私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。
9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。
窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。私は周りの目を気にしながら恐る恐る乗り込みました。
「昨日のことが忘れられなくてさぁ」
村上君は運転席から私の顔を覗き込むように言いました。
「えっ?・・わ・・忘れられないって・・そんなこと・・」
私は緊張で口の中がカラカラになり、上手く喋ることができませんでした。
村上君はそんなことを気にせずに車を出しました。私は窓からの景色をぼんやりと見ながら、いったいどこに連れて行かれるのか?行き先を案じるしかありませんでした。
出発してから1時間ほど走ったところで広い国道から脇道にそれると、そこはラブホテル以外何もないような場所でした。
「さて・・どこにする?お母さんの好きなところでいいぜ」「えっ!?・・私の好きなって・・そんな・・わかりません・・・」
「わかんねえ?じゃぁ俺が選んでやるよ」「待ってください・・私はそんなつもりで来たんじゃ・・」
「はぁ?じゃぁどんなつもりで来たんだよ。あんただってセックスしたくて来たんだろう?」「そ・・そんな・・ち・・違います!」
「へへへ、そんなに恥ずかしがることねえだろう、あ、ここ良さそうじゃん・・」
村上君は嬉しそうに言うと、西洋のお城のような形の妙に豪華なホテルに車を入れました。
ホテルに入ると、誰もいない薄暗いフロントにある色々なお部屋の写真が付いている大きなパネルの前に連れて行かれました。
村上君は私の肩を抱き寄せながら「早い時間だから良い部屋が全部空いてるじゃん・・どこでも好きな部屋を選べよ」と言います。
「そんな・・私・・こんなところ・・」「いいから選べよ・・その部屋であんたは俺に抱かれるんだから・・」
「・・・」
私は仕方なく、最上階のすごく豪華なお部屋を選びましたが、別にそのお部屋が良かったわけではなく、ただ何となく選んだだけだったんです。
でも村上君は私をからかうように、
「お母さんもやっぱり女だね。どうせやるならきれいなお部屋でお姫様みたいに抱かれたいってか?」
「そんなっ!・・そんな言い方はやめてください・・」「冗談だよ、そんな怒るなって」
村上君はニヤニヤしながら体を密着させて私をエレベータに引き入れました。
狭いエレベータの中で、村上君は私を抱きしめるようにしながら耳の辺りに唇を這わしたり胸やお尻を触ったりしてきました。1階から6階まで行くわずか数十秒間が凄く長く感じるほどしつこく触られると、何だか体がぞくぞくしてしまい、驚いたことに自分でも判るくらいアソコが濡れてきてしまいました。
エレベーターを降りて私を先にお部屋に入れ、ドアに鍵を掛けると、村上君が背後から抱き締めてきました。そしてお部屋の玄関でまだ靴も脱がないうちから私のスカートの中に手を入れて股間を触り始めました。
「嫌・・待って・・」
私は濡れているのを知られたくなくて村上君の手を抑えようとしましたが、強引にパンティーの中に手を入れてアソコを触ってきました。
「ほらほら・・何もしてないのにもうビショビショじゃないか」「嫌・・言わないで・・」
すぐにシャワーを浴びようと思っていたのに、まさか部屋に入っていきなりこんな風にされるなんて考えてもいませんでした。
お部屋に入ると、村上君はすぐの私を押し倒そうとしましたが、シャワーを浴びさせて欲しいとお願いすると「シャワーか・・案外可愛いこと言うじゃん。時間はたっぷりあるから良いよ」と言って離してくれました。
ところが私がシャワーを浴びていると村上君も入ってきて、私が使っていたスポンジを取り上げました。そして自分の手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、それを私の体に塗りこむような感じで洗い始めました。
「嫌っ!・・恥ずかしいから止めてください・・」
私は懇願しましたが「良いじゃねえか」そう言って私の乳房や下半身にシャンプーの付いた手を滑らせました。
