実は浮気しちゃいました。この前、妻とちょっとした喧嘩をして、原因がエッチ関係だったので『そんなこと言うなら他の女とする』『したら?』っていう会話がきっかけでした。ばかでしょ。相手は会社の女の子です。会社の忘年会の後、みんなで10人弱で二次会へ。

さんざん騒いで2次会が終わったのがAM1時。どうしようかと歩いていると裕子と二人になりました。28歳の頭のいい女です。『もう一軒どう?』と誘うと『奥さんに怒られますよ』と。

喧嘩のこともあり、ちょっとヤキモチでもやかせてやろうという気持ちから『奥さんは今日は遅いってわかってるから大丈夫だよ』というと、すんなりついてきます。近くの暗いショットバーへ入ると隅のソファーのような席にが空いていたので、そこに隣り合わせて座りの飲み始めました。

『裕子ちゃんも彼氏に怒られない?』と聞くと笑っています。いるのか?いないのか?と思っていると、酔っていたのでしょう、彼氏の話をしはじめました。彼氏はなんと他の部の男です。知らなかった!!そいつは一次会はいたけど二次会は・・いなかったなぁと思いつつ、おやじキャラ炸裂。

『そうか、裕子ちゃんはあいつとエッチしてるのかあ』というと、嫌がるどころか『えーやらしー』と笑っています。腰に手をまわして指を動かしました。

全く拒否なし。もう片方の手で足を撫でても拒否なし。手を腰から頭に移動し、撫でていると『奥さんに怒れらるよ~』と。甘い逃げだ。『裕子は彼氏に怒られる?』と聞くと『言わないし』と笑っています。

 キスしようとすると目をつぶったので軽くキス。すると『しちゃった』とちょっとはずかしそうに笑うので、スカートに手を入れてアソコを撫で撫ですると少し足を開いて『ハムさんがこんなことするとは思わなかった』と。。『えーそうか?酒飲んで好みの子がいたらしたくなるでしょ』と、ちょっとわれながらくさい!

 お互いに目の前の酒がなくなり『どうする?』と聞くので『もう一杯飲んで帰ろう』というと素直に『うん。』スカートから手を出し、店員を呼び、もう一杯づつ注文。来た酒も飲み干しました。グラスに残った氷を口に含み、彼女にキス。氷を彼女の口に移しました。彼女はちょっとたれた水を指で拭き、軽く笑いました。

 店を出ると彼女から手をつないできます。俺は彼女の手を握りかえし、そのままホテルの入り口へ。彼女は全く拒否せずついてきました。部屋に入り、彼女を座らせてスカートに手を入れながらキス。彼女は夢中で舌を絡ませてきます。彼女を寝かせ一枚づつ丁寧に服を脱がせ、裸にし、クリを撫でると、大洪水でクリも濡れて硬くなっています。

 彼女の入り口からクリを撫でながら、胸を愛撫すると“あぁあぁ”と声を出しながら腰が動きます。しばらく愛撫して、クンニへ移動しようとすると『お風呂できれいにしてからでいい?』と聞いてきます。俺は無視して足を開き、クリを舐めました。裕子は『あぁぁ、お願い、だめ。。あぁ』と喘ぎながら離れようとします。

 急いで自分も裸になり、裕子を抱き起こして指で中をかき回しながらお風呂へ。シャワーを一緒に浴びた後、風呂に湯をためながら、彼女を後ろから指で愛撫します。裕子は壁に手をついて、素直に指を受け入れ軽くいったのか座り込んでしまいました。

俺は裕子を風呂のへりに座らせ、足を開いてシャワーで洗いながらクリを刺激します。裕子が俺の肩をつかみ感じているようです。シャワーを離し、顔をうずめ舌で愛撫。

 裕子は俺の頭をなで、その内押さえはじめました。そして、小さな声で何かいいます。裕子の隣に座り、指でクリを愛撫しながら『何?』と聞くと『ううん。。』と言いながらモノを撫で始めました。『欲しい?』と聞くとうなずきます。でも、そこは風呂場です。『生だよ。いいの?』と聞くと『中だしはできないけど』と!彼氏とはいつもそうなのかもしれませんね。

