僕の彼女・里香の友達に裕子ちゃん(27歳)がいる。今は保育園の先生をしている。
身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。 彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。里香と僕はベッド(ローファーベッド)に、裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。
夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。
僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」「えっ、どうやって?」「ふふっ」
いきなり里香と僕のベッドの布団に手を入れてきてアソコを触り始めました。
「だめだよ。里香いるし・・・。」「しーっ!里香ちゃん向こう向いてるから・・・。こっち(の布団)来て。」
ローファーベッドなので高さがほとんどなく、1メーター以上離れているが高さ的には、真横に里香がいる感じ。僕も裕子ちゃんも私服のまま寝ているので、僕はジーンズを脱がされてフェラされてしまいました。
「まっくんの、おっきい・・・。期待しちゃうよ」「こんなことダメだよ・・・裕子ちゃん、あっ・・・」
チュボッ、チュボッと勢い良くフェラされて「音が大きいよ、里香が起きちゃうよ」「このほうが興奮するじゃん」里香にもしてもらったことのないような激しいフェラ・・・。お尻の穴をイジられながらのフェラは初めてで何回もイキそうになりました。
「裕子も気持ち良くしてー。」
自分からジーンズとパンティを脱いで四つん這いに。裕子ちゃんは普段まじめなのに自分から脱ぐなんて意外でした。彼女の里香はスレンダーでAカップ。対照的に裕子ちゃんはお尻がデカくてオッパイもCかDくらいありそうなカラダ・・・。正直ひとりHで何度も裕子ちゃんのカラダを想像して抜いていました。
目の前にその裕子ちゃんの巨尻がナマで見れるなんて・・・。色白なのでお尻は真っ白という印象。明かりは間接照明が点いているだけでしたが、窓から月明かりが明るく、裕子ちゃんの白いおしりと具もしっかり見えました。手で掴めないくらいの大きな柔らかいお尻にむしゃぶりつき、ビロビロを舐めまくりました。お風呂に2人とも入ってなかったので「女の香り」がすごくしました。四つん這いということで、丸見えになっていた肛門も舐めてあげました。
「まっくん、気持ちいいよ。すごぉい、お尻の穴までしてくれるなんて・・・。感じちゃうよ。イっちゃうよ。里香ちゃんよりして、激しくしてぇ。」
裕子ちゃんのポロシャツ・ブラを脱がして愛撫。オッパイも、とにかくデカい。ロケパイでいい形していて乳首の色もきれいな感じ(月明かりで見た感じでは)。裕子ちゃんは自分で乳首をコリコリしながら
「クリがワタシ感じるからして・・・。」
僕がクリの位置を確認してジュジュジュッと吸ったり嘗め回してやると、裕子ちゃんはロケパイを掴み自分で乳首をいじくりながら、カラダをのけ反らして「あぁっ、イっちゃうよ、仕事の事とか忘れさせてっ、すごいいいのっ、まっくん・・・っく・・んっ・・んぁ・・・」カラダをビクンッビクンさせて裕子ちゃんはイってしまいました。裕子ちゃんは僕の乳首を舐めてきて、手コキ・・・。
「まっくんの、欲しいの・・・入れてぇ。」「今日ゴム持ってきてない・・・。」「いいよ、ナマでさ・・・。」「えっ、でも・・・。」
掛け布団を敷いてローファーベッドと高さを同じにして裕子ちゃんが自分で頭とカラダをを里香のベッドに直角に乗せる。裕子ちゃんの頭の先は、距離は少し離れているが、すぐに里香の脇腹くらいだ。
「こんなとこじゃ、里香にバレるよ」「大丈夫、スリルがないとストレス解消になんないじゃん(笑)刺激が欲しいの・・・。来て」
裕子ちゃんは自分で大きく股を開いて、抱っこしてのポーズ・・・。僕はそのまま正常位で迎え入れられ、深くナマで挿入。
「んぁっ!まっくんの、おっきいから気持ちいいよっ、里香ちゃんの横でいっぱいしてっ!いっぱい裕子を愛して!!」
里香とはいつもゴムをつけてHしてるのですごく気持ちよかったです。しばらく突いたところで「後ろからガンガン突いて」と指示が裕子ちゃんから出た。バックで挿入、やっぱり尻がデカい。ポワンポワンっと突くたびに裕子ちゃんの巨尻が揺れる。右の親指でお尻の穴も愛撫しながらガンガン突いた。
「してっ、もっとしてぇ。里香ちゃんよりも強くお奥まで突いてっ」
もう里香の腕をつかまんとするくらい裕子ちゃんは里香に近づく。「(裕子ちゃんにこんな性癖があったなんて・・・。)」バックでついていると上から見ているので、里香が壁を向いて寝ているのがすぐそこに見える・・・。里香の友達の裕子ちゃんと裸でこんなことすぐ横でしてるなんて・・・。
「(ごめん、里香・・・。でも裕子ちゃんのカラダはスゲエよ。夜、ひとりHで想像してたのよりずっと。)」
裕子ちゃんの膝は下の布団だが、腕は里香のベッドに置いてバックをしているので突く度にベッドが揺れた。
また正常位に戻る。ロケパイを揉みながら、里香では決して味わえないその感触に感動・・・。裕子ちゃんは自分の手でクリトリスを愛撫してオッパイは僕の係(ほとんどオナニーじゃん)・・・。二度目の絶頂を裕子ちゃんは味わったようだ。挿入を深くしてお互い抱きしめ合う。
「私のこと好き?」「うん、好きだよ・・・」
裕子ちゃんは少しぽっちゃりしてるので抱き心地がいい。
「あっ、オレもう、イクよ」「そのまま出して。里香ちゃんのそばで。興奮するよ、バレちゃいそうなこのスリルがたまんない。こんな興奮ってないよ、まっくん。」
こっちまで興奮してきて腰を動かすたびに里香のベッドが揺れたが、もうすぐそこで寝ている里香のことはおかまいなしに腰を振りまくった。お互い、「はぁ、はぁ」と息遣いが荒くなる・・・。正直、早めに抜いておなかに出そうと思ったが、裕子ちゃんは、気づいたら僕の腰に足を巻きつけていた。だからペニスを抜こうとしても抜けない・・・。
「いっぱい出してっ。まっくんをいっぱい出して!!里香ちゃんよりたくさん出してっ、ワタシ興奮しちゃうよぅっ、まっくん、里香ちゃんのすぐそばだから興奮しちゃうっ、またイっちゃう!!・・・んぁっ・・・ぁん・・・い・・く・・・ぁ・・」
僕はそのまま裕子ちゃんの膣の中に射精。僕が射精したと同時に裕子ちゃんはイッてしまいました。
「まっくんに中に出されたって分かった瞬間に(女としての)本能的に感じちゃったよ。だから今までで一番の深い絶頂だったよ。まっくんにカラダを奪われた、ってね。オスとしてのまっくんがワタシの子宮で自分の子供を受精させて産んで育てて欲しいって感じたの。」
お互いイって抱きしめ合いながら、里香がすぐそばで寝ている横でこんなこと言われたが、もしデキちゃったらこの子と・・・。