ゴールデンウイークもあっという間に過ぎてしまいました。大学に入学してから、全然SEXしてないんです。

でもそんなことが気にならないくらい、知らない土地での一人暮らしは、大変で慣れるまでは何かとバタバタしていたんです。ちょうど5月のゴールデンウイークに実家に帰ってなんだかほっとしていると、高校のラクビー部後援会会長の大久保さんから携帯に電話があったんです。

大久保さんとは、高校時代に関係を持っていた42歳の男性です。「大学生活は慣れた?こっちに帰って来てるの?もしよかったら、久しぶりに会わない?」大久保さんの目的はわかっていましたので、すぐに私はあそこがジュンと熱くなって会う約束をしました。親には、高校の同級生と久しぶりに会うから「今夜は帰れないかも」と言って家を出ました。

待ち合わせの場所に行くと、大久保さんのベンツが止まっていたので、私はすぐに彼の車に乗り込みました。その場でいきなり、口づけをされ…「向こうでも勉強もせずにSEXばっかりしてたんじゃないの?」「そんな!!まだしてません。私そんな軽い女じゃないです!」「ごめん!ごめん!」まだお昼過ぎの明るい日差しの中、車は以前利用していたラブホテルへ吸い込まれました。

部屋に入ると、彼にTシャツ、スカート、ブラ、パンティと脱がされ、全裸の体をじっくりと眺められました。早く可愛がって欲しい…早く触って欲しい…早く入れて、感じさせて欲しい…でも、彼は熱い視線を送るだけ…足を広げさせられ、大事なところを熱視され、あそこから熱いものが湧いてくるのが自分でもわかりました。


私はもう耐え切れなくなって「触って!お願い!早く愛して!」「相変わらず魅力的なカラダやね!大きな胸、ピンク色の乳輪、ツンッと上を向いた乳首、むっちりとしたお尻、恥骨の辺りのふくらみ、そして…いつもしっとり濡れているワレメちゃん!!本当にいやらしいカラダや!」そう言って、やっと私を抱きしめ、口づけされ、首筋から乳房・・乳首を吸われ、下でころころとたっぷり刺激されたあと、大久保さんは私の顔をゆっくりと彼の男根へと導きます。

久しぶりの男性自身、むしゃぶりつきました。彼のものもあっという間に、亀頭の大きな熱棒になり、唸っているんです。「やっぱり、君の体はすばらしいよ」場所はベッドに移り、彼の熱い肉棒が、私の中へと沈み込み「あぁ・もうだめ・いっちゃう」何度も何度も、声が出て、そのたびに彼にしがみつき、快感の波が私の体の中を駆け巡っちゃうんです。

なんだか大学に帰りたくない…このままここでこうして快楽の中にいたいと思いました。ベッドの中で大久保さんがおいしそうにタバコを吸っているのを横で眺めていると、大久保さんが「ちょっと会ってもらいたい子がいるんだけど」「えっ・どう言うことですか?」「うーんとね、ラクビー部のキャプテンなんだけど、どうもスランプで・動きが硬いんだよ」「それで、久美ちゃんにちょっと彼の相手をしてもらい、スランプの壁を打ち破ってもらいたいんだよ」

「その子、童貞だし、よろしく頼むよ。御礼はするから…」大久保さんと一緒にラブホテルを出て7時過ぎ、高校の校門の前に車を止めていると校門から出てきた大きな高校生が近づいてきます。えっ、この子。ひょっとして、うちの近所の子じゃないかな?その高校生、後ろのシートに乗り、車は別のラブホテルへと入りました。


「じゃあ、明日の朝、迎えに来るから」と大久保さんは帰って行ったんです。これから、どうしよう?「名前は?」「丸山康彦です」「ひょっとして、南中学校出身?」「そうです、中学のころから平野先輩のことが好きで、憧れていたんです。大久保さんに聞いたら、知り合いだと聞いて…今の僕に力になってください」「え~、どうしたらいいの?」「僕を男にしてください」なんて単刀直入!

今までオジサンとばかり経験して、同じ年代の子と関係がないんです。つまり男性にリードしてもらってのSEXしか経験なかったけど、今回初めて私が好きなように丸山君の若い体を味わってみようかなって思って…「じゃ、お風呂に入ってきて…汗かいているでしょ?」彼がジャージを脱いで全裸の後姿を見ると…すごい、さすが現役のスポーツマン、年下だけど…オトコを感じさせるんです。


すぐに私も裸になり、バスルームに入ると、彼びっくりして慌てて大事なところを隠すんです。私、そんなのお構いなく、「体洗ってあげるよ」と言って、彼の体を無理やり洗い始めました。彼のあそこはもうピンピン…素手で彼のあそこを握り、洗ってあげると…いきなり彼のあそこが暴れ出し、爆発しちゃったんです。

今度は、私の体も彼に洗ってもらったんです。彼のあそこまたピンピンに…私のあそこはもう濡れ濡れ。バスルームから出て体を拭きもせずベットに直行し、騎上位でゆっくり挿入…硬くて気持ちいいんです。でもちょっと動かすと…彼「あっ」と叫ぶと…私の中で暴発しちゃったんです。

どうしよう…生理前だから大丈夫だと思うんだけど、抜かずにそのまま丸山君の上でピストン運動…感じる。今度は、彼に上になってもらって、思いっきり彼に突かれちゃったんです。さすがに3度目は丸山君頑張ったので私もいっちゃいました。それから、何度も何度、朝まで何回したのかしら?


これで丸山君がスランプから抜け出し、全国大会に行ってくれたら、私も頑張ったかいがあるんだけど…数日後、女の子の印があって、妊娠の心配はなくなりました。次からは若いことするときは、避妊に気を付けなくちゃと思いました。