呼び出されて身代わりに…

一週間前のことです。私は、いつもみんなからハブられてる朋美と仲良くしてます。朋美のケータイから電話来て出たらクラスの男でした。

「今、朋美といるから来ないか?」

「何で朋美がかけてこないの?」

「来たら分かるから来いよ!!」みたいなやり取りだったと思います。

学校の用事で遅くなったので、家に帰らず真っ直ぐ待ち合わせのカラオケに行きました。そこにはクラスの男と他行の男2人と女1人と朋美がいました。

私は嫌な予感がしました。朋美は他行の男2人に挟まれるように座ってて「朋美どうしたの?帰ろ?」て言うと朋美は「ごめんね。迷惑かけて」私は朋美の手を引き立たせようとしました。

おもっきり引っ張って立ち上がらせました。その時、朋美のスカートがサラッと床に落ちた。朋美は目を合わせず顔を背けました。


「あんたたち朋美に何したのよ?」「ハブられてる女だから遊んでやったんだ」「朋美に手を出さないでよ!!」「じゃオマエが身代わりになれや!!」と‥。

「何で私が身代わりなのよ?ふざけないで!!」と言うと他行の男2人が朋美のブラウスに手を掛け「引き裂くけど‥いいの?」私は黙ってると上のボタンをひとつパチンと弾き飛ばしました。

「止めなって!!」と言うと‥もうひとつパチンとちぎって、朋美のブラが見えだした。私は「朋美に手を出さない条件は何?」って言いました。

そいつらは私の足元から舐めるように見上げながら「スカートを捲れ」言われた通り少し捲ると「全部だ」 腰まで捲り上げて「もういいでしょ!!」と言うと朋美の後ろの男が朋美のブラウスを引き裂くように開きました。

私は覚悟を決めて「次はなに?」と言うと‥他行の女が寄って来てスカートの中に手を入れパンツを下げられ取られました。そしてゆっくりスカートを捲り上げられて恥ずかしい毛までも見せられました。屈辱感と恥ずかしさと入り乱れました。

女が後ろから私のマンコを触って「まじ濡れてるじゃん!!」 その言葉を否定する時間もないまま指を入れられました。

「ぅっ‥うぅ‥」「声出したら脱がすから!!」と言われて必死に耐えてました。男と違ってツボを1回で当てられ制服のまま立たされながら女に指責めされてました。

私はもう限界で「ダメ‥お願い‥止めて」と声にならない声で頼みました。そのとき1番感じるツボを指に捉えられ‥「ぁあ‥ン ゃやぁ‥め ぁ‥ん で でちゃ‥ぅ‥ぃぃ」と。立たされながらオシッコさせられたのです。