うちの高校は進学校だったんだけどバスケ部だけは強かった。

俺の代は県2位で俺はプレーは地味だが根性を買われてキャプテンだった。

そしてうちの高校から300mの所に女子高があった。

ここは高校でバスケやってた人なら名前言えばわかるような高校。

全国でも準優勝になった事あるし、県内では女子に敵はいなかった。

あまりに強くて練習試合の相手がいなくて時々、うちに来て15点ゲームを何本かやったりしてた。

女子とはいえ、3点シュートがめちゃくちゃ入るので何本かは負けたこともあった。

で当然、高校生同士だから仲良くなっていく。

向こうは女子高でしかも練習ばっかりで出会いがないから当然だった。

しばらくしてうちのガードとエースがそれぞれ付き合いだした。

向こうの高校は部活は強いけど頭はそれほどでもなく地元ではビッチが多いことで有名だった。

案の定、すぐにヤったらしく部室内でいつもそんな話題で盛り上がってた。

ある日、ガードから飯でも食おうとファミレスに呼び出された。

珍しいなと思って行ってみるとガードの彼女ともう一人、バスケ部の子がいる。

向こうのバスケ部は強豪校だけあって正直、かわいい子はあまりいないがこの子は別格だった。

今でいうと皆藤愛子みたいな感じでうちのバスケ部の中でもダントツの一番だった。

「O、この子が話があるんだってさ、じゃあ俺らは行くからな」

「ごゆっくり〜」

ガードと彼女はニヤニヤしながら出て行った。

本編とあまり関係ないので少しはしょるが愛子(仮名)が俺に惚れてくれたらしく折れもそのとき、彼女はいなかったので付き合うことになった。

愛子はほんとにまじめで明るいいい子だった。

バスケは強豪校のスタメンに入るほどではないがとにかくよく頑張る明るくていい子だった。

聞くと今まで小学校からバスケ一本で男と付き合うのも初めてらしい。

俺も話せば話すほど愛子が好きになっていった。

俺は顔は人並みだが強いバスケ部のキャプテンというのもあってそれなりに経験はあった。

一年の秋に童貞捨ててから当時(二年の冬)までに4人とやった事があった。

好奇心旺盛な高校生なのでいろんなプレイもやってきて学校でもよくやった。

愛子はまじめな子なので大事にしていたが付き合って二ヶ月のクリスマスに俺の家で処女を奪った。

胸はBくらいだがカラダはよく締まっていた。

それからは会えばやるというお決まりのコース。

最初は恥ずかしそうにしてた愛子もだんだんいい声を出すようになり積極的になっていった。

3年になってバスケも最後のインターハイの予選が迫ってきて練習もハードになってきたがそれでも時間を縫いながら会っていた。

俺は受験もあるのでさすがに時間をかけることが難しく公園のトイレでやったりデパートのトイレでやることも多くなっていった。

愛子の高校は予選で負けることはまずないがその先のインターハイをにらんでうちとの練習試合の回数も増えていった。

4月のある土曜日、その日も練習試合をしてくたくたに疲れてみんな帰っていった。

ガードとエースもそれぞれに彼女と帰っていった。

俺はシュート練習して帰るからといって顧問から体育館のカギを預かって残っていた。

愛子はさすがに人目につくところにはいれないので女子の更衣室に隠れて残っておくように言っておいた。

俺は顧問の車が駐車場から出て行くのを待ってから女子更衣室に向かった。

「も〜、遅いよ〜」

愛子はちょっとふてくされていたがすぐにキスすると笑顔になった。

「さっきまでバスケしてた体育館でするのってなんか、ドキドキするね…」

か、かわいい!思わずぎゅっと抱きしめて今度は濃厚に舌を絡め合った。

俺はすぐにユニフォームの下に手を入れて愛子のかわいいおっぱいをまさぐった。

実は愛子には練習試合で着たユニフォームのまま隠れておくように言っておいた。

前からユニフォームのままで一度、ハメてみたかったから。

お互いに汗びっしょりで愛子はちょっと匂いは気にしていたが俺はかまわず耳、首筋、脇腹、乳首と彼女の弱いところを責めていく。

周りを気にして声は抑えているが愛子の息遣いは激しくなっていった。

「ねえ…、本当に…誰も来ないんだよね…」

「大丈夫だって、俺たちだけだよ」

土曜日の夕方なので学校にはもう誰も残っていない。

まして少し離れている体育館にはまず誰も来ない。

