以前保険会社に勤務していた時の話。営業所で仕事が終わってからカラオケにでも行こうと、誰となく話が出てきました。

営業所では私以外は全員女性なので、業務の若い男性社員を2人誘いカラオケへ。女性は皆さん一度自宅に帰り着替えて参加。

私の隣にはS子が座っていた。普段はあまり派手な方ではないのだが、今夜は結構短いスカートを履いている。形のいい太股が刺激する。

実は、この営業所のY子と肉体関係がある。他にも、別な子からも誘われたことがあり、あまり目立ったことはできない状況。S子は休みの日も会社によく出てきていた。

実は仕事より私と一緒にいたかったのでは?と最近思うようになっていた。スレンダーな身体で身長は158でも、あまり私自身は興味を持たなかった。カラオケが終わり、皆に帰宅を促した。

S子は、もともとこの地域の出身ではないので、どうやって帰宅したらよいかわからないと言う。「タクシーの運転手に何て説明したらいいの?」など子供じみたことを言う。

顔はまだ帰りたくない表情だ。それでも、タクシーを拾って無理矢理乗せて帰らせた。そして、皆と別れた時、気になって電話をかけてみた。

「今どこ?よかったら飲み行かない?」と誘ってみた。ほどなくして、少し不機嫌なS子がさっきのタクシーから降りてきた。「皆もう帰ったよ。二人だけど・・いい?」

彼女は急に機嫌がよくなり「どうして帰したの?」「いいじゃない!行きつけのバーで軽くしよ」行きつけの拘りのショットバーで飲みながら「今夜はどうしてそんな短いスカートを?」彼女は私の目を覗きこむように「気に入って?」「綺麗な脚をしてるんだね!」と素直に褒めた。

「本当に?実はジャズダンスしてる。。でも旦那には一度も褒めてもらったことないよ。」「(普通旦那は言わないよな・・)そうなんだ。綺麗だよ。」とたたみこむように褒めた。

「ありがとう。全部見せていいよ・・」私は思わず、彼女を凝視した。「どうした?」「綺麗なうちに見て貰いたいから。」と思いきったことを言うS子。

近くのホテルに入った。彼女は黙ったまま付いてきた。裸になった彼女はスレンダーな身体の割に乳房が大きい。私は、彼女の後ろから乳房を揉みながら、乳首を二本の指でコリコリと刺激した。「素晴らし胸だよ。旦那さんほっとかないでしょう?」彼女は確実に感じながら、乳首はピンと尖っている。

「旦那とはしてないの・・男はあなたで二人目だよ」そういいながら、S子は私の硬くなったペニスをしなやかな指で触ってきた。

「凄い!大きい!」私は彼女座らせて、ペニスを口にもっていった。ぎこちないやり方でペニスをしゃぶりだした。「痛くないですか?私、初めてだから・」どうやら旦那のさえしゃぶったことはないようだ。

「太くて長い。旦那とは形も全然違うよ!」彼女のクリトリスは指ではっきりわかるほど勃起している。よほどクリが感じるみたいでずっと喘ぎ声を漏らす・・

私は彼女の身体の隅々まで堪能した。そして、股を大きく開くと、赤く開いた、S子の本能の部分にペニスをゆっくりと捻じ込んだ。

奥までペニスが届くと、彼女は腕を私の首に巻き付け、足を身体に絡めてきた。「あんあん凄い!!」「旦那に悪いよ・・」意地悪を言ってみた。

「旦那は要らない!凄くいい!」彼女は涙を流しながら絶頂を迎えた。私は、ペニスを抜くと、綺麗な彼女の顔に射精した。「・・顔に出したかったの?」それから、数年間数百回に及び彼女と性交した。

彼女の話が本当なら、その間旦那とは数回義理でセックスしただけだという。