2年生の5月頃だろうか。

教育実習で色の白い綺麗な国語の先生がやってきた。

俺のクラスの担任がたまたま国語教師だったため、その綺麗な先生は俺らのクラスで面倒を見る(?)ことになった。

担任の高畠はいるのかいないのかわからんほど影の薄い人間で、今思い出してみても、高畠の功績はこの綺麗な先生を連れてきたことだけのように思える。

「はじめまして、○○大学から来ました倉田です。みんなと一緒に楽しく勉強したいと思います。よろしくお願いします」

クラス中が色めきたった。

聞けば倉田先生はこの学校の卒業生で、現在大学4年生。

まあ22,3歳といったところだろうか。

クラス中の男子が「すげー、すげー」

と言いながら倉田先生に見入っていた。

また倉田先生のはにかむような笑顔が(・∀・)イイ!!俺たちは速攻で倉田先生ファンクラブを結成。

「ファンクラブなのだから、『倉田先生』と呼ぶのはいかがなものか。

やはり下の名前で呼ばなくては」

俺が代表して倉田先生の下の名前を聞いてくることになった。

―職員室―

俺「せ・・・せせせせせせ先生」

先生「?・・・なに?(くすくす)」

だぁぁぁ、綺麗すぎるぅぅぅ

俺「あ・・・あの先生名前なんつーんですかね?」

先生「私?私は倉田菜穂といいます。よろしくね。」

俺「ははは、ハイッ!!」

先生「それで、キミは?名前なんていうの?」

俺「俺ですかっ?松本と言いますっ!!」

やったあ!!俺名前聞かれちゃったよ!!すっかり舞い上がってしまい、ジャンプしながら教室に帰った。

「菜穂」という名前はそのまま誰にも教えずに自分だけのものにしたくなった。

なんかもう胸がドキドキして卒倒しそうになった。

まあ結局倉田先生が菜穂であるという話は瞬く間に広まってしまい、先生が廊下を歩くたびに「菜穂ちゃぁぁぁん!!」

なんていうコールが巻き起こった。

でもまあなんつっても俺は先生に名前を覚えてもらっているからな。

お前ら愚民共とはレヴェルが違うのだよ・・・。

思い出し笑いが止まらない。

倉田先生と俺の間にはもう一つウレシイ接点があった。

それは倉田先生が現役高校生だった頃、野球部のマネージャーをやっていたことだ。

そんでもって俺は野球部だった。

万年補欠君であったが・・・。

倉田先生と俺の関係が急展開を遂げたのは、先生の実習期間が終わってしまう2日前だった。

木曜日の夕方、練習後だった。

俺は教室に忘れ物をしてしまい、仲間を部室に待たせたまま教室に向かった。

もう7時過ぎで、暗くなりかけていた。

用務員に見つかるとウザったいので、早足で教室に行った。

すると、教室で人の気配がした。

倉田先生だ!!。

・・泣いてる??俺はもうどうしていいか分からなくて、忘れ物なんてどうでもいいから帰っちゃおうかなと思ったが、なんとなく後ろめたいので、おそるおそる声をかけた。

俺「あ・・・先生?」

先生はちょっとびくっとした。

声の主が俺と分かると、慌てて目を拭った。

先生「あ、なんだ、松本君か・・・。どうしたの?こんな遅くに。」

俺「あ、い・・・いやちょっと宿題のノート忘れちゃって・・・」

なんだか先生と暗い部屋に二人きりでいるのはいたたまれないので、俺は教室の明かりをつけた。

すると、先生はいきなり声をあげて泣き出してしまった。

俺「ちょっ・・・なんだよ先生・・・どうしたんだよ?」

なんだか俺が泣かしたみたいで、気分が悪かった。

俺は先生のことをアイドルとしか思っていなかったので、こんな人間くさい場面に出くわすと正直ひいてしまう。

そうかと言ってこのまま「さいなら」と帰るわけにもいかない。

ワケを聞いてみると、古文の教え方のことで、高畠に説教を食らったらしい。

高畠は影が薄いクセにやけに教え方にコダワリを持っているらしかった。

なぐさめようと、「先生の授業なんて誰も聞いてねえよ!!」

という言葉が出かかって、慌てて抑えた。

先生は少し泣き止んだが、まだグスッ、グスッと嗚咽を漏らしている。

濡れたまつげやうるおった唇がたまらなくセクシーだった。

俺は理性をかなぐり捨てて、欲望のままに先生を抱きしめようと思ったが、寸前でとどまった。

その代わりに、「なんだ高畠の分際で。今度俺がビシッと言っといてやるから。」

成り行きで出た言葉だったが、先生はなぜか爆笑して、「ありがとう」と言った。

その夜は先生のことが気になって寝られなかった。

土曜日、うちのクラスは先生とのお別れ会を開いた。

お別れ会が終わった後、先生は俺を誰もいない教室に呼び出した。

先生「松本君、本当にありがとうね。松本君のおかげですごく楽しかったよ。」

俺「そりゃあ良かったですね」

・・・棒読み。

先生「それでね・・・この後も・・・逢ってくれる?」

俺「(ん?)は・・・はあ、じゃあ遊びに行こうよ。みんなで」