そう言ったものの彼女はやっぱり声を抑えている。

それを見ているとだんだん俺のSな部分が出てきて荒々しく愛子を責めていった。

もう既に愛子は洪水状態になっている。

わざとピチャピチャ、音を立てながら愛子のまんこをなめてやった。

ピンクで小ぶりなきれいなまんこで指一本が精一杯だ。

誰もいない静かな体育館にぴちゃぴちゃと卑猥な音が響いて俺はますます興奮していった。

俺はもう我慢できなくなってまず正常位でハメた。

愛子は左手で口を覆って必死に声をこらえている。

しばらく正常位で突いていたが俺はドアの脇にある全身鏡に気が付いた。

俺はちんぽを抜いて鏡の前に愛子を連れて行った。

「え、え、どうしたの?」

突然のことに驚いた愛子は鏡の前に連れて行かれてもまだ俺の意図はわかっていない。

俺は鏡の前に座ると愛子を鏡のほうを向かせて上に座らせた。

よくわからんが背面座位というのかな。

「え、え、やだ、ちょっと…、恥ずかしいよ…あんっ、あんっ」

愛子は顔を真っ赤にして鏡から目を背けている。

「ほら、ちゃんと入ってる所、見ないとだめだろ」

俺は左手で体重を支えながら右手で愛子の顔を鏡のほうに向かせた。

「ほら、ちゃんと見てごらん」

「やだ…恥ずかしいよぉ…」

愛子は真っ赤になりながらも鏡を見ている。

鏡には卑猥な音を立てながら愛子のまんこに俺のちんこが出たり入ったりしているのがはっきりと映っていた。

俺はしばらく言葉攻めを楽しみながら夢中になっていたし、愛子も興奮して夢中になっていた。

そのときだった。ガラガラガラ…。

ゆっくり更衣室のドアが開いた。

俺も愛子も目が点になり思わず腰を振るのを止めた。

「キャッ」

入り口には愛子の後輩の一年生の女の子がびっくりして突っ立っている。

あまりの衝撃に動けずに立ち尽くしている。

俺はとりあえず先生でなくてよかったと安心し、その子にかまわず腰を振り出した。

「ちょ、ちょ、だめ、やめてよ」

愛子が抗議するが俺はさらに激しく後輩の子に見せ付けるように腰を振る。

「あ、Tちゃん、これは違うの…あの…」

愛子はしどろもどろになっている。Tちゃんはまだ動けないでいた。

俺が「Tちゃんって言うんだ、ちょっとこっちに来なよ。

腰を振りながらTちゃんに話しかけると放心状態のTちゃんは言われるがままに近づいてきた。

「Tちゃんはえっちってした事ある?」

俺はさらに腰を激しく振りながら聞く。

Tちゃんは弱弱しく首を横に振った。

「じゃあ、見たことは?」

これにも首を横に振った。

まだ衝撃のあまり、言葉が出てこないらしい。

まあ、当然だろう。

この前まで中学生だったかわいらしい子がいきなりどぎついセックスを見せられてるのだから。

その間、愛子はうつむきながら恥ずかしさと快感の間にいた。

Tちゃんの顔と結合部は1mも離れていない。

「じゃあ、せっかくだからよく見ていってごらんよ」

俺はさらに結合部が見えやすいように少し体勢を変えた。

さらに愛子が一番弱いクリを指で刺激しながら激しく突き上げた。

「あ、あ、やだっ、だめぇぇっっっ」

愛子が思わず喘ぎ声を漏らし始めた。

「あっ、あっ、イクっ、イクっ、イクーーーっ」

愛子は背中を大きくのけぞらせてビクンビクンしながらイッた。

俺はまだだったので正常位になってTちゃんに見せながら愛子のおなかの上に出した。

しばらく俺と愛子の激しい息遣いだけが聞こえていた。

ふと我に返ったTちゃんは「す、すみませんでした!」と頭を下げて。

忘れ物らしいシューズケースをつかんで更衣室から飛び出していった。

二人とも疲れきっていたのでしばらく休んでから帰った。

後で愛子から聞いたところによると その後、すぐに愛子はTちゃんに電話して口止めしたらしい。

強豪校だけあって上下関係はものすごく厳しいのでTちゃんが他の人に漏らすようなことはなかった。

それから俺は最後のインターハイ予選も決勝で負け、愛子のチームは順当に予選を突破、インターハイはベスト8までいった。

俺は受験で忙しくなり、愛子とはだんだん疎遠になり自然消滅。

俺はそれ以来、地元を離れたので愛子とは会ってないが今は結婚してもう子供もいるらしい。

高校時代の思い出はバスケの事しか残ってないが一番強烈に残っているのは更衣室でのこのセックスだった。