先日池袋のとあるホールの前の広場で暇そうにしている女子高生が3人いたので思いきって声をかけました。十○字の制服です。ここは結構かしこい学校で、みんなおとなしめの子達でした。1人はなっち似でとても明るくてかわいい子です。後の2人はいたって普通の子ですがそのうち1人はちょっとブーでした。

最初はナンパだと思ってたようですが、自分が露出趣味であること、是非見て欲しいことを真面目に伝えました。いつもなら、からかわれて最後は立ち去られてしまうのですが、この時は違いました。驚いたことになっち似の子が一番ノリがよく、嫌がる他の2人を説得してくれました。

自分も真剣に再度お願いしたらしぶしぶ見てもらえることとなりました。ブーの子が一番嫌がってました。おまえはおまけなんだよと思いながら、広場のベンチの方へ向かいました。

まだ3時頃で明るかったのですが、広々として人も少なかったので自分はベンチに座り、正面と左右に囲むように立ってもらいました。正面はなっち似の子です。

自分はもうドキドキです。彼女達をみると、心なしかほおを赤くし自分の方を見ています。じっくり楽しもうと直ぐにはPをださず、ズボンの上からさすります。3人とも視線は股間と自分の手を凝視しているのを確認して、おもむろにチャックを下ろしPを出しました。

出す瞬間の彼女たちの表情を見逃さないよう私は彼女たち(というよりなっち似の子)をじっと見ながらです。半勃起状態でしたので、ピョコンと彼女達の前にPが露出されました。なっち似の子の表情は最高でした。はっとした顔をし手を口元にやりました。目はぱっと見開き、大きいひとみには自分のPが移っているのが見えるくらいです。

なっち似の子はしばらくそのびっくりした表情のまま固まってました。ちょっとPをさすってから、Pの部位の説明をしてあげました。

意識して真面目にまるで、学校の授業のようにここは○○といい××の役目をしますといったように続けていると、真面目に説明していたのが良かったのか、だんだん彼女達も落ち着いてきたらしく、驚きが好奇心に変わってきました。

相変わらず先頭はなっち似の子です。明るく屈託のない感じの子でしたので、好奇心いっぱいの目をして、いろいろと聞いてきました。「なんで、どうして」と繰り返す子供のようです。

「どこが気持ちがいいんですか」「そんなにこすって痛くないんですか」「そんな大きいのがあって普段邪魔じゃないんですか」次から次へ聞いてきます。

一つ一つ真面目に答えながら、彼女達にもいろいろ聞きました。まだ1年生であること、3人とも彼氏がいないこと、当然経験はなく初めて大人のPを見たこと、バトミントン部で今日はたまたま練習が休みだったこと等々。

きゃっきゃきゃっきゃいいながら答えてくれます。その間も、自分はPをこすり続け、彼女達も視線だけはPから離れません。

完全勃起状態になっていた時「どれくらい硬くなるんですか」となっち似に聞かれ、ダメ元と思い、「じゃぁ確かめてみますか?」といってみました。「えーっ」としばらく3人はお互い見合わせてましたが、やはりここでなっち似が「いいですか?」と言いながら手を伸ばしてきました。

ちいさなかわいい手がの先がPの真中をちょんとさわりました。「やだっ」と恥ずかしさをかくすように、笑いながら直ぐに手を引いてしまいました。

「硬い、硬い!」と他の2人に一生懸命うったえるように言い、「○○も触ってみなよ」と誘い、一人が恐る恐る触ってきました。その子もちょっと触っただけで手を引いてしましたが、「ほんとだ〜、かた〜い」と言い出しました。

自分としては何とかしてもっとなっち似に触って欲しかったので、「そんなんじゃはっきりわからないですよ。よかったら握ってみてもいいですよ」とさりげなく言ったら案の定なっち似が、好奇心いっぱいの目でまた手を伸ばしてきました。

今度は握るつもりで手を伸ばしてきたので、少し身をかがめ丁度Pを真上から見るような形になりました。なっち似の子の顔が見づらくなったのでちょっと残念でしたが、こんなかわいい子に間近に自分のPを見られていると感じたら思った以上に興奮しましたが冷静を装い、なっち似の子に握ってもらいました。

