ドSな彼女あい(20)彼女は安達祐実に似てる。

似てるし似てると言うと喜ぶ。

にMな俺はいつもイヂメられてる。

先日も、あいの友達(20)ガッキー系の顔とその彼氏(21)キンキの光一似と飲んだがハイペースで二時間程飲むとあいが下ネタを言い出した。

あいが友達に今までシタ人で一番チンコ大きかった人ってどのくらい大きかったか聞いた。

友達は「こんな感じかな?」

と両手で大きさをあいに教える。

あいは笑顔で「えーーーおっき〜♪」と喜んだ。

あいの友達は彼氏を指差して「そいつのっ」って、彼氏は笑いながら「やめなさい」

とか言ってるけど嬉しそうだ。

あいは「エッチするならチンチン立派な男の子がいいよねー」

みたいなことを言い友達に同意を求めた。

友達は「ちっちゃくなきゃ別に大きくなくても…」

みたいなこと言ってるけど あいは被せるように「ほら〜」って俺を指差した。

俺が「な、なんだよ?」

ってキョドるとあいは指で「こんなんだよ?こんなん!」

って指で俺のチンコの大きさを教えた。

あいの友達は「そーなんだぁ」

ってニヤニヤしながら俺を見てる。

彼氏は俺に「マジっすか?」

って聞いてきた。

俺はちっちゃい声で「マジだよっ」と答えた。

あいは「マジなんだって!マジ!ねぇ、(彼氏)のチンチン見たーい」

って友達と彼氏にねだった。

彼氏は「俺はいーけど…」

って彼女と俺を見た。

一番酔っぱらいの彼女は「んじゃ(俺)君も見せるならいーよ!」とか言った。

俺は恥ずかしいから「嫌だっ」

て言ったけどあいが「ん?(俺)君は拒否できませーん♪」って。

俺はあいに逆らえない。

二人して立たされ並ばされて上半身を脱がされた。

身長は俺の方が高いし体も俺の方が筋肉質で良い体だと思う。

友達は「(俺)君の体すごーい!ムキムキぃ〜」

彼氏は「めちゃ良いガタイしてるっすね!」と。

俺は嬉しくて「けっこー鍛えてるからな!」って自慢した。

あいは「良いガタイでしょ?なのに……はぁ…。

チンコも鍛えれれば…」ってため息。

あいの友達は「そんなに体とギャップ凄いんだぁ!楽しみ〜」って言ってる。

彼氏は下を脱いだ。

ボクパン一枚になりモッコリしてる。

あいは「おぉー!(俺)君も早く早く!」

って急かす。

俺はトランクス一枚になった。

友達は「別にちっちゃくないんじゃない?」って。

あいはニヤニヤしながら「脱いだらわかるって」

俺のパンツを脱がした。

友達は「あ、かわいー」って笑った。

彼氏も笑ってる。

友達が彼氏のを脱がした。

たぶん俺のMAX勃起より大きい。

たってないのに。

あいは「うぉーデカチン!」

友達に彼氏の触って良いか聞いた。

友達は「今日は良いけど絶対今日だけだから!」と釘さした。

あいは「わかってるって!(俺)君のかわいーの触ってあげて♪」

と友達の手を俺のに導いた。

摘むと友達は「なんか、(弟)の体洗ってあげてるの思い出す」って笑った。

それを聞き彼氏とあいも爆笑。

なんか俺も笑えた。

友達は「サイズかわいーのに剥けてるって不思議なんだけど」ってカリをカリカリした。

俺、すぐにフル勃起。

あいがすぐに「たぶんそれでマックスー」

ってニヤニヤした。

友達が「うそー?まだタバコくらいだよー?」って驚いた。

あいが「そーかも!ちょっとタバコと比べてみて」と。

友達が比べた。

結果は俺のチンコ、タバコとほぼ同じでした。

友達とあいが爆笑した。

彼氏は「人の勃起初めて見たけど俺ってデカイんすね!」って。

本気でくそっ、死ね!縮めっ!って思った。

あいは「(俺)君は特別ちっちゃいんだよ!」

と彼氏のチンコを扱いた。

友達は俺の金玉をニギニギして「タマタマ立派なんだけど!?」と。

あいは「棒は貧弱なくせにタマだけ立派だから精子凄くて…」

と嫌な顔した。

あいに触られ彼氏は勃った。

俺のチンコより大きい。

太くて長い。

あいは「おっきい!ちょっと(俺)君、比べてみて」

