僕たちは男三人・女二人のイトコどうしでHごっこをしてました。

僕は小四、あとの男二人は兄弟で小五と小四、女二人は姉妹で小六と小四でした。僕の母親と兄弟の母親と姉妹の父親が兄弟で、皆同じ町内に住んでいました(ややこしくてすみません)。
僕には幼稚園の妹、姉妹には高一の兄がいましたが、Hごっこの仲間ではありませんでした。

僕の母親と兄弟の母親は姉妹で飲み屋をやっていて、僕の妹は夜は祖父母の家に預けられていたので、うちは夜は僕一人でした。
一人ぼっちの僕の家にイトコたちが泊まりに来てくれたのですが、Hごっこがいつ始まったのかは覚えていません。

Hごっこの組合せはジャンケンで決め、男女二組と見張りに別れました。
やる場所はだいたい布団でしたが、布団を出した後の押し入れに入ってやる事もありました。

僕は小六の従姉妹(以下、従姉)に憧れていたので、従姉とやる方が好きでしたが、小四の従姉妹(以下、従妹)はクラスが一緒だったので、同級生と裸で抱き合ってると思うととてもドキドキしました。

やる内容はキス・脱がしっこ・さわりっこ・おまんこの定番コースですが、当時フェラチオの知識はなかったのでやりませんでした。ワレメも指でいじるだけで舐めた事は有りませんでした。

オッパイは舐めたり吸ったりさわったりしましたが、舐められたりさわられたりする方が好きでした。

従姉のオッパイは少しふくらんでいて、従妹はペッタンコでしたが、二人とも柔らかくてすべすべで、全身が密着する様に身体を絡み合わせると、とてもいい気持ちでした。

おまんこの体位は前と後ろがありました。
前はいわゆる正常位です。
始めは男女とも足を閉じたままオチンチンでワレメを突いていましたが、気持ちいいのは先っぽだけです。
色々試しているうちに、下になった従姉が足を開き、ワレメより下の方にオチンチンをこすりつけるのが、一番気持ちいい事に気付きました。
体位が決まると、腰は自然に動き出しました。姉も下から突き上げる様に腰を回します。

新しいやり方は従姉が従妹に教えました。
布団を被っていたのではっきりわかりませんが、男役になった従姉が下になって足を開いた従妹と股間をこすり合っていたみたいです。
従兄が覗こうとして布団の端っこをまくったら姉ちゃんに怒られたので、男三人はモコモコ動く布団の周りに座り、チンチンをさわりながら荒い息遣いを聞いていました(見張りなんか実際はテキトーでした)。

後ろですが、俯せに寝た女子は足を閉じたままで、男子が足を開いて覆いかぶさり、お尻のワレメにオチンチンを挟んで腰を振りました。
お尻の柔らかさは気持ちよかったけど、前の方が二人とも気持ちいいので、後ろはあまりしませんでした。
本当の後背位を知っていたとしても、子供のペニスは小さいのであまり適さないと思います。

前のバリエーションで女子が上になるのが有りましたが、これは従妹が始めました。
身体の小さい従妹は上に乗られると重かったみたいで、自分が上に乗りたいと言いました。
横になった男子のオチンチンの上に跨がり、腰を回す従妹はとても淫らでした。
いつもは頭から布団を被ってやっていましたが、女子が上になる時は布団がずり落ちてしまい、揺れ動く従妹の顔が見えました。お腹が波打つように動くのもとてもエッチでした。
学校では掃除をしない男子(というか僕)を怒鳴りつけてる従妹が、うつろな目をして僕の上で腰を振っている姿は今でも忘れられません。

Hごっこの始まりは覚えていませんが、最後のHごっこははっきり覚えています。

最後のHごっこは従姉の小学校卒業式後の春休みにやりました。
姉ちゃんは「Hごっこは今日が最後だし、妹ととももうやっちゃダメだからね」と言いました。
僕たちはすごく悲しくて淋しかったけど、姉ちゃんの命令は絶対でした。
その日は従姉の指示で敷布団だけ敷いて、掛け布団はたたんだまま重ねておきました。

従姉はみんなを立たせると男三人の服を脱がしてくれました。
いつもは布団の中で裸になっていたので、少し恥ずかしかったけど興奮もしたので、それだけで三人とも勃起してしまいました。
従姉は笑いながら三人のオチンチンにさわると、従妹にもさわるように言いました。

次に従姉は三人で従妹を裸にするように言いました。
布団の中では何度もパンツを脱がした事があるのに、普段着の従妹の服を一枚づつ脱がすのとは全然違いました。
僕たちは震える指で同級生を裸にしていきました。
パンツを脱がすのも、これが最後なので、三人でウェストに指をかけゆっくり脱がしました。
正面にしゃがんだ僕はワレメが現れるところが見られたのでラッキーでした。
従妹はその間ずっと目をつぶったままでした。

