5年くらいの付き合いのある友人に彼女ができた。

初めてその彼女を見たときはかわいいな、くらいに思ってた。

ある日から、その彼女とメールをやりとりするようになった。

最初はなんてことない話。そのうちに、友人とうまくいかなくなってきているってことを彼女は語りだした。

原因は友人があまり彼女をかまわなかったこと、おたがいが一つ県をはさんだ場所に住んでいる中距離恋愛だということ。

なんか元気づけてあげたいなーというのが30%。

これを機に、しめしめ仲良くなれるかなというのが70%。

心の中のデビルが少し眼を覚まし始めたようで・・ある金曜日の夕方、たまたまいつもより家に早く帰ることができた。

車で向かえば、20時には彼女の家の近くにはつく。

もちろん、住所なんてしらないが。

よし思い切っていってみよう。

車をとばして、適当なところで電話をかけてみる。

「あ、いま○○のファミレスの前にいるんだけど」

「え?なにいってんの?ほんと?」

というかなり強引な戦法で会うことができた。

ひとまず、ゴハンでも食うかな。

とりあえずファミレスでゴハンした。

相手には彼氏(しかも自分の友人)がいるし、当時自分にも彼女はいた。

お互いにそれは知っている関係だった。

さて、この後どうするか。

22時近く。なにするか。

カラオケでもいくか、といってカラオケ屋に二人で入った。

カラオケ屋では適当に自分が好きな歌を、あまり歌が得意ではない彼女が聞いていることがおおかった。

インターフォンがなる。

そろそろ時間だ。

マイクを置き、片付けを始める。

でも、彼女との関係を繋ぎ止めたい心が大半を占めていた。

「あのさ」

「ん?」

「ギュってしていい?」

「え?・ん、それだけだよ?」

よし!!キタ。ギュ。

1分くらいはそうしてたかな。

彼女もまんざらではなさそうな感じ。

これはいけるか??カラオケ屋を出た。

23時。でもまだ彼女を抱きしめた余韻が、まだ帰りたくない!って言っているようで。

どこか静かなとこで二人で話をできるところある?って聞いたら、海岸沿いの空き地があるって。

そこへ車で向かい、浜辺に座ってしばらく話す。

自分(彼女)のこと、家族のこと、友人のこと、彼氏(俺の友人)とのこと。

いろんな悩みがあるようで、ここでは聞き役に徹した。

或る程度話をしたらすっきりした様子の彼女。

もう25時近い。そろそろ帰ろうか。

助手席に乗り込もうとした彼女に勝負をかけた。

近づいて、カラオケ屋でしたように抱きしめる。

離れ際、油断した瞬間、唇にキスした。

意外なことに抵抗は一切なかった。

唇を離すと最初はビックリした表情。

でももう一度唇を近づけると、彼女は目を閉じて受け入れた。

それどころか彼女の舌が入ってきた。

上あご舌の付け根、とにかく自分の口の中で彼女の舌が激しく動いた。

不覚にも、キスで初めてモッキした。

その日は彼女を送り、帰宅。

彼女からは「気をつけてかえってね。」とメール。

ちょっと自分でもドキドキ。

そして数週間後の土曜日の夜。

また思い立って彼女の家のほうまで行ってみた。

もちろん、予告して。

彼女は二つ返事でOK。

食事をして、また例の浜辺に車を止め、車の中で話をする。

お互いに付き合っている人はいるが、俺はアナタも好きなんです、っていうような。

困った顔をしてたけど、イヤではないみたい。

キスをした。

またしても彼女は入ってきた。

上あご舌の付け根、唇の裏、歯の裏・・唾液までも注がれるように。

こうなるともう押さえがきかない。

彼女の胸元に手を伸ばし、服の上から揉んでみる。

拒否される様子はない。

すごく好きで憧れに近い人の胸をさわっているという実感はすごい。

それほど大きくない胸だが敏感な様子。

キスをする彼女の呼吸が少し乱れてきている。

ふと友人のことを思った。

たしかに大切な友人だが、彼女はすごく悩んでいる。

かまってくれない、愛想がない、デートしてもつまらない、そもそもあまり会えない。

そんな悩みが彼女にはあり、それに解決の意思を見せない友人に対しては怒りすら覚える。

決して尻が軽くはない彼女が自分にここまで許すってことが、どうなんだ。