そして「今日はここも綺麗にしておこうか・・」そう言って私のお尻の穴に指を入れるようにしました。
私は初めてのことだったので心臓が止まるくらい驚きました。
「そ・・そんなところ・・絶対に嫌です・・」「心配すなって、ここに入れようなんて考えてねえよ」
「で・・でも・・」「良いから言うこと聞けよ」
そう言って私の体中を洗いました。
私が浴室から出ようとすると村上君が「俺の体も綺麗に洗ってくれよ」と言って呼び止めるので、私がスポンジを取ろうとすると「そんなの使わないで体を使うんだよ」と言います。
私が村上君の言うことがどういうことなのか理解できずにいると、浴室の壁に立掛けてあったベッドくらいの大きさのマットを床に倒すように敷いて、そこに熱いお湯をかけたあとにローションを撒きました。
村上君はその上に仰向けになると、私に向かって「体中にボディシャンプーとローションを塗りたくって俺の体の上を這いまわれ」と言い出しました。
「えっ!・・そ・・そんなこと・・できません・・」「できませんじゃねえよ、やるんだよ」
まるで恫喝するように言う村上君が怖くて、仕方なく言う通りにしてみました。
「やりゃあできるじゃねえか、お母さんはソープで働けるぜ。熟女専門店ていうのがあるらしいからな」「ソ・・ソープだなんて・・そんな酷いこと言わないで・・」
「今度はアソコに石鹸たっぷりつけて、陰毛で俺の体をこすれ」「!・・・」
私は村上君のあまりの言葉に返す言葉もありませんでしたが、逆らうことが出来ずに言われた通りのことをしました。
村上君はとても上機嫌でした。それはそうでしょう、お風呂で私にあんなに恥ずかしいことをたくさんさせたんですから、不機嫌なわけがありません。よくわかりませんが、村上君の言う通りにソープ嬢の真似までさせられて、私はもう完璧に壊れてしまいました。
お風呂から出てベッドに行くと、村上君が私に向かって言いました。
「昨日は俺が感じさせたやったんだから、今日はお母さんが俺を楽しませる番だぜ」「私の番って・・いったい何をしろって言うんですか?・・」
すると・・・。
「人間の口って言うのは物を食うだけのためじゃなくて人を喜ばせるためにも使えるんだよ。その唇と舌を使って俺を満足させろ。お母さんだって旦那にはしてやってるんだろう?」と命令調で言いました。
そして・・・。
「旦那にする時よりも、もっとたっぷり時間をかけて中年女らしく厭らしくやるんだぞ」と言って、仰向けに寝転びました。
私はもう逆らうことなど出来なくなっていましたが、始める前に村上君にお願いをしました。
先ずは村上君に『お母さん』と呼ばれることがたまらなく屈辱的なので、何でも良いから他の呼び方で読んで欲しいと言うこと。二つ目は、私と関係を続けるつもりなんだろうから、娘の真奈美とは別れて欲しいと言うことです。そして真奈美の名前は口にしないで欲しいことも付け加えました。
そして三つ目は、ちゃんと避妊して欲しいということです。私だってまだまだ「女」、生理もあるし子供が産める体ですから、間違って村上君の子供を妊娠してしまったら大変です。
村上君は私の話を聞いて、「お母さんが嫌なら『奈津子』と名前で呼んでやる」と言いました。20才も年下の男の子に呼び捨てにされることは屈辱ですが、『お母さん』よりは気が楽なのでそう呼んでもらうことにしました。
しかし、真奈美のことについては・・・。
「それは奈津子次第だな」
避妊は「大丈夫だよ、真奈美や他の女とだってナマでやってるけど一度も妊娠させり病気をもらったりしたことは無いから」と言って、明確な返事はくれませんでした。
それでも私が「避妊だけはちゃんとしてくれなければ嫌だ」と言うと・・・。
「そんなに心配ならピルでも飲んだら良いじゃないか」
そしてイライラしたような声で「ウダウダ言ってないで早くやってくれよ」と私に催促しました。
私は村上君が望む通りのことをしました。主人とも交わした事のないような、激しく濃密なディープキスを私の方から村上君に何度もしました。
村上君の体中に舌と唇を這わして舐めたりキスしたりもしました。
「そこをもっとしろ」と言われればその通りにしました。
名前を呼び捨てにされて命令されるがままに村上君の体中を愛撫しました。私も知らず知らずのうちに激しく興奮してしまい、私が一方的に愛撫していると言うのにアソコからお汁が滴るほど溢れ出してきました。
