生命保険に入ってから1週間ほど経ったある雨の日・・・。

午後5時。

由香がわざわざ俺の職場まで迎えに来た。

入社してから残業が続いていたが、今日はいわゆる生面保険加入時の「健康診断」のため定時で、由香と一緒に職場を出る。

由香とはあの日から特段何も進展がなかった・・・というより、上手くはぐらかされているように感じた。

“あれ”は契約を取るためのエサでしかなかったのか・・・?

由香はいつもの営業スマイルで

「雨が降ってるから、タクシーで行きましょ。」

「俺、そんなに金、もってないけど」

「いいのよ、会社の経費だから」

他愛もない機械的な会話が続く。

5分ほどでタクシーはY生命の指定医療機関にしては小さい、診療所に着いた。

ここで心電図や採血など、一通りこなしてゆく・・・。

診断は30分ほどで終わり、待合室で女性週刊誌を読みながら待っていた由香の許に歩み寄る。

「終わった?」

「ああ」

「駅まで・・・連れてってあげる。さっき、会社の車を呼んだけど、混んでるみたいで時間がかかりそうだって・・・雨もやんだし表で待ちましょ?」

俺と由香は2人で表通りへと出て、由香が社用車との待ち合わせ位置らしい場所で止まったので、俺も立ち止まる。

俺の左横で由香が立っている状態だ。

2人とも手持ち無沙汰なので、とり止めもない会話を愉しむ。

由香が俺の方に首を向け俺の顔を見上げるように話す。

「・・・Nクンの出身は、どこ?」

「俺?・・・この近くだよ。小学校までは◯◯ってとこで・・・」

ここで由香が驚いたように

「嘘・・・アタシも◯◯だよ・・・!?」と1オクターブ高い声で答えた。

「へぇ・・・そうなんだ」

「ふふ、偶然って、あるものね・・・クスクス」

会話に弾みがついた。

俺たちは小学校から、お互いの中学、高校の頃の思い出話に花を咲かせた。

由香の顔が、単なる営業スマイルでない朗らかな笑みを湛えているのが分かる。

大人のオンナではない、一人の少女のような・・・。

由香の年不相応な朗らかな笑顔を見て、俺の中にあのどす黒い欲望が蘇って来た・・・。

“畜生・・・結構、かわいいぜ、由香!”

「・・・いいなぁ、Nクン、△△高校なんだぁ。アタシ、××高校だから、頭悪くて・・・」

「・・・・・」

「・・・どうしたの?Nクン、急に黙っちゃって・・・ン?」

由香が俺の顔を覗き込む。

“もう・・・我慢できない!!”

俺はふと!ギュっと由香の左肩をつかみそのムチムチな身体を手繰り寄せ、由香の、グロスが輝く唇に唇を重ねた・・・。

「ぅぐ?」不意をつかれた由香が軽く呻く。

由香の口からはグロスの匂いと芳しい吐息と、微かに苦みばしった口臭が感じられた・・・。

一か八かの賭けだった・・・。

普通の女性であれば嫌われる行為だろうが、俺に一週間前、あの濃厚なフェラチオをしてくれた由香なら・・・。

賭けは成功だった。

別段嫌がる素振りを見せない由香は、「うぅ・・・ん」と妖しく喘いだ。

だが舌を挿れようとすると、ふと由香は唇を離した・・・。

そして、「もぅ、Nクンたら・・・意外と大胆、なんだから♪」と俺に向かい微笑む。

「・・・ここ、街中だヨ・・・?」

由香があの1週間前のあの妖しい笑顔で俺をなじる。

「ホント、エッチなんだから・・・」

「ゆ、由香・・・!」

「ん・・・?」

「・・・よかったら、この後俺と食事にでも・・・」

だが、由香が放った言葉は、意外なものだった・・・。

「あら・・・ホテルじゃなくていいの・・・?」

その言葉と次の言葉は、俺の脳髄と股間にダイレクトに響いた。

「・・・アタシとセックスしたいんでしょ?・・・スケベなNクン♪」