俺には高校の時からの付き合いで、仲の良い女友達エリがいる。
エリは背が低くて、そんなに高いほうでない俺よりももっと小さかった。
顔はスザンヌに似てる感じだ(脳みそも似てる)
そして細身のくせに巨乳だった…しかしお互い異性として意識したことはなく、半分男友達みたいなもんだった。

社会人2年目の夏、俺は一人暮らしのエリの部屋に飯を食わせてもらいに行ってた。
俺は会社の寮に入っているのであまりいいものが食べれず、よくエリに心配されてごちそうしてもらってたのだ。
そしてその日の夜も手土産にコンビニでプリンかなんか買ってエリの部屋に行った。
エリはピタっとした半そでのニットに、ミニスカートという格好で料理をしていて、俺を迎えてくれた。
「相変わらずでけー胸だな…」と思いつつできあがった料理を食べ、テレビを見たり最近の仕事の話や高校時代の話…いろいろと話してる内に12時近くなった。
俺もエリも特に明日の予定もなかったためにそのまま話していたが、午前中に趣味のバスケの練習に出ていた俺は強烈な睡魔に襲われた。
イカンとは思いつつ、気がついたら床で寝てしまっていた。

40分くらいして、ハッと目が覚めたとき目の前にあったのはエリの無防備な寝顔とむぎゅっとなった胸の谷間だった。
俺が寝たから暇になってエリも寝てしまったのだろうか、そんなことを考えてると、少し寝たせいもあってかどんどんチンコが硬くなってく。
「やべぇ、やりたい」
無意識に手が伸び、胸に触れた。柔らかい…服の上からブラごとゆっくり揉む。
起きないか、友達なのに、バレたらどうする、いやでも気持ちいい…いろいろ考えが浮かぶがとりあえず揉みまくった。
エリが横向いて寝てるのをいいことに、ホックを外す。
それでもうなんかばれてもいいや、ってなってキスした。
激しく胸を揉みながら何回もキスする。
息苦しさからか、「んん…」と言ってエリの目が開いた「えぇっ…ふぁっ…あっ!?」
抵抗される前に、とエリを押し倒し、右手をスカートの中に滑り込ませた。
「やあっ…りゅうちゃんっ…なんでえ」
突然のことに涙目になりながら抵抗するエリ。

しかしいかんせん力がないため俺の手はびくともしない。
くちゅ…「あっだめぇっ…」パンツの横から指を入れ愛撫する。
「濡れてんじゃん」というとエリの目から涙がポロっとこぼれた。
一瞬罪悪感が芽生えたが、性欲のほうが勝ってた為、愛撫を続けた。
嫌がってはいるが、感じやすいのかあそこはぐちゃぐちゃで、クリをいじると声を我慢しているようだった。
「感じてんだろ、声出せば」というとキッと睨みつけてきたのでGスポ攻めながらクリいじってたらだんだん「あっ」とか「んっ」とか喘ぎ始めて「やだやだもうダメ、もうほんとダメっ」と言いながらビクビクっとしてイッてしまった。

これならもう抵抗しないだろ、と俺はエリを抑えてた左手を放し、ズボンを下してイチモツを取り出した。
これまたエリのパンツをズラして入り口に押し付けた。
愛液でヌルヌルしているあそこに鬼頭を押し付け、ずぷ…と挿入した。
「…んんんっ…やぁ…ゴムはあ…??」と鼻にかかるような声で聞いてくるエリを無視して、一気に挿入した。
「やあっ…!だめだ…よ…あっあっあ…っ」
エリの膝が胸につくくらい押さえつけてガンガン腰を打ちつける。
生なのもあるけど相当気持ちいい。
「やっだぁっ…おねがい抜いて…んんーっ…あんっ」エリが何か言う度に奥まで突き上げる。
「あーもう出るかも、イキそう…」「えぇっ…あっやっだめぇ…んっ赤ちゃんできちゃう…っあっやっ…」
「あーイくっ、中でいっぱい出すから」「やだぁっ…りゅうちゃんやだぁっ…あっ」
ドクドクドク…エリの中で俺は果てた。

この後俺はエリを2回犯した。
最後のほうはエリも騎乗位で腰を振るようになった(じゃないと中にだすと言ったからだが。そしてもちろん中出ししたが)
友達ではなくなってしまったかもしれないが、エリとやるのはそれだけの価値がある…と思う。