少なくとも自分は友人より彼女との時間を大事にするし、彼女を一時でも幸せにする自信はあった。

ポジティブシンキングがすぎる?(*´д`*)シャツのすそから、彼女の肌に触れる。

ここで初めて拒絶反応。

さすがに警戒心が働いたか。

少し焦り気味の自分、反省。

「・・だめ?」って聞くと、黙って頷く彼女。

その反応を無視するように、こっちから無言でキスをする。

肌に触れる替わりにきつく抱きしめる。

彼女も腕を回して抱いてくれた。

再びトライ。

抱いた格好のままから、彼女の背中沿いにシャツの中に手を入れる。

彼女は体を動かしてイヤイヤの反応を示すが、すばやくホックをはずす。

あとは前から手を入れて、いよいよその乳房に手を伸ばす。

さすがに観念した様子で、俺の手を受け入れた。

中心は堅くなっていて、いままで付き合ってきた女のものより、少し大きい感じ。

でも大きめの乳首は俺好み。

いっきにシャツをまくって胸を露わにする。

拒む時間を与えないように、その勢いで乳首を口に含む。

彼女は女性特有の声を上げ始めた。

よし、これでもういけると確信。

彼女のジーンズのホックに手を伸ばし、はずす。

ファスナーを下ろしかけたところで、手で拒否された。

「これ以上は、ダメだよ。ね?」

半分泣くような声で彼女は言う。

ええい、こっちゃ勢いついてんだ。

いまさらとめられるか。

強引に手を下着の中に滑り込ませ、その中心に指先で触れる。

少し、濡れていた。

彼女の声は、女性の声というよりも泣き声に近かった。

今日はこのへんが潮時かもしれない。

「ごめん。」

謝って、彼女を家に送り帰路についた。

「今日はごめんね。会いに来てくれてうれしかった。気をつけてかえってね。」

彼女のメールが少し痛い。

で、後日。また会うことになった。

今度は昼から。

公園でブラブラ。

レジャーシート敷いて、ねっころがったり。

膝枕してくれたり。

逆に彼女がタオルを顔にかぶせて寝てるときにチュってしたり。

もう普通に恋人気分だった。

夜、二人で浜辺。

もう定番。

なんともない会話から、チューして胸モミモミ。

そして今日こそ!みたいな気合でジーンズのホック外し→パンティ指進入。

最初こそ拒否反応あったけど、ついに指万達成。

自分が下から仰向けで彼女を抱いた格好で、彼女は腰を浮かせるような姿勢。

ジーンズは履かせたまま、最初は自分が手を動かしてチュクチュク。

そのうちに彼女は腰を使い始めた。

自分でもエっ?って思うくらい、一心不乱に腰を使う。

どんどん濡れてくる彼女。

下着、ダイジョウブかなってこっちが心配したくらい。

しばらくして少し満足した様子の彼女。

キスしてくれた。

いつもの濃厚なキス。

もちろん、こっちもびんびん。

ズボンの上から、撫でてくる。

その間にもキス。

手の動きが激しくなり、いよいよビンビン。

彼女の唇は俺の耳を攻めてくる。

めちゃ耳よわいんですけど(*´д`*)彼女は俺のズボンのファスナーを下げ、ティンコを取り出す。

撫でるようにしごきあげる彼女の手の動きに、いよいよ観念。

自分の憧れの女性にしてもらった感激と、今までのたまりにたまったものを放出。

勢い良く出た液体を見て「出ちゃった?・・ンフッ。」

ちょっと彼女が意地悪く見えた。

別の日。

前日に自分の本当の彼女と会ってセクースしたものの、翌日彼女に会いたくなった。

まあ、むこうからメールで「会いたいよ~(><)」せがまれてもいたのだが。

浮気はしつつも、互いの女性を満足させることをポリシーにしてるので会いに行った。

うれしそうな彼女と、街のショッピングモールを散策。

普通にデートするのも楽しい。

夜、いつもの浜辺でイチャイチャしていた。

「ね、しよ?」って聞くと「ココじゃイヤ」って。

そらそうだわな。

すいません。(;´д`)近場のホテルに入る。

ベッドで彼女と抱き合いながらキス。

車の中と違って落ち着いてキス。

長い時間、キスしてた。

いつもの彼女のキスを楽しんでた。

まずシャツとスカートだけ脱がせ、下着だけにする。

いつもかわいい下着を着けてるけど、下着だけの姿を見るのは初めて。

やべえ、恥ずかしがってる彼女、すげえかわいい。

