二年前の夏、村に帰省したチンピラが「母とエッチをした」という噂を流した。
『俺は又すぐ村を出るから、後腐れの無いエッチを楽しもうと女を誘った。女は恐ろしくイイ体をしていて、エッチも大好きだった。結局、丸一日汗と汁にまみれながらトイレ以外はずっと盛り続け、飯も盛りながら食べた。翌日村を出る時、もう一度女を呼び出し、車の中で2回エッチした。』
・・・という内容だった。 都会から嫁に来た母(体型が井上和香風)が、村で目立っていたからだと思っていた。
先日、盆前の清掃で母と丘の上にある墓周辺の草抜きをした帰り、一台の車が近づき、噂の男が降りて来た。僕はそのまま歩き、曲がり角の木の陰から隠れて見ていた。二人は挨拶や話をしていたけど、男が回りをキョロキョロした後、急に母の体を引き寄せキスしようとした。
母は「ちょとぉ~」と言いながら逃れようと体を捩った為、体が反転し、背後から男が抱きつく形になった。男は母の首筋に吸い付き、脇の下から手を伸ばし、オッパイを体が反り返るくらい激しくモミだした。それでも母は笑いながら「いや~ん、もぉ~」と身悶えしていた。
男の片手が下がり、母の正面からGパンの中に手を入れ、股間をまさぐり始めると、さすがに母がマジ切れし「いい加減にしてよぉ!」と怒鳴った。
男は体を離し、二、三言文句を言った後、股間に入れていた指の匂いを嗅ぎながら車へ帰って行った。息を詰めて覗いていた僕は、母が拒否した事の安堵感より、オッパイを揉まれながら笑っていた母を見て、二人が明らかにH関係だったと確信した。
あの噂は本当だった。噂に耐える母を応援していた僕がバカみたいだ!!