こんなことは初めてでしたが、溢れ出したお汁が太腿の内側に垂れてくるくらい濡れていました。
「シックスナインしようぜ。奈津子も舐めて欲しいんだろう?」
私はその言葉に一瞬凍りつきました。それは、まだ何もされていないのにお汁が滴るほど濡れているところを見られてしまうのがたまらなく恥ずかしかったからです。でも村上君は待ってくれません。
「何してるんだよ、早く舐めさせろよ」
私は村上君のペニスをお口に含んだまま彼の顔の上を跨ぐような姿勢をとりました。
「あれっ!?何にもしないうちから汁が溢れてるじゃん」
案の定、村上君は私のアソコを見ると大きな声で言いました。そして厭らしい音を立てながら舐めたり吸い付いたりし始めました。
「あぁぁ・・・」
それは待ち焦がれていた瞬間だったのかもしれません。私は下から込み上げて来るような快感に負けてしまい、淫らな声を上げながら村上君に身を任せました。
村上君に舌と唇でクリトリスを責められたり、指で中を掻き回されたりしているうちに、彼に対する愛撫を続けることができなくなってしまいました。すると村上君は私の下から体を抜いて私の後に回りました。
そして四つん這いになった私のお尻の肉を左右に広げると、お尻の穴を舌先で穿るように舐め始めたんです。
「ひやっぁぁっ!」
それは生まれて始めて感じるもの凄い刺激。まるで背筋に電流が走るような快感に、私は全身を震わせながら大きな声を出してしまいました。
村上君は私の腰をガッチリ掴みながらお尻の穴を執拗に舐め続けました。舌先が中まで入ってくるたびに、私は体を仰け反らして喘ぎ声を上げてしまいました。
「はぅっ!あぁぁっ・・・」
私のお尻を散々責めた後、村上君はそのままの体勢で後から挿入してきました。両手で腰をがっちりと押さえながら、私のお尻に腰を思い切り打ちつけるように、硬くて大きなペニスを激しく突き入れて来ました。
私はすぐに、そして何度も昇り詰めては落ちていくような感覚に陥りました。あまりに激しすぎて意識が飛びそうになった時でした。村上君が一瞬ですが動きを止めました。
私もその隙に一息つこうと体から力を抜いたとき、村上君の指がお尻の穴に入ってきたんです。
「ひぃぃっ!」
私は奇声にも似た声を上げて、体を硬直させてしまいました。その直後、村上君はゆっくりと腰を動かし始めました。そしてペニスと逆のタイミングでお尻に入れた指も動かし始めたんです。
私のお腹の奥で薄い粘膜の壁越しにペニスと指が擦れ合う、それが凄く良いんです。まるで雷に打たれたような刺激、目の前に星が飛ぶのが見える。私は何もかも忘れて激しい快感に溺れました。そして狂ったように歓喜の声を上げながら自分から腰を動かしていました。
私は完全に狂ってしまい、その後、村上君が私の中で果ててペニスと指を抜かれるまでの間のことを何も覚えていません。
お部屋の中は少し暑く感じるくらいだったのに、私は体の震えが止まらないほどの絶頂感の中に居たまま、呆然としていました。
「奈津子、ここは初めてだったのか?」
村上君が私のお尻の穴を指で弄りながら聞きました。
「ああぁっ!・・は・・初めて・・」
私は少し触られただけでも声が出てしまうほど敏感になっていました。
「良かっただろう?」「うん・・こんなの初めて・・」
私は正直に言ってしまうほど村上君に対して従順になってしまいました。
ホテルには夕方までいましたが、お互いの体をたっぷり時間をかけながら愛撫し合い、挿入はこの後一度だけでしたが、村上君は私の体中の性感帯を探り当てながら責め続けました。
その中には生まれてから今まで、自分でも全然知らないところがたくさんありました。最後に二人でゆっくりお風呂に入り、ホテルを出たのは6時頃でした。
二人は昼を食べることも忘れて厭らしいことをしていたのでお腹がペコペコでした。帰り道のにあったステーキハウスで夕食を食べました。
「真奈美はあと二晩帰ってこないんだろう?」「ええ・・そうだけど・・」
「じゃぁ今夜は奈津子のところに泊まってこう」と、村上君は私の都合も聞かずに勝手に決めてしまいました。
「あの・・車があると拙いから・・」「分かってるよ」
食事の後、村上君は駅の近くの駐車場に車を停めて家に来ました。