「なんでみてるの?」

なんていわれたけど、かわいいしキレイなんだもん。

しゃあねぇべ。

んで自分のテンションをあげまくったところで再度抱擁&キス。

ブラを剥ぎ取り、やや大きめの乳首を口に含む。

舌で転がし、その吐息や体の反応を楽しみながらショーツを下げる。

乳首→ワキ→わき腹→腿の付け根のラインで舌を這わせる。

彼女の体はビクビクって動きながらも、拒否する感じはない。

やがて舌がすでに潤った中心付近に達する。

下の毛はやや濃いほう。

でもニオイはほとんどといっていいほどない。

どんどん溢れてくる彼女の液体を味わいながら、クリと穴を交互に舐め上げる。

ある瞬間、彼女が鳥肌たった。

本格的に反応している様子。

彼女は耐え切れないのか、体を強引に起こして俺に覆いかぶさってきた。

シャツとズボン、パンツまでも一気に脱がせる彼女。

そして俺のティムコを頬張る。

ジュポジュポォって音たてながら、すごい勢いで顔を上下させている。

動きを止めると、含んだまま凄い勢いで舌を回して亀頭を刺激してくる。

そしてまた顔を上下に・・そんな鬼気迫るようなフェラ、初めてだよ。

んでもそれが余計にコウフンした。

そのホテルがたまたま壁の一部が鏡張りで、そんな彼女の様子がバッチリ見える。

自分がフェラされる様を客観的に見るのって、すげぇコウフンするのね。

彼女の動き、吸い込まれては吐き出されるティムコ、小さいながらも揺れる彼女のオパイ。

いかん、このままは!と思い、彼女を仰向けにする。

「いい?」って聞くと、無言で頷く彼女。

慌ててゴム装着する間も、彼女は目を閉じて待っててくれた。

落ち着いて、ティムコを彼女の股間にあてがう。

もちろん、彼女は初めてではないが、彼氏がいるのに違う男のモノを受け入れる心境はどうなんだろう。

少々複雑な表情に見えた。

迷わせてはダメだな、と思ってそこから一気に貫く。

十分に濡れほぐれている彼女は痛くはなかったろうけど、挿入した瞬間は体が弓なりにしなった。

憧れの女性とつながった瞬間てのは、いつもいいもんだ。

自分、感動。

しばらく正常位でしていたが、彼女を抱き起こしてみた。

対面座位。

彼女は俺の首に腕を回し、少し自分から動きながら感じている様子。

自分は寝そべり、騎乗位へ移行。

すると彼女はちょっと人が変わったように腰を動かし始めた。

しかも中がキュキュって締まってくる。

「ね、どうしたの?なんかすごいよ?」

って聞いたら、彼女は腰を動かしながら「ん、上になると・ね、んっ、すごい、感じちゃうんだ、アッ・・!」ってことらしい。

(;´д`)ハァハァよし、こうなったら下から攻めちゃうぞ。

彼女の動きが少し緩慢になった頃合を見計らって、ガツンガツンと突き上げる。

「ああっ、あーっ、んっ、はっ、あっ、んあ」

って声にならないくらい感じてる。

その様子みてこっちも高まってきた。

止まっていた彼女の腰も再び激しく動き始める。

彼女の声にならない声と、どんどん濡れてくる彼女の体の音が聞こえる。

「一緒に、気持ちよく、なろぉ・・」って彼女が半ば正気を失ったような声で言う。

彼女の表情が、いつものカワイイ系からエロい系に完全に変わっている。

そんな表情や声が自分の股間を刺激しまくり、ついに放出。

彼女は俺とつながったまま、依然エロい目をしながら肩で息をして髪をかきあげた。

「気持ちよかった?上になると私すぐイッチャうから、ダメなんだよw」

しばらくして彼女は彼氏(俺の友人)とは別れたようで、さすがに気落ちしてました。

そのたびにメールが来ては時間つくって会って慰めたり。

友人からも「別れちゃったよ」

なんていわれましたが、それほど罪悪感なかったかな。

クリスマスイブ前日(天皇誕生日)にホントの彼女、イブにその彼女と会うなど、ハードでダブルな関係をしばらく続けてました。

たぶん友人にはバレてません。

ホントの彼女にもバレてません。

その後彼女はダラダラとこのままではいけない、と思ったようで、俺との関係をやめよう、って言ってきました。

そのコのことは好きだったので会うだけでもダメ?ってすがったものですが・・。

未練がましいのは自分のほうだったようで。

いまでは違う彼氏と仲良くやっているそうです。