先生「あの・・・そうじゃなくってね。二人で・・・逢ってくれない?」

俺「ええっ??」

・・・・結果、俺は先生と逢うことを約束してしまった。

「どどど・・・どうしよう???」

俺にはこの時夏美という彼女がいたのだ。

もう既に体の関係もあった。

「これはやはりはっきりと断るべきだ。」と思ったが、あの日のまつげや唇が頭をよぎる。

「ああああああ!!!でもなあ・・・。」

悩んでいても仕方がない。

「・・・ごめん、夏美、一回だけだから。」

俺は夏美に心の中で謝って先生に逢いに行った。

一週間後の日曜日、俺はどきどきしながら待ち合わせの場所へ向かった。

夏美と逢う時は、いつも朝早く待ち合わせをするのに今日は夜。

この辺が子供と大人の違いか・・・。

張り切って5分も早く待ち合わせ場所に着いた俺よりも先生のほうが先に来ていた。

食事をしながら、先生:「実習の報告書早く仕上げなきゃならないんだよねえ」

俺:「へええ、大変ですねえ・・・。」

などというぎこちないトークが続き、ついには間がもたなくなった。

その時・・・先生:「この後・・・どうする?」

「・・・」

「ホテル・・・行っちゃおうか。」

先生はいたずらっぽく笑った。

その笑顔に俺は思わず2回うなずいた。

うなずいたあとで後悔した。

「ひー、大丈夫か俺?大丈夫か夏美?」

二人並んでホテル街を歩いて、どこだか分からないホテルに入った。

部屋に入るなり、先生と俺は長いキスをした。

口紅がどろっと舌にのしかかった。

「シャワー浴びてくるね。」と、先生は一人でシャワーに入っていったが、何のことはない。

部屋に入ってみると、ガラス張りになっていてシャワーが外から丸見えだ。

面白くなって、ニヤニヤにしていると、先生は「松本君も一緒に入るう?入ろうよ。」

ほう・・・そりゃあアバンチュールだ。

服を脱ごうとしたが、早くも勃起していて、ジーンズを脱ぐのに手間取った。

「やだ・・・もうそんなになってんの?えいっ!!」

先生は僕のいきり立ったポコチンに冷水シャワーを浴びせかけた。

「うわ、冷てえっ!ひでえなオイ」

しかし、これで俺の緊張が解けたのは確かなようだ。

俺は先生をガラスが割れそうになるほど壁に激しく押し付け乳を吸った。

「夏美の方がでかいな」とも思ったが、まあおっぱいには変わりない。

先生は「ああっ」

と声を出して、俺のチ○ポをいじくっている。

俺は舌で乳首を弄びつつ、指を先生の中に入れた。

「ううっ!もっと・・・動かしてえ」

と先生はなおも激しく俺のチ○ポをしごいた。

こうなったらもう止まらん。

このまま風呂の中で一発やってしまおう。

そう思って先生をそのまま床に導こうとした。

しかし、ここで先生らしい一言。

「ねえ・・・着けてよ」

そういやコンドームを着けてなかった。

俺は拍子抜けしてしまい、口の中に溜まった水をベッと吐き出した。

シャワーから出た後も、俺の息子は爆発寸前状態。

コンドームを着けるのも忘れて、「先生え~、これなんとかしてくれよお」

とおどけて言うと、先生はちょっと俺のチ○ポをいじった後、口の中に頬張った。

これが俺の初フェラ体験だった。

うわ、なんだこりゃ。

むちゃくちゃ気持ちいいじゃねえかっ!!「が・・・ああ・・・」

たまらず声を出すと、先生はふふっと顔で笑って、さらに激しく頭を動かした。

俺の理性はもうふっとんでしまい、すぐそこにある先生のマ○コを食ってしまおうかとも思った。

もう味も何も分からず、一心不乱にお互いの生殖器を舐めあう。

地球がハイスピードで回転したのかと思うほど激しい衝撃に見舞われた。

気が付くと先生の顔からは俺の精液がぼたぼたと落ちていた。

「凄かったねえ・・・」

と言って、先生は俺にキスをした。

正直自分のザーメンを自分でなめるのはあまりいい気分じゃなかった。

「ねえ・・・もう一回。今度はちゃんとやろ?」

先生はなかなかスケベな女の人だったらしい。

その後、俺が回復するまで二人はベッドに座ってテレビを見ていた。

その間も先生は始終俺の体をいじる。

「あっ、おっきくなってきたねえ。」と先生は嬉しそうに言った。

そしてわざわざ俺のチ○ポにゴムを嵌めて、再び俺にキスをした。

舌と舌とを絡ませていくうちに次第に俺もやる気になって、先生の首筋に舌を這わせる。

「松本君・・・来て・・・」

そう先生が消え入りそうな声で言ったのを俺ははっきりと聴いた。

ゆっくりと、俺のチ○ポを先生の中に入れた。

驚くほどするりと入る。

「あっ!松本君・・・んんっ!!」

先生は俺の背中を夢中で引っかいたが、俺は大して痛みも感じずに、がむしゃらに腰を振った。

腹筋が攣りそうになるかと思うくらい激しく振ったら、先生はもう言葉も出せずに「あっああああああああああああああああ」と壊れた機械のようになりいき果てていた。