横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて・・・
「だぁ~れだ!」
何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。
「解かんないのぉ~?しょっくぅ~~!」 手を解いて振り返って見たら以前付き合ってた美和の妹、慶子だった。
「久し振りだねぇ~元気だった?」「元気だったよ」
「今何してるの?」「今エステシャンで横浜駅の近くで働いてるの」
「美和は元気?慶子ちゃんは何歳になった?」「お姉ちゃんは去年結婚したよ、知らなかった?私は今年28歳になりますわ!(笑)」
「そうなんだー美和は結婚したんだ!」「慶子も大人になったんだねぇ~」
当時女子高生だった慶子は目を疑うほど美人で、ほしのあき張りに胸を強調したピチピチのTシャツにミニスカートという男であれば絶対抱きたいと思う女に成長していた。
「今日は友達と一緒?」「うん、会社の同僚と今までご飯食べてて。今さっき、ここに来たら見覚えのあるオッサンが一人寂しく飲んでると思って声掛けたんだよ(笑)」
「久し振りに会ってオッサンかよ!確かに38になりゃオッサンだよなぁ~。じゃあ、今日はオッサンがご馳走するから美女2人で慰めてよ(笑)」「わーい、ご馳になります!フルコースでおもてなしするわよ~。ねーっ、江利子」
後で友人の江利子ちゃんが微笑んでくれた。
色んな話で盛り上がってたけど2人が突然「ヤバイ、最終に乗れないかも」と騒ぎ出した。
しかし時は既に遅し、慌てても最終電車は10分前に発車済み。
「大丈夫だよタクシーで送るから」と俺が言うと、慶子が「送ってくれるのは嬉しいけど私は実家(成増)だし、江利子は大宮だよ」
「2人を送り届けて横浜へ戻って来たらいくら掛かるんですか旦那?」とからかわれてしまった・・・。
2人とも勤務は横浜なのでHOTEL代を出してあげる事にしました。すぐに横浜駅前のHOTELへ予約を入れて、下着を買いたいと言うので少し歩いた所にあるドンキーへ立ち寄った。
慶子も江利子も結構酔っていたせいか
「今日は38のオッサンに2人の下着を選んでもらおうかなぁ~」「しかし、お代はお願いします」とお願いされて・・・。
かなぁ~り際どい俺好みの下着を選んでストッキングとセットで2人にプレゼントしました。
部屋で少し呑もうとコンビニで安いシャンパンを買い込んで駅前のホテルにチェックイン。少し奮発してデラックスツインの部屋を予約してたので3人でもゆったりとソファーに座ってシャンパンを飲み干しました。
そのうち、慶子がウトウトしだしてベッドにゴロリ。俺も酔った勢いで江利子ちゃんに「さっきの下着付けて見せて欲しいなぁ」と甘えたら、江利子は結構気楽にOKしてくれてバスルームへ消えた。着替えてるとドキドキして待ってたらシャワーの音がして、ついでにシャワーしてる様子。俺は更に缶ビールを飲んで待ってると、江利子がバスタオルを巻いてバスルームから出て来た。
目の前で少し恥ずかしげに立ってる江利子脇の下で止まってるバスタオルを恐る恐る外すと、さっき俺が選んだ水色のシルクの下着に身を包んだ姿が露になった。手入れされた素晴しいボディーも見事だけど、下向き加減の江利子が何とも可愛らしく、俺は江利子の両方の肩を優しく掴んで抱き締めてしまった。
「慶子が起きちゃいますよ」
大丈夫、完全に寝ちゃったから気にしない・・・とそのまま江利子を抱き締めて唇を重ねた。かなり長く感じたけど、しばらく激しく唇を重ね舌を絡め合い、ブラの紐を肩から下ろして後に手を回してホックを外し、掌には納まり切れない乳房を手で覆ってゆっくりと揉み、乳首に吸い付きながら片方の乳首を摘んで愛撫を続けた。江利子はだんだんと感じて俺をギューっと抱き締め、空いてるベッドに倒れこむような格好で更に激しく江利子を愛撫した。