本当はこんなことを許してはいけないんですが、村上君に逆らうことができなくて泊ることを許してしまいました。村上君は家に来るなりとんでもないことを言い出しました。
「今夜は真奈美のベッドでやろうぜ」
私はそんなことは絶対に嫌だと言いましたが、村上君は私のことを無理やり真奈美の部屋に引っ張り込んでベッドに押し倒しました。
娘の彼氏だった男の人と、こともあろうにその娘の部屋でこんな事をしてしまうなんて・・・。私はもうあの子の母親を名乗る資格のない、ただの淫乱女に成り下がりました。
その夜、私は真奈美のベッドをアソコのお汁で汚してしまうほど激しく乱れました。真奈美のベッドだったからこそ異様に燃え上がってしまったのかもしれませんが、そんな私を村上君は容赦なく責め続けました。
事が終わり、眠りに付いた私を村上君は強引な愛撫で無理やり目覚めさせてはセックスする、それを一晩中繰り返しました。眠いのに眠らせてもらえず、その間中ずっと性的な刺激と快感に晒されると普通にセックスするよりも何倍も感じてしまい、その刺激と快感が体に刷り込まれていきました。
一晩中こんなことをしていたので二人が目覚めたのは朝10時を過ぎた頃でした。目覚めて気付いたんですが、この日の朝の真奈美のお部屋は村上君の精液の匂いや二人の体臭が漂っていて、なんだかとても淫らな淫靡な雰囲気でした。
村上君はベッドから出て服を着ると「今日は予定とかあるの?」と私に聞きました。
「いいえ・・なにもない・・」「じゃぁここにいようかな・・・良いか?」
「構わないけど・・村上君は大丈夫なの?」「奈津子と居たいんだよ」
“私と居たい”
男の人からそんなことを言われるのは随分久しぶりでした。私はいけないことだとは十分に分かっていても、その言葉が嬉しくて村上君の滞在を許してしまいました。
真奈美のお部屋をこのままにしておくわけにはいかないので、私は汚してしまったベッドを綺麗に直した後、お部屋に消臭スプレーを撒いたり空気を入れ替えて二人の情事の痕跡を完璧に消し去りました。
そして村上君の着ていた下着を洗ってアイロンで乾かしたり、短い午前中に一通りの家事を済ませると、午後からは家中のカーテンを閉め切って二人で淫らな行為に耽りました。
この朝、村上君からこの日1日は下着を着けないように言われたので、ノーブラとスカートの下には何も着けずにいました。村上君は一日中私のアソコや胸を触りっぱなし、それもただ触れている程度に触っている時もあれば、急に激しく愛撫し始めたり、手だけではなくお口を使って愛撫したりしました。私はその度にアソコからお汁を溢れさせながら淫らな声を上げて昇り詰めました。
お互い全裸になることもなくベッドでも無い場所で、普段と変わらないような会話を交わしながら突然スイッチが入ったように私の体を責め始める村上君。私もそれに応えるように、淫らな声を上げながら身を任せることを繰り返しました。村上君も私の乱れた姿を見てどんどんエスカレートしていき、挿入するということを繰り返しました。
前々日から何回も射精していたためか、この日の挿入は愛撫の続きのような感じで、勃起したペニスを挿入しても射精感までは行きませんでした。逆に言うと村上君は射精しないので一日中勃起しっぱなしの状態。それを私に愛撫させたり挿入したりして楽しんでいました。
不思議なものです。村上君にレイプされてから2日しか経っていないのに、その翌日だって無理やりホテルに連れて行かれて散々恥ずかしいことをさせられた相手だというのに、夜通し激しく抱かれてほんの少し優しくされただけで完全に落ちてしまいました。
それまでは受身だったのに、自分の方から唇を求めたり村上君が喜ぶことをするようになり、されるがままに身を任せていたのに、して欲しいことを私から村上君におねだりするようになっていきました。
我慢できなくなった時には自分から村上君のペニスに跨ったりしてしまうほど、自分の欲望に歯止めが効かなくなってしまい、ローテーブルの上に四つん這いになるように言われ、後ろからアソコを弄られたり舐められたりされた時は前日にホテルでされたことを思い出し、その刺激をまた味わいたくなって自分からお尻を突き出しておねだりしてしまうほど壊れてしまいました。