 裕子を立たせ壁に手をつかせて、いきなり後ろから挿入しました。クリを撫でながら挿入すると、かなりきもちいいらしく、自分でも腰をふります。

 一旦離れ、風呂のへりに座り座位の体勢で突き上げました。裕子は自分から舌を絡め、喘ぎながら腰を振ります。イキそうになったので、再び立ちバックに戻り、座りそうになる彼女を抱えて一気にいきました。勿論、外だしですが。

 風呂がたまっていたので、二人で入り、彼女の入り口を愛撫しながらゆっくりつかりました。しばらくすると裕子が体勢を変え、俺にへりに座るように言い、下をむいているモノを口に含みしゃぶります。感動するほどではないものの、結構上手で、すぐに回復しました。二人で風呂を出て、ベッドへ移り、シックスナイン、正上位、座位、バックと今度はゴムをつけてゆっくり激しくやりました。

 そのまま眠ってしまい、目がさめたら8時です。会社は休みですが。これはやばい!横を見たら裸で眠る裕子がいます。そして、元気なモノ・・バタバタ帰るのもあれだし、彼女を仰向けにし、舐めはじめました。裕子はすぐに目が覚めたようですが、舌と指の攻撃を受け入れています。自分から足を開いてきたので、顔をうずめてクンニ。裕子はかなりクンニが好きなようで思いっきり足を開いています。

 指で転がしながら舌で舐め、あふれてきた愛液で音を立てながら撫でます。クリをわざとはずして舐めていると、腰を動かしてクリを舌にもってきます。音をたてながら指を入れ、舌で舐めていると小さな声で『いぁいぃ』と言いながらいってしまいました。


 少しぐったりしている彼女を抱きしめてから、彼女を足を持ち上げ正上位で挿入。彼女はしがみついてきて、すぐに自分から座位になりました。バックにうつり、クリを撫でながら突くとすぐにぐったりしてしまい『ごめんね、足に力がはいらない』と!座位に戻り、突き上げているとしがみついてきて、いってしまいました。

 つながったまま裕子を寝かせ、ゆっくり動くと裕子はまた反応し始めます。激しく動くと頭を振りながら足を腰に絡めてきます。足を開いて持ち上げいっきに突き、俺もいきました。彼女から離れて入り口をクリをやさしく愛撫していると、彼女のお尻まで流れて濡れていることに気がつきました。

 とてもかわいく思って抱きしめていると『帰らなくって大丈夫?』と『この時間になったら何時でも一緒でしょ』というと、『一緒じゃない』と怒られました。ノロノロと起き、ノロノロ準備し、彼女にキスしながら彼女の着替えを邪魔し、一旦着た下着を下ろしてクンニし、別れを惜しんでしまいました。帰りに手をつないで駅まで歩いていると、無口になる裕子。どうしたのかと思っていたら

『今日のこと、内緒にしてください』と。後悔してたのかぁぁぁ!!『こっちがお願いすることでしょ、それは。後悔した?』と聞くと『後悔じゃないけど・・・』と。まあ、彼氏にばれたら終わりだからか。そのまま別れてから、俺は現実モードです。時間は9時を過ぎていました。帰ると、当然、不機嫌の最高潮の妻がいました。


『飲みすぎたから会社に戻って宿直室にとまった』というと『ピンクのネオンがいっぱいの宿直室でしょ、どうせ』と返されてしまいました。ばれてるだろうけど、白状しちゃいかん!妻を抱きしめ愛撫しようとすると『石鹸の匂いがするけど』と逃げられてしまいました。

 その夜は一緒に風呂に入り、時間をかけて愛撫しました。じっくりときほぐすように。それでも、機嫌は直りませんでした。翌日の夜、ようやく仲直り。どうせさせてはもらえないだろうとベッドに寝転がっていると、妻の方から乗ってきて『宿直室の彼女とはどんなことしたの?』といじめられながらセックスしましたが。朝帰りはいかんですな・・イヤ浮気がか・・

 週明け、裕子とは『夢だったのか?』というくらい普通でした。年末の飲み会でも、裕子は俺には近づきませんでした。でも、もう一回したい!と思っているだめな奴です。