その夜、ダンナが早めに帰れそうだと電話してきたので、息子たちをお風呂に入れてくれる約束をしていました。

ですが、8時になっても戻ってきません。

携帯に電話してみると、同僚と一緒に飲みに行ってしまったとのこと。

息子たちはもうすぐ4歳になるのですが、まだ一人で洗うことができないので結構大変です。

しかも双子なので、倍の時間が掛かります。

久しぶりに一人でゆっくりお湯に疲れると思っていたのに・・・。

子供たちはいつも9時過ぎには寝かしつけるようにしていたので、急いでお風呂に入れることにしました。

毎晩のことですが、お風呂の中で暴れまわる息子たちを宥めすかしながら、頭や身体を順番に洗っていくのは疲れます。

やっとのことでお風呂をあがり、湯冷めさせないようにと、自分の身体は簡単に拭いただけで、まず子供たちにパジャマを着せようとしていました。

二人とも拭き終えて、暴れる二人にパンツを履かせようとしていると、リビングからダンナの子供たちを呼ぶ声が聞こえました。

いつの間にか帰ってきていたみたいです。

ダンナが帰ってこれないことを確認してからすぐお風呂に入ったので、30〜40分しかたっていないはずです。

帰れないというから私がお風呂に入れたのにと、正直イラッきました。

「お父さんだっ!!」二人とも、裸のままうれしそうにリビングへ走っていってしまいました。

最近急に寒くなってきたので、風邪でも引いたら大変です。

しかたなしに私は何も身に着けないまま、子供の着替えだけを持って子供たちを追いかけてリビングに入りました。

息子が真っ裸のまま、ダンナに抱きついてはしゃいでいます。

「ちょっと、風邪引くでしょっ。あんたも笑ってないで着させるの手伝ってよっ!!」

そう言って子供たちの前で跪き、パンツを履かせようとするとダンナが、「おいおい、そんなかっこでそんなカッコでみっともないだろ」と口にしました。

したかないでしょっ、と言い掛けてダンナの後ろに目を向けると、信じられないことに、私の知らない男性が二人もこちらを見つめていました。

少し驚いた表情を見せながら、ソファーに腰掛けています。

一瞬、履かせようとしたパンツを両手で開いた状態のまま固まってしまいました。

何でこんなところにスーツ姿のサラリーマンが???思わずダンナの顔を見上げると、スケベそうな顔でニヤニヤしています。

そこで我に返りました。

そう、私は今、何も身に着けていません。

全裸です。

見ず知らずの男性の前に、裸で登場してしまいました。

「きゃっ!!!」膝を付いた姿勢のまま、思わず胸を両手で隠しました。

ソファーの二人を見ると、少し困ったような、でも喜んでいるような、複雑な表情をしています。

あわてて立ち上がり、首から掛けていたバスタオルを身体に巻きつけました。

「会社の後輩の○○と○○だ。すぐ近くで飲んでたから、ちょっとうちに誘ったんだ」

ダンナがそう紹介すると、気まずそうに二人そろって頭を下げてきました。

私もつられて、「いつもお世話になってます」と挨拶してしまいましたが、すぐにそんな場合じゃないことを思い出し、裸のままダンナにじゃれている息子たちを連れて洗面所に引っ込もうとしたのですが、言うことを聞いてくれません。

いつまでもこんなバスタオル一枚の格好でいるわけにはいきません。

しかも私は割りと背が高いほうなので、かがんだりすると巻きつけたバスタオルの裾からお尻がはみ出てしまいそうです。

無理やり引っ張っていこうとしていると、「もういいじゃん。ここで着せちゃえよ」などとダンナが言い出しました。

顔を見ると案の定、ニヤニヤしながら私のことを見ています。

その後ろで、後輩の二人も相変わらず私のことを見つめています。

ネクタイを締めた男性たちの前で、なぜ私だけこんなはずかしい格好をしているのでしょう。

この異常な状況に、だんだん興奮してきているのが自分でもわかりました。