高三の夏休み。親がいない日が一日あって、夜に一人で出かけたら、初めてナンパされた。

断ったけど、「茶店でジュースだけ」って事で。

飲んだけど、暇だったから歩きながら話した。

ホテル街の横の公園でキスされて・・・
(処女だったし彼氏いた事なかったから、ディープなキスにビックリした)ホテルへ。

初めてだって話したら、キスと愛撫にたっぷり時間かけてくれて、体の力が抜けてきた。

パンティの上からも、優しくしてくれて、初めてなのに濡れてきた。

大きくなってる彼の○○を、お腹や股間に押し付けてきて「初めてで嫌なら、これだけでもいいよ」

「十分気持ちいいし、こんなセックスがあってもいいかもね」と。

私は、初めてで怖かったけど、彼としよう、と思った。

「うん…でも、してもいいよ」 彼は微笑んで

「いいの?ちゃんと外に出すから大丈夫だよ。じゃあ、脱がすね」とパンティを脱いだ。

「足に力入れないで、広げてみて」

「恥ずかしいよぅ」 部屋の明かりが薄暗くついていたので、恥ずかしかった。

彼の○○も見えた。

初めて見た男の人の○○、こんな大きいのが入るの?って不安だったけど、彼に任せようと力を抜いた。

「ゆっくり入れるからね」

「…うん」初めて入ってくる感触は、何だか窮屈?痛くはない。

彼の体がフィットして暖かく、本当に優しく抱いてくれた。

ゆっくりゆっくり動いていく。

私の中が少しづつ熱くなっていく。

息も自然と荒くなってきて、彼が「痛くない?いいよ、声出してごらん」

「…うん…あぁ…」段々強く動く彼の腰に手を回したら、すごい腰の動き。

強く、時に優しく、回したり突いたり… 私は初めてなのに、ちゃんと感じてきた。

しっかり濡れてきてしまって、彼が「気持ちよくなってきたでしょ?」

「…うん、感じるって、こんな感じなのかな…」

奥まで突かれて、たまらなくなった時に、彼が「お風呂、入らない?」と言ってきた。

私は、彼に全てを教えてもらいたくて、「うん、入る」と。

二人でシャワーを浴びた。

体を洗いっこした。

彼の大きな○○も、優しく手で包んで洗ってみた。

彼が「口に入れてみない?」と言った。

「どうやるのか、わかんないよ」と答えると、彼は私の左手の二本の指をくわえた。

「この指が俺の○○ね。君の口の中でこうやってみて」と、フェラを教えてくれた。

「やってみて」と、口にくわえてみた。

大きくて硬くて、口いっぱいになったけど、習ったようにやってみた。

下で後ろの筋をベロベロ、唇で優しくキス。

彼は「そうそう、上手いよ」と気持ちよさそうな顔をしていた。

その後、彼に抱き上げられてベッドに戻った。

彼は、広げた足の間に顔を埋めてきて、私を舐めてきた。

「はぅ…」思わず声が出た。

彼の○○が欲しくなって「もう一度…入れて」と言う、と「欲しいの?自分の手で入れてごらん」私は、彼の○○を持ち、自分の中に入れてみた。

彼の手が、私の手を止めて「入っていくの、触っててごらん」ピストンする時も、私は自分の中に入っているのを確認していた。

すごかった。

入ってる!動いてる!すごく感じた。

「気持ちよかったら、おもいっきり声を出してみて。

恥ずかしくないからね」「あぁ…気持ちいい…あぁ!」段々声も大きくなってきて、もう体が溶けてしまいそう。

力が抜けそうか感覚に「何だか…」と言うと、彼が「いくって言うんだよ。

最後にいくんだ。

もっと我慢してね」私はたまらず、シーツを掴んで我慢した。

彼が「俺の背中に手を回して」彼に抱きついたまま我慢した。

激しく動く彼。

彼も声が出てる。

「一緒にいくよ…あぁ…いくよ」「…うん」彼は私のお腹の上に、沢山出した。

ドクドクと出てきた。

「すごく良かったよ。

ありがとう」「私も…初めてがあなたで良かった。

ありがとう」もう外は朝になってた。

彼とはナンパでこうなったから、もう会う事もないんだなぁ、と寂しかった。

でも彼が「また会える?いろんな事教えてあげたいんだ」私は素直に嬉しかった。

「うん、また…したいよ…」 この日は、二人でバスで帰り、三日後にまた会う事にした・・・