僕がMに目覚める切欠になった恋愛体験について書かせてもらえたらと思っています。



 



二十代半ばの頃に、三つ年下の女の子と交際していました。



僕の胸までしかない小さな背丈で、細身の体つきをしていた彼女。









化粧気の無い童顔に、ボーイッシュな短い猫毛の黒髪が良く似合いました。



ですが、そんな幼い見た目とは裏腹に胸だけは大きく発育していて、男をいけない気持ちにさせるタイプの魅力的なロリっ子。



もっとも、そんな彼女と僕との性関係は、普通の恋人同士としてはかなり変わったものだったと思うのです。



 



元はと言えば、まだ処女だった彼女が、初めてのセックスを酷く痛がってしまったところから話しは始まりました。



そして射精できずにどうにもならなかった僕は、結局は彼女に手でいかせてもらうことになったのですが…。



恥ずかしい話ですが、僕自身そのとき初めて体験した女の子の手の気持ち良さに、すっかりはまり込んでしまったのです。



以来、僕はセックスもそこそこに彼女の手ばかり要求するようになってしまいましたが、意外にも彼女はそれを全く嫌がりませんでした。



実は彼女も手でするのが好きになってしまっていたのです。



そしてある日、なんど彼女の方から手だけでしたいと提案してきました。



セックスは痛いだけからしたくないけれど、手で良ければ一日中でもしてあげたいと。



僕が気持ち良さそうに声を上げて、耐え切れずに射精してしまう姿を見ていると、堪らない気持ちになるのだと彼女は言いました。



さらには僕が泣いてやめてくれと言い出すまでいかせ続けてみたいとまで、童顔に小悪魔な笑みを浮かべて告白してきたのです。



以来、僕はセックスすることも忘れ、彼女の指先に身を委ねる日々を繰り返すようになっていきました。



 



お互いの家が近かったこともあり、僕たちは殆ど毎日のように逢っていました。



仕事帰りに駅前で落ち合い、僕が暮らすワンルームマンションまで肩を並べて歩いていきます。



部屋に入ると靴を脱ぐのもそこそこに、玄関先で僕は彼女の小さな体を抱きしめてキスを交わしました。



そして早速彼女の細い腕を取って、ズボンの上から握らせます。



「もうガッチガチやん♪」



彼女は楽しそうに言って、感触を確かめるようにゆっくり指先を動かしてきました。



「昨日だって三回いかせてあげたのにぃ。ホンマ、勃起させすぎやでぇ…」



責めるように言いながらも、うっとりとした表情で、股間をいじり続けてくる彼女。



「しょうがないでしょ、たっちゃうんだから…」



言い訳がましく説明せざるを得ない僕。



 



正直、僕はいつの間にか彼女の姿を見るだけで、いつも勃起してしまうようになっていました。



何故なら、僕を気持ち良くしてくれる彼女の手は常に剥き出しで、いつも露出され続けているのですから。



会って彼女の手を見た途端に欲情してしまう自分を、僕はどうすることもできませんでした。



実際に今日だって駅前で会ったときからずっと勃起しっぱなしで、歩きながらペニスが下着に擦り合わされ続けていたのです。



マンションに辿り着いて二人きりになった時点で、もう我慢できるはずがありませんでした。



 



そんなことを考えていると、不意に、「うっわぁ、もう染みが浮いてきとるやん♪」



彼女が嬉しそうに言いました。



見ると彼女が手を置いた股間の膨らみの先端が、早くも濡れてしまっています。



「やらし~♪」



そういって彼女は握ったままの手を上下させ始めました。



布地越しに刺激されるその気持ち良さに、思わずボーっとしてしまいます。



「ホンマ、好っきやなぁ♪」



そんな僕の表情を見上げながら彼女が言ってきました。



「じ、自分だって好きでしょ…」



思わず言い返すと、「好きやで~♪男の人が私みたいにちっちゃい女の子の手ひとつで、簡単に呻いてもうて、最後は我慢し切れんと震えながら精子ぴゅっぴゅ出してまうんやもん。めっちゃ楽しいわぁ♪」



そう言いながら、握った手の動きを速め始める彼女。



 



「あ…んっ、だ、だめ…いっちゃうよ…」



僕がそう言うと、「ええやん、ズボンの中で出してみようやぁ。パンツん中で精子まみれでグチョグチョになったチンポ、見てみたいもぉん♪」と、さらに動きを速めてしまうのです。



