うちの母親と仲良しのオバサン3人がいる。

その中のオバサン(京子さん)から自分に電話があった「免許が無いから買い物に付き合ってほしい」との事。

その京子さんは爆乳で以前から、おかずにしながらオナニをしていた程だったので2つ返事でOK!を出し行く事になった。

昼ごろ買い物も終わり食事をご馳走になりぶらぶらとドライブをしていた。

地方の為ラブホ街も多く自分も又の無いチャンスだった為自然とそちらの方へ車を走らせていた。

何も知らない振りをして「すごいね・・こんな所あるんだ?」なんて言ったら「本当にすごいね」と。

自分もここまで来たらといった感じで京子さんに「オバサンラブホ行った事あります?」と言ったら「私ないのよ」と言ってきた。

何気に「なんか設備が凄いらしいですよ?社会見学で入ってみませんか?」と言ってしまった。

京子さんも「夕方まで時間あるし入ってみようか」と。

うちの母親が友達だったのか安心していたみたいだったホテルに入り部屋のゴージャスとテレビの大きさに驚いていた様子だった。

そのうちに2人でソファーにすわりビールで乾杯していた。

少し顔が赤くなってきた京子さんに「おばさん、AVって見た事あります?」と尋ねたら「私見た事ないのよ」

かなり興味があったみたいで目を丸くしていた。

いざAVのチャンネルに!やっていたのが都合よく熟女もの。

ちょうどフェラしているところで・・・となりの京子さんを見てみると目がいやらしい感じで・・自分から京子さんの方に・・もう我慢出来ずに京子さんの手を握ってしまった。

その時京子さんはニコッと笑ってくれて自分の肩に頭をそっとのせてきた。

自分は握っていた手をそのまま股間へもっていった。

京子さんは「こんなに大きくなっちゃったの?」と言いながらジーンズの上から摩りはじめた。

自分も手を後ろから回し京子さんの胸の乳首の周りを触り始めるとペニスはガンガンになってしまった。

京子さんは「凄い!見てもいい?」と言いジーンズのファスナーは外されペニスが顔を出してきた「凄い!太いわ・・硬い・・お母さんには内緒ね」と言いシャブリついてきた。

「若い子のはいいわ・・ねぇオバサンのおっぱい揉んで・・」

後ろから京子さんのブラを外し念願の京子さんの爆乳を無我夢中で揉んでいると。

唾液でベトベトになったペニスは我慢出来なくなり「おばさん。出ちゃうよ!」と言うと「いいわ、私の口にだして・・」

その言葉で我慢出来なくなりイッてしまったお風呂に1人で入っていると「私も入るね・・」と京子さんが入ってきた。

初めて見る京子さんの裸に勃起してしまい。

お風呂の中で「もうこんなに元気なの?」と言い触ってきた。

「今度は私を気持ちよくさせて?」と言われお風呂の中でディープキスしながらクリを触り始めた「あ・・いいわ・・気持ちいい・・」

こんなにスケベだったのか?と言うくらい理性を無くしていた「ねぇ・・おちんちん入れてほしいの。

ベットに行こう?」と言われ2人でベットへ・・ベットに入るなり「私のあそこ舐めてくれる?」と言われたけど焦らして「どこを舐めるの?」と聞いてみた。

「おまんこよ。ねぇ舐めて・・」

自分もクリからおしりの穴までアイスクリームを舐める様に舐めまわした。

「あぁ・・いいわ・・」

「凄い・・変になりそう・・」

舐めながら体を回転させペニスを顔の前まで持っていくと。

しゃぶりつき何時しか自分が上で69になっていた。

京子さんに「おばさん。入れたいよ!」と言うと「私も欲しい・・入れて!ねぇ・・入れて!」

京子さんとの夢が叶う時が来た。

おまんこに入れていると「あん・・大きい・・太いわ・・凄いわ・・」

「いっぱい突いて・・気持ちいい・・」

自分も腰を振りながら乳首にしゃぶりついていると。

「おっぱい強く揉んで・・!あぁ・・気持ちいい」

自分もとうとう理性を無くし獣のように激しく腰を動かしていた。

「おばさん。気持ちいい?」

「凄くいいわ・・」

上から見ているうちに。

この人でオナニしていたんだと思い出しでいたら。

我慢出来ずになってしまい「おばさんイッちゃうよ」と。

京子さんも「私もイクわ・・一緒にイッて・・」と。

「おばさんイクよ・・」

「私の中に出して・・・!」と言われて爆発・・京子さんのおまんこの奥にたっぷり出してしまいました。

2人で抱き合いながら「2人の秘密ね」と言われた。

これを切っ掛けに週に1度愛し合っています旦那さんのペニスは嫌みたいです。

今度はソフトSMでもやろうかな?母親にばれるのが心配です。