に行くと フロントガラスにはられていた張り紙を渡された 張り紙には「受精」と書いてあったwww。

俺「冗談にしてはわらえませんね」

F 「だろ!!誰か知恵つけているんだよ」

俺「ゆきりんに知恵つけた先に何か いいことあるんですか?単純にFさんの事すきなんですよ」

F「ラブレターが受精じゃぁな」

俺「サバンナ風なんですよ」

F「とにかく守ってくれ」

翌日Fさんの車には 男=つばさ 女=モニカ と書かれた張り紙があった F「冗談じゃねーよ、俺は変態を家庭に持ち込みたくないんだよ だから恋する相手は清純派と決めてんだよ」

俺「じゃあゆきりんがサバンナ調教(アナルフィスト)をしなきゃいいんですね」

F「おっ、おお〜」

俺はFに気持ちを紙に書いてフロントガラスに貼っておくことを提案した Fさんは素直に「アナルは嫌いです、アナル無ければ会ってもいいです」

と書きフロントガラスに貼ったらしい。

翌日の夜Fさんが営業室に来て 「代理ちょっといいっすか」

と喫煙所に呼び出された Fさん「返事来たぞwww」

俺「マジッスか!!でなんと…」

Fさん「おー読むぞ、【アナルショップオンリー、アイラブユハディック、ハート】ディックってなんだ」

俺「多分大和魂って意味じゃないっすかwww」

F「ふざけんなよディックって言うのは腰の振り方の1つだろ」

やっぱりわかってないなwww バブル入社めwww。

F「要するにアナルはしないって事だなwww返事どうする」

俺「そっすねー知性を出すと嫌らしくなるから、ストレートに」

F「よし、わかった【アンダースタンド、バイザウェイ、ネクストプレー、アウトドア、オッケ?】」

この人の親は育てかたを間違ったと思うwww。

翌日の夜メールで喫煙所に呼び出し。

F「返事来たんだけど…」

俺「なんてwww」

F「剥がされていて読めなかったんだよ」

俺「ふーん、ゆきりんが恥ずかしがって剥がしたんじゃないんですかwww」

翌日修羅場が待っていた。

朝礼で事は起こった 支店長「前に話した女性の件だが、Fの車に嫌がらせをしている ◯◯さん(大口預金者)がFの車に悪戯をしているのを発見した 内容が内容だけにここでは読めないが 今日被害届を出そうと思う、その事でF後で支店長室まで来るように」

Fさんは貧血を起こしそうな顔色だったwww。

神妙な面持ちと見られたらしく Fさんは疑われることはなかったが貼り紙の内容は 【アイライクベッド、プリーズ、プリーズ、プリーズ】。

ゆきりんは変態ではないようだwww。

支店長はガラス張りだ 俺に類が及ばないように俺は割って入った。

俺「信用問題もありますから ここは先輩思いの自分に任せてもらえませんか?」

大袈裟にしないことで支店長からおkが出る。

作戦はFさんの車にFさんが潜伏し 俺と新人でゆきりんが来たとこ所を捕まえる戦法だ 至ってシンプルかつ説得力の無い作戦。

支店長筆頭に「相手は車付近では警戒するから無理ではないか」と言う。

作戦の本当の目標はゆきりんとFさんが 話し合えればいいだけで寧ろ見つかって欲しいのである。

18時ゆきりんが通用門付近でウロウロしているのを新人が発見www ゆきりん怪しいぞwww。

そのすきに駐車場にATM横の隠し扉から向かう。

18時35分ゆきりん、ため息をついて 駐車場方面にむかうとスネーク(新人)より連絡あり。

F「でもよ、支店長になんて報告するんだ、俺出世諦めてないんだよな」

同期の平均役職が係長〜課長代理だからあせるよな でも出世無理だけどwww。

俺「Fさんの車に傷を付けてしまったから 謝りたいけどって方法でどないですか?」

F「そっか!!お前あたまいいな」

あなだらけの言い訳だけどwww。

俺とスネーク2(新人2)は駐車場からワンブロック離れた所に車を停め待機した スネーク1から「◯◯です、アフロ今駐車場に入りました」とメールがきた。

俺「◯◯じゃねー【こちらスネーク…】って始めるんだ」とメール。

Fさんにもメールをした。

5分…10分 連絡が無い まさかアフロに恋人がいて、そいつにボコられたか!!。

俺は大下ゆうじ風な走りを意識しながら駐車場へ向かった。

ゆきりんの姿はそこに無かった。

Fさんの車に向かうと ゆきりんに犯されていた 俺「おっ、何やってんすか!!馘になりますよ」

F「いや、…この…婦人が…いきなりキスを…」

ゆきりんは猛烈なキスをしていた。

俺「ストップ!!ヒィーウイルレイオフ!!ストップ!!」

Fさんからゆきりんを剥がすと。

ゆ「オッケ、コマルヨネ、ワカッタ、コレカラチュウトロタベニイキタイヨ」

ゆきりん意味がわからないwww。

俺はとにかく支店長に報告するようにFさんに促した スネーク1は「だめなFさんですね」

とぬかしたので 【Fさんを抜いてから言え!!】と一喝 多分3年で役職が並ぶと思うwww。

支店に向かうFさん 俺「先輩、完全に争った形跡があります!!身支度整えて!!」

ゆきりんは駅前のMACで待ってもらった ゆ「アナタノツゴウ、ワタシオカネモラウ、アタリマエ」

ゆきりんのゼニゲバぶりに驚きながら五百円玉を渡すと ゆきりん「カミヲヨコシナサイ」マジゼニゲバwww。

支店長はいぶかしがりながらも納得してくれた お詫びに缶詰めを渡されたとFさんは、桃缶を支店長席に置いて言っていた。

早々に仕事を切り上げてゆきりんの待つMACに向かう ゆきりんはコーヒーだけ飲んでいた コーヒーだけ飲んでいた。

大事なんで二回言いました 差額900円カエセヨwww。

ゆきりんのせこさに呆れようとしていたら Fさんにいきなりキスwwwまわりドン引き。

ゆきりんは腰を前後にスゥイングしながらキスをしていた Fさん直立不動 さながらサバンナ風だ。

まぁここは日本だしっうことで納めると ゆ「チュウトロ」謎がとけた。

キス=チュウ 蕩けるようなキス!! コナンもビックリだwww。

俺「チュウトロもいいけど飯食べてはなそうよ」

F「そっ、そうだよな、人目あるし」

Fさんは保身に走ったようだ。

俺「ユキリン、ディナー、ウィズアス」

ゆ「オッケ、スシイキタイデス」

F「しゃーねから回転寿司でも行くか!?」

俺「そっすね!!ユキリン、スシ…」

ゆ「ノーローリング!!」

こいつwww。