って腕引っ張られた。

彼氏の正面に立った。

少し背の高い俺のチンコの高さに合わせるため彼氏はクッションに立った。

あいの友達の彼氏のチンコは俺の体に刺さっているが短い俺のは届かない。

あいと友達は「かわいーでしょ?」

「かわいーかわいー!」

「大人と子供だよね?」

「わかりやすーい!」ってゲラゲラ笑ってる。

あいが写真撮らせてってソファーに立ちデジカメで二本のチンコ比べを撮った。

チンコとチンコ間にタバコを乗せて撮った。

彼氏とは長さ約倍違う。

正直悔しい!憎たらしい! あいが彼氏に「精子多い?」って聞いた。

彼氏は「比べたことないからわかんない」って笑った。

あいは次に友達に「(彼氏)精子多い?」って聞いた。

友達は「量はふつーだけど濃いめ」って笑った。

あいは友達の彼氏のタマを揉み揉みして「あー、玉なら良い勝負かも?」と。

友達も「タマなら(俺)君の方が立派かも〜」

と俺の玉を揉んだ。

友達が俺に「最後いつ精子出したぁ?」と。

俺が「昨日」

って言おうとしたらあいが「昨日だよ!(彼氏)は?」って聞いた。

彼氏は「俺も昨日のエッチで…」と答えた。

あいが「(俺)君と(彼氏)の精子比べしよ!」

と言い、友達は「それおもしろそー」

彼氏は食いつき「どーやって?」と。

あいは「あたしらが出してあげれば良くない?」と。

友達は「じゃー(彼氏)寝て、あいと出したげる♪あい来て〜」

あいは「手伝う〜♪(俺)君はそこであいが(俺)君のより大きいチンチン舐めるの見てなさい♪オナニーするなよ!」って。

俺は「次に俺でしょ?しないしない!」と答えた。

あいと友達は彼氏のを舐めた。

2人でペロペロ。

次に友達が彼氏にディープキスし、あいがフェラと手コキ。

あいは俺を見ながら「チンチンおっきくて握りやすーい」って言った。

また友達とあいがフェラ。

舌と舌が当たるのが良い、見てて興奮する。

彼氏が「で、出そう!」

と言うと二人とも顔を離した。

彼氏はティッシュを数枚引き抜き、自分の手で扱いた。

あいは友達の頭を掴みディープキスをした。

友達もあいの頭を掴み激しいディープキス。

目を瞑りかなり濃いキス。

彼氏がティッシュに出した。

あいと友達はまだキス。

俺はしてもらいたくて呼びかけた。

ねー? まだキスしてる。

ちょっとー? やっぱりキス。

たまらず「なぁ?」

とあいの後頭部を押そうと手を突き出した。

同時にあいと友達はキスをやめ、口を離したが俺の手はとまらなくあいの頭を力強く押した。

ドンッ、ゴッツン★ あいの頭が友達の頭に激突。

いわゆる頭突き。

前にエッチ中、逆らったらあいに頭突きされたが軽い脳震盪おこすくらいのかなりの石頭だった。

友達が「いったーい」

って頭押さえた。

あいが振り向き、俺に無言の超頭突き。

目から星が出た気分。

意識とびそうだった。

あいはそのまま俺を押し倒し耳元で「ほんとバカッ」と言い放った。

友達は「うっわ〜超痛そぉ〜」けろっとしてる。

彼氏はタバコ吸いながら「お前石頭だから痛くなかったろー?」

って言った。

友達は彼氏に「アンタの頭は空っぽ?だから痛くなかったけどあい、石頭だから痛かったもん!」

前に二人も頭突きしたようだ。

あいは友達に笑いながら「失礼な!!早くこっち来て」

って友達を呼んだ。

俺が「あい、ほんと石頭」

と言おうとしたらディープキスされた。

ちょっと萎えたチンコはMAXに。

友達は俺のチンコを扱き、「かっわいー」

と語尾にハートをつけて言った。

あいも下半身に行き2人にフェラされた。

次にあいが扱き、友達がタマ揉み揉みしながら罵倒してきた。

「(俺)君のチンチン子供みたいでしょ?」

「ちっちゃいけどしっかり剥けてるし硬いから良いじゃん」

「(弟)君ってこんくらい?」

「あ、良い勝負かも!笑」

「マジで?ってかまだ一緒にお風呂入ってんの?」

「お風呂入ってると入ってきて見せてくるの!笑」

「(弟)君って生えてんの?」

