続き、また書きます。書きながら、なんだか思い出しちゃって・・・。
2回もイカされた後、わたしは暫く放心状態になりました。バスのエンジン音があるといっても、周りには大勢の乗客がいます。どうしても声をこらえられなかったので、毛布を口に強くあてて・・・なんだか、ぐったりしちゃいました。
ちょっと落ちついてから、恐る恐る彼の顔を見てみました。暗がりの中に、おぼろげに見えた顔は・・・コンビニで会った大学生の顔だったんです。 急に恥ずかしくなって、毛布に顔をうずめてしまいました。
しばらくそうしていると・・・今度は、彼がわたしの両脚を開いてきたんです。
「えっ・・・今度は何?」
予想外のことでした。割った両脚の間に、彼が入り込んできたのです。そして、太腿の内側にキスをしてきました。さっき2回もイってしまったわたしは、それでだけビクンとしちゃって・・・。身体が敏感になっているのが彼にバレバレです。
彼は、そのまま唇を太腿に這わせたまま、徐々に上に上がってきます。行き先はわかっています。さっき、さんざんいじられた・・・わたしのアソコです。どんどん唇が上がってきます。もう、彼の鼻先が、わたしの恥ずかしいアソコにくっつきそうです。
「あぁ・・・いやぁ・・エッチな匂いしちゃう・・・」
鼻先が、偶然かわざとか・・クリトリスにチョコンと当たりました。ビクビクビクッ・・・腰が震えました。わたしの身体、どうにかしちゃったのかな・・敏感すぎる・・・。
見ず知らずの人に、こんなことされて・・・普通なら必死に抵抗しますよね。でも、その時のわたしの頭の中には「期待」しかなかった。あんなに激しくイッタのって初めてだったし・・・。彼って、とても上手だったのです。
彼の舌が、わたしのクリトリスを襲ってくるのね・・・。わたしは、そう思いました。わたし、待ってました。しかし、彼のとった行動は、わたしの予想を超えていました。
毛布を握り締めているわたしの右手に、彼の手が伸びてきました。そして、彼の手に掴まれたわたしの右手は、わたしの身体の下の方へと導かれていきました。
「なに?・・・どうしようっていうの?」
腕が伸びきったところで・・・わたしの人差し指は、彼の口に包まれました。彼の口の中で、舌と指が絡まって、とても気持ちいい。変な想像をしてしまったのですが・・・きっと、男の人がフェラチオされてる時って、こんな感触なんだろうなぁ・・・。普段のわたしでは考えもつかないことです。指先から、これだけの快感を得たのは初めてです。何もかも初めてで・・・わたしは、もう彼の虜です。
指からの快感に酔いしれていた時に、ふいに指を口から抜かれて・・・また彼はわたしの右手をどこかに導こうとするのです。
指先がわたしの太腿の内側に触れました。自分の指なのに・・・ゾクゾクとする快感です。彼は、わたしの指をどんどん奥へを導いていきます。止まることなく奥へ・・・奥へ・・・
「うそぉ・・まさか、アソコに導いてるの?」
そうなんです。わたしの指先がショーツを捉えました。予想はしていたのですが、ショーツのクロッチの部分は妙に熱っぽく、そして、水をこぼしたようにビチョビチョでした。
彼、わたしの人差し指を、恥ずかしい溝にそって何回も往復させるのです。自分の指なんだけど・・・彼に動かされているからなのか、いつものオナニーの時とは全く違う感覚です。
指が、ショーツの間から内側に送られました。ショーツの股の部分は、粘っこくネチョネチョしてます。彼に導かれた指先は、わたしの最も敏感なクリトリスに向かいってます。
「うぅ・・・いやらしい・・・なによ、この濡れ方・・」
クリトリスに触れました。信じられないくらいにプックリ膨らんでいます。自分のクリちゃんが、こんなに固く大きくなるなんて・・・。
クリトリスを捉えた指先は、休むことなく動かされます。彼の指が、わたしの指の真上に乗っかって、クリトリスをもっと強く刺激させようとしています。
「あぁ・・・いやぁ・・」
また・・・声が出始めた。こうして、またイカされちゃうのね・・・。彼の誘導で、また幾度となくイカされちゃうの・・・。
彼の指先から伝わってくる指示は・・・中指も使えという指示でした。人差し指と中指を束ねて、2本の指でクリトリスを挟みこむようにして、クリクリと円運動が繰り返されます。また、大きな波が押し寄せてきました。
1度イってしまった身体は、ちょっとの刺激にも敏感に反応します。あまり激しくない円運動・・・でも、イクには十分の刺激でした。
「あぁ・・イキたい・・」
彼って、なんでもお見通しって感じで・・・。まるで「イってもいいよ」と言ってるかのような指の動きが始まりました。
「あっ、あっ・・・うぅぅ・・・あっ、あぁ・・」
もう間近です・・・。腰が自然を浮いてきちゃって・・・。もうそろそろ限界です。内股が軽く痙攣し始めました・・・。そろそろです。
「あっ、いやっ・・イキそうっ・・イキそうっ」
彼の誘導が、さらに加速しました。一瞬目を開けたら・・彼の顔がわたしのアソコの目の前にあって・・・じっとわたしのアソコを見詰めてるの。それを見ちゃったら、一気に感じちゃって・・・とうとう限界が来ました。
「イクッ!イクッ!・・・いやぁ~っ!・・・イクイクイクッ・・」
ところが・・・もうあと0.5秒っていうくらいのところで、彼の指が離れました。誘導してくれないのです。ホントにあと一息っていうところです。もう、悲しいやらじれったいやら・・・自分でもわけがわからなくなりました。その時、彼がぐいって近寄ってきて、こう言いました。
「あとは、自分でやってごらん・・見ててあげるからさ・・」
そう言って、またわたしの指を誘導し始めたのです。もう、その時のわたしは「イキたい」という衝動が押さえられなくて・・・。彼の誘導が外れてからも、一心不乱にアソコをかきむしりました。普段、オナニーするときには両手は使わないのですが、この時は、右手の2本指でクリトリスをつまんで、左手の2本指を穴に入れて・・・ぐちゃぐちゃに掻き回しました。
「うぅ・・・気持ちいいよぉ・・イッちゃいそう・・」
「イキな・・俺の目の前で、思い切りイキな・・・」
彼が、わたしの両脚をさらにぐいっと広げました。わたしも腰を思い切り浮かせて、彼の顔に押しつけるほどにアソコを突き出して、両手を激しく動かしました。恥ずかしいなんて気持ち、吹っ飛んじゃって・・・もう、イキたい一心です。腰が自然を痙攣し始めて・・ぐいっ!ぐいっ!っていう感じで快感の波が押し寄せてきました。そうちょっとです・・。いっそうクリトリスへの刺激を強くして、穴への挿入を深くして・・・。
「もうイクッ!・・イクッ!・・あぁっ!・・イクぅ~ッ!」
来たっ・・・ものすごく大きな波。
「あっ!あっ!・・・イクイクイクイクッ・・・イクぅーーーーーーッ!」
腰がガクンガクンと大きく痙攣して。わたしは、そのまま失神してしまいました。どのくらい失神していたのかなぁ。彼の舌から送られてくる刺激で、わたしは目を覚まし、また再び快感の中に戻されていったのです。