今年の春頃、スーパー銭湯へアカスリに行ったときのこと。
ベッドに横になり、オバチャンにアカスリされるオレ。
しかしアカスリが進むにつれ、オバチャンに変化が。 オバチャンは執拗に前から後ろからオレの下半身を攻めて、オレの敏感な棒を元気にさせた。するとオバチャンは周りで人が見ていないことを確認し、アカスリを中断してこれが欲しかったのとばかりに、オレの元気になった棒をしゃぶり始めた。
びっくりと気持ちいいが複雑に絡み合い、どうしていいか判らないオレ。
一方、オバチャンは笑みを浮かべ、構わず若いオレの棒をしゃぶりまくる。
やがて気持ちよくなったオレは、オバチャンの口内に白いものを出すことに。
オバチャンはオレが出した白いものを飲み干した後、耳元で「気持ちよかった?」と聞いてきた。
「うん」と頷くオレ。
別れ際、「じゃあ今度から指名して」とオバチャン。
それからのオレは、スーパー銭湯へアカスリに行く度にオバチャンを指名。
限れた時間の中、アカスリしてもらいながらオバチャンにフェラしてもらったり、オレもオバチャンのマンコに指マンしたりして楽しんでいる。