「(弟)はまだかな!」

「剥けてる?」

「たぶん仮性…かな?」

「今、小6だっけ?」

「今は5年生だねぇ」

触りながらあいの友達の弟のチンコの話が始まった。

あいが「(俺)君の小学校五年生レベルだって!どーするぅ?笑」

俺は「う、うるせぇ」

と言ったがカリに歯擦られすぐ謝った。

友達は「タマタマは(俺)君の方が大きいよ」と誉めた。

あいは「良かったでちゅねー(俺)君、タマタマ誉められまちゅたよぉ」とディープキス。

友達はフェラしてくれてる。

あいを離し「出そう!」

と言うとあいがティッシュをいっぱいくれた。

俺が座った状態で友達は高速でフェラしてくれた。

友達にもう「出るっ」

と伝えると友達はフェラをやめ口からだしてすぐにティッシュにかなり大量に出た。

友達は「すごーい」

と驚き、あいは「これを口に出された日は殺したくなる!笑」と。

友達は出したティッシュを持ち「わかる!ティッシュ重っ!この量は殺したくなる!笑」と。

この時、彼氏は寝てた。

友達が彼氏を起こし俺の精子ティッシュを渡した。

彼氏「1日でこんな溜まるんすか?ヤバイっすね!笑」

あいと友達が俺の精子ティッシュと彼氏の精子ティッシュ比べた。

見た感じ俺の方が量が多く濃そうだった。

あいが「良かったじゃん!チンチン負けたけど精子勝ったよ!」と。

彼氏も「精子、負けっすね」

って 俺、あんま嬉しくないぞ 友達が2人の精子を混ぜて「やっぱ(俺)君の多いし濃い!すぐ妊娠しちゃいそう!笑」と。

あいが「でしょ?ゴムだと抜けそうだからピルにしたの!笑」と。

友達が「だからピル飲んでんだぁ!笑」と笑った。

あいが「初めてヤッタ時はサイズに驚いて量にお笑ったし!笑」

確かに初めての時あい「だいぶかわいーサイズだね」

って驚いて顔射して量に「何でこんな出るの!顔洗ったのにベトベトって感じぃ」って笑ってた。

友達が「あたしもアイツのチンコ見た時は驚いたなぁ!」

あいが「喜んだの間違いでしょ?笑」

友達が「そうかもー美味しそうなフランクフルトって♪って違う!入るか不安だったしぃ」

あいが「(友達)マンコちっちゃいもんね!笑」

友達が「あい、あたしのマンコ知らないでしょ!今度穴比べしてみる?笑」

あいが「今度イカシ合い勝負だね!笑」

友達「てか(俺)君、出しても勃起したまんまなの?笑」

あいが「(俺)君、何回出しても精子出なくなっても勃起おさまらない!笑」

友達「なにそれー!いーなー!超タフ!(彼氏)3回やると勃起しないしぃ、お酒飲むと一回だしたら終了〜だし」

彼氏眠そう、首がおちつかない 俺があいに「そろそろ帰ろ?(彼氏)半分寝てるよ!笑」

あいが「そっだね!」

友達が「いーよ!泊まりなよ?飲んだし眠いでしょ?」

あいが「泊まろっか?」

俺「んじゃ泊めてもらおっ」

友達と彼氏は寝室へ、俺とあいは居間のソファーベッドに。

あいに「巨根とシタイ?」って聞いた。

あいは「チンコの大きさ関係なく(俺)君とシタイ」

俺は「ちっちゃいと気持ち良くないでしょ?」

あい「あいの穴ちっちゃいから大丈夫だもん!笑」

俺「だって、チンコおっきーのが良いって言ってたじゃん?」

あいが「(俺)君が粗チンでMだからイヂメただけだよ!あい、好きな人のじゃなきゃ挿れたくないし」

俺「舐めてたじゃん?」

あい「フェラは好きな人のじゃなくても清潔なら平気だもん!笑」

俺「そんなもんかぁ…」

あい「そんなもんさぁ(笑)浮気したら許さないからね♪」

俺「しないしない!これから先あいとしかしない」

あい「大好きっ」

俺「オォ!もっ回言って!」

あい「バカッ!」

ガン! 頭突きされた。

俺「いってー石頭ぁ…」

ディープキスされて、そのまま一回戦。

結局、五回シタ。

逆算すると、この日に出来た子ってことになる。

出来た言われて、産めって言ったから あいが ピルを失敗したのか わざと失敗したのか 聞けてない。

いつか聞きたいと思う。

聞かない方がイイカナ?