先日、私の学生時代の友達から電話が入ったのがきっかけでした。

その友達とは古き親友で、今でも家族ぐるみのお付き合いなのです。

夫同士だけでも、仲が良く会社の帰りにお酒を飲んだりしているそんな間柄。

その親友が「秘密のパーティに行くつもりだったけど、夫が熱を出しちゃって、私達は行けなくなってしまったの代わりに行ってみない?」との、誘いだったのです。

夫に話してみると目を輝かせて、是非行ってみたいと言うので、二人で代理参加する事にしたのです。

とはいえ、「私が夫の目の前でよその誰かに抱かれてもいいの?」という複雑な気持ちは在りましたし、その逆に夫が見ず知らずの女性とエッチしているのを見ても平気だろうか?と言う不安もありました。

その場所と言うのはシティホテルのスイートルームでした。

そこに数組のカップルが集まって来たのです。

参加条件が、夫婦と言うことでしたから、みんな!ごく普通の夫婦でした。

初めは夫婦ごとにシャワーを浴びると、仮面とガウンを手渡され、裸の上に男性は青のガウン、女性はピンクのガウンを身につけさせられました。

といっても、私はどうして良いのか?分からないので、しばらくはワインばかり飲んでいました。

だってお酒の力でも借りないと、きっかけがつかめそうもないし、周りを見渡しても・・・、みんなお酒を飲みながらお喋りしているし・・・と思っていたら、隣の部屋で始まっていました。

それをきっかけに、みんな盛り上がっている様子。

あちらでも、こちらでもガウンを脱ぎ捨てた男と女が絡み合っています。

初めて見る!とても異様な光景でショックを受けながらも、体は正直で濡れてきました。

夫の姿を探すと、すでに見知らぬ女にフェラチオされていていました。

少し嫉妬してしまいましたが、その女の背後から若い男が腰を振っているのです。

まるで若さを、強調するかのような凄い激しい腰使いです。

その腰振りを見ているうちに・・・自分のアソコが濡れてきたのが分かりました。

すると突然に、見知らぬ男に後ろから抱き締められました。

私もその時にはかなり興奮していて、凄く感じてしまって溜まらなくなってしまいました。

そして他の人達も同様にお互いの体を愛撫したり、され合ったりで、男と女の喘ぎ声が入り交じり、とても凄い光景です。

足首まで埋まるような絨毯に男が仰向けに横たわると、その上に跨ぐように乗りました。

騎乗位での結合でした。今までに体験した事のないような快感で夢中で腰を振り続けました。

そして、別の男が勃起した太くて硬そうなペニスが私の目の前に・・。

そのペニスを頬張ると喉の奥まで貪りました。

さらに、別の男に乳房を鷲づかみにされ、揉み回され、乳首を舐められました。

いったい何人の男達に触られたのかわからなくきました。

気が付けば、3人の男のペニスを受け入れていて、何度も、何度もオーガズムに達してしまいました。

もう私のアソコもアゴもクタクタで・・。

疲れきったのは、夫も同じだったようで、帰りのタクシーの中では・・・、お互い話しをする事も在りませんでした。

しかし、夫も私もお互いに満足感に満ち溢れていました。