一度身体をそらして俺もパンツ一つの裸になり、再び江利子を求める。声を殺そうとする江利子が我慢出来ないくらい激しく、愛撫を続けてショーツの中に手を入れクリトリスを指先で擦り、かなり濡れて来たのを確認して指を挿入。優しいタッチから指先をクネクネと激しい動きに変え、江利子は我慢出来ずに悶えだした。
「駄目、駄目、声が出ちゃう」「慶子が起きたら怒られちゃうよ」「アァーン、アァアァーン、でも気持ち良いのぉ~」
「慶子が起きたら一緒に参加させれば良いよ(笑)」
笑いながら指の動きを早めると
「アッアッ駄目駄目、逝く逝く逝っちゃいそう!やめて、やめて、もう駄目、逝く逝く逝っちゃうーっ」
股間が染みだらけになったショーツを剥ぎ取り、脚を広げて張り裂けんばかりに硬直した俺自身をクリトリスに数回擦りつけ、そのまま一気に挿入。数回擦った時、江利子は身体を硬直させガクガクと震えながら一度目のアクメに達した。
続けて腰を振り続けると少し身体を反らせ抵抗して
「お願い逝っちゃったから少しだけゆっくり・・・」
そんな言葉などお構い無しに俺は腰をグラインドさせた。
「アァー駄目、またきた。いやぁー逝く逝くいぐぅぅぅ~~」
立て続けに江利子はアクメを迎え、膣圧で俺自身を絞るように締めてくるので俺も激しく対応して、更に加速して腰を振り指でクリトリスを超高速で擦った。江利子は俺の腰に足を巻き付け、腰をガクガクさせながら最終章を迎えるのと同時に、俺も江利子の中に大量の精子を撃ち突けたのでした。
江利子はグッタリと大の字になって放心状態。俺は重ねてた身体をずらすように江利子からネットリとなった一物を抜き、彼女の膣から溢れ出る精子を綺麗に拭いてあげて彼女と並んで横になった。
どれくらい経ったのだろう。妙な感じに目が覚めると、自身を握り締めペロペロと舐めてる慶子が目の前で全裸だった。
慶子の髪を良い子良い子するように優しく撫で上げて、口いっぱいに俺を咥え込んだ慶子の身体を抱き寄せ慶子のベッドへ移動した。何処となく美和と共通する舌使いにもビックリしたのだけど、慶子の見事なボディーには見惚れてしまうほどでした。
慶子が絶妙な動きで舌を絡めて、自身は江利子の時より完全に超合金状態。69の格好で俺の顔に跨る慶子の股間に舌を這わせ、クリトリスを中心に俺も舌を絡めると女子校生時代の面影など何処にもない洋物のエロDVDを思わせるような喘ぎで激しく悶えている。舌先を膣口に入れてレロレロとねじ込んで行くと、蜜が溢れるように膣口の周辺はべとべとヌルヌル状態。
何となく視線を感じて横を見ると、江利子がボーっと2人の行為を見詰めている。俺は江利子に笑顔を贈って慶子の愛撫を続けた。慶子もまた激しく悶え、数回のアクメに達し、大きく脚を開かせ超合金と変化した自身を挿入。激しくピストンを繰り返していたその時、後ろからいきなり不意を突かれた。俺の肛門を江利子が舐めて、いきなり俺のアナルに指を突っ込んで来たのだ。
不覚にもその瞬間、慶子の中に再び大量の精子を吐き出してしまった。
この子ら半端じゃなく遊んでる!そう実感した一瞬だった。
少しだけ俺の中にあった遠慮が吹っ切れた!その時点で深夜3時、翌朝の太陽が黄色く見えても愛撫と射精を繰り返し。彼女達の出勤ギリギリの9時少し前まで野獣のように身体を求め合いました。
あれから2ヶ月。3人の関係は今も尚続いています。美和と別れて何度か恋愛を繰り返して、一時は結婚も考えましたがこのまま3人で夜の野獣と化して暮らす事も視野に入れ考えております。
はっきり言って薔薇色のセックスライフです。