こわごわですので、親指と人差し指でつまむように握りました。今度は彼女も直ぐに離したりせず握ったまま「うわっ。なんかプラスチックでも入ってるみたいよ。すごいわ・・・。なんでこんなに・・・」と言いながら、ちらっと僕の方を見ました。顔はもう真っ赤で、目は少し潤んでるように見えました。

彼女のそんなかわいらしい顔を見た瞬間、Pは爆発寸前になりましたがぐっとこらえ、「さっき教えた先っぽの亀頭も握ってみてください」と言ったらコクンと小さくうなづき何も言わず握りなおしました。

華奢なかわいい手が今度は、一番感じるところを握り、僕もビクンと電気が走ったように、体が反応してしまいました。彼女の手と自分の亀頭とのなんとも言えない違和感に少しばかり我を忘れ、ぼーっとPを見つめてしまい、はっと気づき彼女を見ると、じーっと僕のことを見ています。目が合うとか細い声で「あの〜・・。・・・気持ちがいいんですか?」と聞いてきました。

このまま死んでもいいと思うくらい気持ち良かったのですが、淡々と「えーとても気持ちが良いですよ。おかげで、もういきそうです。」と言ったら、「・・・えっ・・いきそうって・・その〜・・・」

「いやあの、もう出そうですってことです。そろそろ出したいのですが」と彼女に言い返事を待たずに「もう少し下の方の亀頭と陰径の間あたりを握って、上下に2、3センチほど繰り返し動かしてください」最初にPの名称について講義済みでしたので彼女もわかるはずです。

いてもたってもいられないくらいピークにきてましたが、口調は変えずにいたって冷静に話しました。無言で彼女は握った手を上下に動かし始めました。始めてのことなので、2秒に1往復くらいのゆっくりした動きでしたので、彼女の手に自分の手をあてがい一気に出してしまいたい気持ちになりましたが、彼女のぎこちなく動かすかわいい手とグロテスクなPだけの風景に自分の手が加わるのは嫌だなと思い、手は出しませんでした。

3人とも黙ったままPとなっち似の手を見つめています。Pを握っているなっち似の子はのどが乾くらしく、何度も生唾を飲み込んでいます。

あーこの状態が永遠に続いて欲しいと思いましたが、もう我慢できなくなってきました。「気持ちいいです。もういきます。手は出てからもしばらく、動かしたままでいてくださいね。」と指示し彼女にかかってははいけないと思い、Pの10センチほど上に自分の手を差し出し、精液を受け止めれるようにしました。

彼女の顔は上気したまま口が半開きになり、少し興奮した様子で、握っているPと僕の顔を交互に見ています。「女の子も男のPをPを見たり触ったりすると女の子も興奮するんだなぁ」と思いながら「あっ、うっ・・・ん・・・」と声をだしながら精液も飛ばしました。

その瞬間彼女は「わっ、ふ、やっ・・」と言葉にならない声でびっくりしてましたが、精液が出ている数秒間、じっとPを見つめています。

さすがに手の動きは止めてしまいましたが、握ったままです。最後のどろどろは彼女の手に流れ落ちゆっくりと手の甲を伝わっていきます。

いった後も5秒間ほどお互い無言の状態で、彼女をみるとPを握ったまま、ぼーっと固まっているようです。「ありがとう、気持ち良かったです」と声を掛けると、我に返ったように、はっと手を離しました。

「あ・つ・い。これが・・・」と言いながら嫌がるわけでもなくどろどろの精液のついた手を見てましたが、徐々に冷静になってきたらしく、「なんか本当に硬い棒みたいだけど、先っぽは柔らかいの」「動かしてると段々もっと硬くなってあれが出るときはピクピクってしてからピクーピクーって感じだった。私初めて見たあんなに出ると思ってなかったしびっくり。

それからね、それからね、出たあとはシューってしぼんでいくのがわかった。すっごい変、おもしろい」と「ねえねえどうだった?どんな感じなの?」と聞く他の2人の質問に答え、3人してなっち似の子の手についた精液としぼんだPを観察してました。

その後、「いくときってどんな感じなの?」「なんでそんなに、小さいのから、さっきみたいに大きくなるの」等々、またいろいろしばらく質問をされましたが、今まで経験したことない快感に私自身が疲れてしまい、適当に答え、今度は、あと4人いるバトミントン部の1年生の子を連れてきてくれるようお願いし携帯番号を交換し別れました。しばらくは楽しめそうです。