20歳の夏、朝シャワーを浴びていると急に背骨が痛くなり動けなくなった・・・ 救急車を呼ぶと、盲腸と診断。

そのまま入院となった。5人部屋の病室に寝かされ、翌日手術のために下の毛を剃りに看護婦がやってきた。

看護婦M「Kさん(私)、ちょっと恥ずかしいけど、明日の準備しますね」

K「(やべぇ~、若いじゃん!しかもかわいいし・・・大きくなったらどうしよう)はい、お願いします」

M「(・・・じょりじょり・・・じょりじょり・・・)はい、終わりましたよ。じゃ、明日手術ですからね、しっかり休んでくださいね。」

背骨が痛くて、息子が大きくなる暇など無かった。無駄な心配だった。

それから数分後・・・ M「Kさん、明日の為なんですけれども、尿道に管を通すんですね。で、麻酔を掛けてからだと、尿道を傷つけることのあるので、今入れても良いですか?」

K「・・・痛い?」

M「ちょっとは痛いかもしれないですけど、麻酔の後よりは安全なんですよね。それに、一度見てるから恥ずかしくないでしょ♪」

K「そんな、恥ずかしいに決まってるジャンよ!」

M「冗談です。一応チャレンジしてダメだったら、明日麻酔の後にしましょう」 ひとまずチャレンジすることに・・・しかし痛い・・・痛くてたまらない・・・

M「ちょっと痛いですよね。明日にしましょうか。ごめんなさいね。」 と言って、なぜか息子に”ちゅっ”としていった・・・ 俺はパニクった。

何だ今のは? それから消灯までずっと考えていた・・・消灯後も寝れずにいた。

そんな時に尿意がもようおした。

K「タバコでも吸い行きがてら便所でも行きますか」 俺はタバコを持って休憩室へ。

するとあの若くてかわいい看護婦が見回りに来た。

M「あ、Kさんじゃないですか、ダメですよタバコなんか吸って。早く寝てください」

K「これ吸ったらトイレ行って寝ますよ」 それからタバコを吸い終わるまで雑談をした。

K「じゃ、トイレに行って寝るとしますかね。Mさんもトイレ付き合います?」 ん?俺は何言ってるんだろう?ギャグにもなってない・・・

M「なに言ってるんですか?一人で出来るでしょ?」 そりゃそうだ、当たり前の返事だ。

何を期待しているんだろう? トイレに着いた。中に入り小便をする。

M「終わりました?」

K「えっ!」後ろから急に声が聞こえた。

M「はいこっち向いて、綺麗にしないとね。」 そういうと俺の息子をしゃぶり始めた・・・

M「ちゅぱ・・・・じゅる・・・大きいね・・・ぅん・・」

K「きもちい・・・でもなんで・・・昼間も・・・キスした?」

M「ばれちゃった?・・・ぅん・・・えへへ・・・」 その後10分くらいしてもらっていただろうか・・・

K「そろそろ入れてもいい?」

M「早く言ってよ!したくて仕方が無かったんだから・・・」 個室に入りキスをする。

その後、お互い愛撫を続けた・・・ M「ねぇ~入れるんじゃないの?ほしい・・・」

K「そんなにほしいの?」 そういうと俺はストッキングを脱がした。

洋式便所に腰をかけ、Mのパンツをずらし、はいたまま入れた。

M「んん・・・はぁぅ・・・う・・・やっぱり・・・おっきい・・・あっ・・・」

K「小さいね。すっごく・・・気持ちいいよ・・・」

M「奥にあたる!あたるよ!すごい。きも・・ちいい・・」 もうMの腰は止まらない。

すごいグラインドで腰を動かすM。

思い出したように白衣をはだけさせ、胸をむしゃぶりつく俺。

M「だめぇ~逝きそう・・・逝っちゃうよぉ~」

K「何勝手に逝こうとしてんの!ダメだよ逝っちゃ」

M「ごめんなさい。逝っちゃう。ごめんなさい」

K「もうすぐ俺も逝くから、もうちょっと待ってろよ!」 そういうと射精感がもようしてきた・・・

K「よし、俺も逝きそうだよ。Mも逝っていいよ」 というと我慢できずにそのまま射精!

M「ああああああ・・・・(ビクンッ!)あった・・かい・・・ぅん・・・・」

K「気持ちよかったよ。ありがと。ねぇ、もう1回しよ!」 そのまま後ろを向かせてバックで2回! その後は5人部屋に戻って、ベットで2回! 手術前夜に5回もしちゃいました。

動けるようになってからは、退院までの約2週間。

休みの日も何かにこじつけては出勤し、俺とのSEXを楽しむM。

毎回何も言わずに中に出してるにも拘らず、Mも何も言わないのでそのまま楽しんでいた。

俺の彼女が来るとやきもちをやき、 M「Kさん、検尿の時間ですよ」 といっては俺を誘い出し中だしをさせてくれるM。

盲腸に検尿も無いだろう!と思いながらね・・・ 中だしした後は、こっそり彼女に舐めさせてる俺って・・・ 退院後は何の音沙汰も無いが、すっごくかわいかったので、正直もったいないと思っている今日この頃です。