結婚している人妻さんの方に多くある町の噂ではありますが、少しこんな出会いが実際に行われていると思うと少し恐ろしいものがあります、この出会いの問題となっているのは、この不景気の中で、結婚生活を旦那の収入のみで行っている方々が問題となっていてお小遣いがすくない、夕飯のお金がない、子供の学費などなど様々な理由で、人妻さんが出会い系サイトなどを利用して、自分の体を売っているとのことなのです。

 お金の為に旦那のいない時間を利用して、ほかの男性から援助の支援を頂き、生活をしている人妻さん、そしてそんな人妻の間では、コロッケ売春という名目の交際が多いようです。そのコロッケ売春とは、格安の援助の事を示している様子で、多くの男性がかなりお手頃の値段で、行為を楽しめることで噂になっている様子、

 一世代前では、ホテルなどの料金とは別で、一回当たり2万から3万円ものお小遣いをもらっていた時代もあるそうですが、不景気となり、ホテル代込での出会いであったり、旦那のいない時間を利用して自宅に呼んだりと、どんどん援助の値段も安くなっていったそうです。

 そして今では、ホテル代は別としても、5千円ほどの料金で、人妻との行為を楽しめるまでに、援助の世界はお手頃になっているとの噂それが巷ではコロッケ売春といわれ、コロッケ売春を行っている人妻を多くの男性が探しているとのうわさも聞きました。こんな出会いが実際に行われていると思うと胸がぞっとするものです、

 まだエッチが好きな性欲に強い女性ならわかりますが、生活をかけてまでしなければいけない生活があると思うと、胸が痛みます…でもまあこれはあくまでも噂であって、実際はどうなのか、それは行為を実際に行っている人妻さんにしかわかりませんがw