先週土曜日に出会い系で知りあった。

フリーターで今は仕事してないし、家出て友達のアパートに同居中だと話していた。

彼氏は大学生4年で来年の就職は決まっていると喜んでいた。

でも俺からみると彼女は遊ばれてる感じでした。

セックスは週一で、中だしはしてないと言う。

俺はゴム嫌いだから生入れの条件で定期援交をサイドに書いた。

それに彼女が返信くれた。(彼女=Aとしておこう)

今夜は友達も仕事で夜遅くなるから時間はあるからドライブもしたいと、話したので前戯と思い湖のある高原へと1時間かけてドライブ。

散策中は手を握ったり、抱っこしたりとなるべく肌を合わせる機会を取った。

俺の運転中も彼女から、俺の腿を触ったりとかなり軟弱な気持ちになってきた。

約3時間のドライブも終わりに。

昼食はラーメン食べたいと言うんで、人気店に入った。

腹一杯になった所で小綺麗なラブホを選んでイン!スレンダーな身体は好みでムスコはギンギンになるばかり。

思わずキスしてBカップ位の乳房を揉むと「お風呂に行ってからにしましょう」と俺の手を掴んで誘った。

身体を洗い湯船に浸かる。

後ろから乳房を揉んで背中・首筋にキスをして抱いた。

ベッドに戻り、裸で抱き合いながら、体制を逆になりAはチンチンを舐めフェラ、俺はクリ・ビラビラを舐め吸って、膣穴に舌を入れたり指入れで掻き回したりした。

グチョグチョになった所で、オチンチンを挿入した。

やはり若い膣中は狭いし気持ちいい事この上無し。

「突いて突いて突きまくり絶頂を迎え半分位中に後は腹上に精子を出した。

中に出されたのをAは知らない。

Aはベタベタになってるマンコを拭きながら「中に出した?凄く出てくるみたい」「君の愛液だろ」と誤魔化した。

「彼氏にも中だしはさせてないから。生理近いし大丈夫かな?」

「Aちゃんもう1回したい」

「いいよ」とチンチンをしゃぶり始めた。

俺はAのマンコをぐりぐりこねくり回し指を高速ピストンで逝かせてあげた。

いきり立ったチンチンを思い切り膣奥に刺して、腰を振って、今度は残り汁を子宮口に排出した。

「あらあまた出したの?できちゃったら頼むね」Aは何かぶつぶつ言いながら、マンコから流れでる精子汁を拭いていた。

湯船に連れて行き、マンコの中に指を入れ、気休めに洗ってあげた。

久しぶりの若い肉体を楽しんだ気持ちは、明日もまた求めてサイドをあさりつっけている。

アドレスしか知らないAは、どうして俺を探すのか、番号を聞くこともなかった。