俺がまだ20代の頃の話。当時、俺は地方の会社に勤めていた。

その会社の社長は30代前半のキャリアウーマンで、自衛隊にいた事のある男勝りな人だった。

今でも朝のランニングなどのトレーニングは欠かさない為、筋肉質だけど、グラマーで美人だった。

その日、俺は取引先からのクレームで朝から駆けずり回り、全て終わったのが夜の9時を回った頃だった。

疲れて会社に戻ると、社長が待っていた。社長はクレームの事が気になって待っていたらしい。

今日は取引先に頭を下げ、より詳しく説明できた事を報告すると、社長は安心したように笑ってくれました。

「今日は遅くなったから、送ってあげる」

「ありがとうございます」

報告書を書き終えた時、すでに終電がなくなっていたので、遠慮なく誘いに乗りました。車中では、社長からいろいろと質問されました。

「まさひと君は彼女は?」

「ここんとこいません・・・」

「ふぅん・・・」

「どうかしました?」

「・・・ちょっと、付き合って」

社長は俺の返事も聞かず、俺の家とは逆の方向に走り出した。そして、川沿いのラブホテルに車を入れた。

部屋に入ると、突然社長が抱きつき、キスされた。何が何だか分からなくなった俺は、夢中になって舌を絡めた。

シャワーも浴びずにベッドに押し倒すように寝かせた俺は、スーツとブラを剥ぎ取り、社長の引き締まった体に舌を滑らせた。

おっぱいは小さいけど、感度はバッチリ。アソコは水をこぼしたようにびっしょりと濡れていた。

いきり立ったチ○ポを突っ込むと、社長の喘ぎ声が大きくなった。無我夢中で腰を振り、大量に射精した。

社長は俺が入社した時から気になっていて、こうなる事を予想していたらしい。

その後、俺と社長は恋人同士になった。今では、俺の奥さんになり、二人で会社を切り盛りしています。