最後にみんなで従姉を裸にしました。
橙色の豆電球と石油ストーブのあかりで、オレンジ色に染まった姉ちゃんの裸はとてもキレイでした。

従姉がみんなと順番に抱き合いキスをすると、従妹も同じように抱き合いキスをしました。

今日はジャンケンはしませんでした。
姉ちゃんは積み重ねた掛け布団に寄り掛かる様に横たわり、足を開きました。
姉ちゃんが指でワレメを開くとカキノタネみたいな形のおまんこの穴が見えました。
何度もさわったりオチンチンでこすったりしたのに、おまんこの穴を見るのは初めてでした。

それまでは性器を舐めるなんて考えた事もなかったのに、姉ちゃんのおまんこの穴を見ると、思わず口をつけ舐めてしまいました。
姉ちゃんがエッチな声を出したので、僕は嬉しくなって夢中で舐めました。
みんなも姉ちゃんを取り囲み身体中を舐めたり撫でたりしています。
代わる代わるキスもしていました。

しばらくすると姉ちゃんは僕の名前を呼び、小さな声で
「入れて」と言いました。

僕は姉ちゃんの両足を持ち上げるようにして、腰を進めました。姉ちゃんが指でワレメを開きおまんこの穴を見せます。穴の周りは唾液と姉ちゃんの愛液でテラテラ光っていました。

みんな動きを止め僕と姉ちゃんの股間を見ています。
僕は少し恥ずかしかったけど、オチンチンに指をそえ、姉ちゃんのおまんこの穴に差し込みました。
今までは擦りつけてるとか、挟んでるとかの曖昧な感覚でしたが、この日は穴に入れてる事をはっきり実感しながらの挿入でした。
穴の中はきつく熱く、今までのおまんことは全然違いました。
姉ちゃんも痛そうに顔をしかめています。
もしかしたら、これが初めての本当のおまんこかも知れないと思ったけど、オチンチンが気持ち良すぎて何も考えられなくなりました。

僕はオチンチンを根本まで入れると、少しだけそのままにしてから、ゆっくり腰を動かしました。最初は痛いくらいきつかったけど、段々スムーズに動くようになり僕の動きも徐々に早くなっていきました。

一瞬目の前が暗くなりオチンチンが大きく膨らむと先っぽが爆発しました。
初めての射精でした。
今までのはただのごっこだった事がはっきりわかりました。

オチンチンを抜くと流れ出した精液に少し血が混じっていました。

姉ちゃんに教えると、大丈夫だからと言って、次は従弟に入れるように言いました。

従弟は僕の精液を気にする事もなく、すぐに挿入して激しく腰を使いだしました。やがてぐったりしてオチンチンを抜きましたが精液は出なかったようです。
次に従兄が入れて射精しましたが、従兄も初めてだったみたいです。

一休みしてから今度は従妹に入れました。

今度はジャンケンで順番を決めました。
僕、従兄、従弟の順に決まりました。
僕ばかり一番でズルイと従弟が文句をつけたけど『ジャンケンと姉ちゃんの命令は絶対』が僕たちのオキテだから仕方ありません。

従妹の穴はもっと小さいかと思いましたが、姉ちゃんの穴とあまり変わりませんでした。

僕は従妹の穴に先っぽを差し込むと、従妹に覆いかぶさりキスをしながら腰を打ち付けました。
僕の班の班長でクラスで一番コワイ女子である従妹が、今、僕のオチンチンに貫かれて、涙ぐんでいます。
僕はあまり痛くないように気をつけてゆっくり動きました。従妹は僕の頭に両手を回し抱き寄せました。
僕たちは舌を出してキスをし、顔中を舐め合いました。

横を見ると姉ちゃんが四つん這いになって従弟の股間に顔を埋めています。
オチンチン舐めてるんだ、と思いました。
従兄は僕の方と従弟の方を交互に見ながら、自分でオチンチンをいじっています。

僕が従妹の中で果てると、従兄がすぐに突っ込みました。従妹の身体がガクガク揺すぶられ、従兄は舌をのばして従妹の顔をベロベロなめ回していましたが、従妹は顔を背けているように見えました。
僕は、従兄から見ると下級生の女子を犯してるんだよなー、と思いました。

従弟が従妹とやった後の事はよく覚えていません。
姉ちゃんと従妹の口の中に射精した事と、この日は結局、従弟の精通が無かった事は覚えていますが、それ以外は誰が誰となんて全然わかりません。
僕はいつの間にか眠ってしまい、夜明け頃に目を覚ますと誰もいませんでした。

中学生になった姉ちゃんとは、ほとんど会わなくなりました。
時々、白いヘルメットをかぶって自転車通学する姉ちゃんと目が合うと、笑って手を振ってくれましたが、それだけです。

五年生になった僕と従妹はまた同じクラスになりました。
従妹は相変わらず威張っていましたが、日が経つにつれ女っぽくなり、姉ちゃんそっくりになっていきました。

従弟の精通がいつかは今も知りません。