「ちょ…っ!だ、だめだって!」



本当にいきそうになってしまい、僕は慌てて彼女の手を抑え付けるしかありませんでした。



「なんやぁ、つまらぁん…」



不平を言いながらも、握ったままの指先でいじり続ける彼女。



 



「あ、あ…」



彼女にいかせるつもりが無くても、いじられればそれだけでどうにも感じてしまいます。



そんな僕を、下から見上げてじっと観察してくる彼女。



僕は抱きしめたままの彼女を見下ろして、視線を交わしながら、「た、頼むから、中は出すのはやめて…」と言いました。





すると、突然ぷっと吹き出してしまう彼女。



「中で出すのやめて!なんてぇ、ホンマ女の子みた~い♪」



思わぬところを指摘してきます。



そして気も済んだのか、笑いながら慣れた手つきでズボンを脱がしてくれました。



 



彼女が下着を引きおろすと、重力に反して勃起したペニスがブルンと飛び出します。



「うっわぁ、もぉビンッビンやなぁ♪相変わらず、めっちゃ元気なチンポやわぁ…」



嬉しそうに言って、彼女は僕の勃起ペニスを、小さな右手で絡め取りました。



そう、本当に彼女は小さな手をしていました。



僕の勃起したペニスの周囲を回りきらない程の、短くて細い指をしていたのです。



彼女に握らせると、自分のペニスがまるで、ものすごい巨根のように見えてしまいます。



そんな本当にちっちゃな手の、僕の胸までしか背丈の無い小さな女の子に、興奮しきった男根を握らせているという事実。



この光景を眺めているだけでも、僕は本当に興奮しました。



 



そしてそのせいか、握られただけなのに、僕はペニスの先端から液体を滲み出してしまいます。



もちろん、それを見逃すはずも無い彼女。



「ホンマに、よう濡らすなぁ…」



ため息混じりに言って、握ったままの手の中から親指だけを垂直に立てました。



そしてその親指で、敏感な濡れた亀頭の先端を撫で回し始めたのです。



「う…」



この痺れるような快感にはどうにもならず、ニヤニヤ僕を見つめる彼女の小さな体を抱きしめることしかできません。



というより、しがみ付いているというのが正しい表現なのかもしれませんが…。



とにかくも、亀頭いじりを続けてくる彼女に対して僕は呻くことしかできず、しばらくの間されるがままでした。



 



そんなことが五分も過ぎた頃。



「なあ…膝、ガクガク震えとんでぇ♪」



堪らなく艶のある声で彼女が言ってきました。



言われてみると確かに、亀頭を感じさせられ過ぎた僕は、いつの間にか膝がブルブルと震えてしまっていました。



小さな手の親指一つで、ここまでされてしまったことを彼女に先に気づかれてしまうなんて、かなり恥ずかしい状況でした。



「も、もう、ベッドに行こ…」



立っているのも辛くなってきてそう言いましたが、しゃべって初めて息も絶え絶えになってしまっている自分に気づき、益々恥ずかしさがこみ上げて来ます。



 



ところがそんな僕の状況をわかっているくせに、彼女はもっとひどいことをしてきました。



なんと、僕の勃起ペニスの雁首をギュッと握り締めて、そのまま引っ張ってベッドに向かって歩き始めてしまったのです。



「あ、ああんっ!」



女の子にチンポを掴んで引き回されてしまうというこの有り得ない状況に、僕は思わず声を上げてしまいました。



「あははっ、信じられぇん!、チンポ引っ張られて感じとるぅ♪」



彼女は高笑いして、手でペニスを引っ張り続けながらも、ギュウギュウと圧迫を繰り返してきます。



「ああ、ああっ!」



余りの恥ずかしさと気持ち良さに、僕は完全に腰砕けの状態でした。



 



「ベッドまで我慢できるんかなぁ?それとも我慢し切れんと、ビュッビュッて出してまうんかなぁ♪」



彼女は言葉で僕を刺激し、指先を動かして体も刺激しながら、本当に楽しそうに笑っていました。



つまらない男のプライドかもしれませんが、この余りにSM的な行為で放出してしまうことだけは避けなければいけないと思った僕。



彼女の小さい手でペニスを誘導されながら、堪らず射精してしまいそうになる自分を抑えるのに必死でした。



玄関先からベッドまでのわずかな距離が永遠に感じられた時間だったのです。