高校1年です。

絵が好きで美術部に入りました。

中学のときも美術部でしたけど、中学のときはちゃんと絵を教えてもらえなくて、ただ部活をやってるって感じでした。

それが高校だと、さすがです。

先輩たちはすっごく上手いし、先生もちゃんと教えてくれますから。

それで、この前のことです。

2学期の中間テストの時。

テストの間は部活は休みなんですけど、ぼくはテストはどうせダメなので(笑)、1日目のテストのあと、部室(というか美術室)へ行ったんです。

そしたら、先輩で部長の沙織さんが来ていました。

沙織先輩は頭がいいから、きっと次の日のテストなんか気にしていないんだろう、って思いました。

「こんにちは」って部屋に入りましたが、沙織先輩は不思議そうに僕を見ました。

「あら?テスト期間だけど・・・」

「はい、俺、どうせテストダメだから」

そんな会話でした(笑)

「沙織先輩はテストばっちりでしょ?俺なんかと違うから」というと、先輩、なんか様子が変です。

「ううん、私はぜんぜんよ」って。

理由はよくわかりませんけど、先輩もダメなときがあるみたいです。

それで、気分転換に部室に来たんだそうな。

俺は暇だから部室に来るけど、やっぱり出来る先輩は違いますね(笑)

「でも、先輩、絵うまいし、頭いいし、俺、憧れちゃいますよぉ」なんて、本心を言ってしまったんです(汗)そしたら・・・。

「そうなの?ほんとにそう思う?◯◯君?」って、妙に真剣な目つきで見られちゃって(汗)

「ほんとですよぉ。俺、ここにはいったときから沙織先輩のこと好きで・・・」って、実際、ずっと好きだったんですけど、言ってしまった(汗)

そしたら、沙織先輩、涙浮かべて「ありがと・・・」って・・・。(俺もなんか、涙)

で、美術室で2人で向かい合ったまま・・・。

「ね、◯◯君?」って聞いてくるんです。

「は、はい?」

ぼくも、ちょっとドキドキしてました。

いえ、ちょっとどころか、かなり(汗)

「は、はい、なんですか?」

「◯◯君、私のモデルになってくれる?」

絵って、やっぱり人物を描くのが基本なんです。

部員が交代でモデルやることはときどきあります。

「え?ぼくがモデルですか?」

「うん・・・脱いでね」

えええええ!

モデルは交代でしたことありますけど、裸になんかなったことないです。

「ええええ?脱ぐなんて、無理です」

「・・・」

沙織先輩は、画架をもって待ってます。

なんていうか、もう、逃げられないって感じです(汗)

美術室に沙織先輩と2人だけで。

先輩のモデルになれって、ことです。

もう、ドキドキ、バクバクです。

けど、思い切って脱ぎました。

ただ、前は押さえて(照)

「◯◯君、隠しちゃダメよ(笑)」っておそるおそる、はじめて異性の前でおちんちんを見せることになりました(恥)

沙織先輩は、顔色ひとつ変えることなく、デッサンしてます。

「芸術家って、こうなんだ」って思いました、ほんとに。

僕も、おちんちんを見られたら立っちゃうと思ったんですけど、緊張してたせいか、立たずに済みました(ほっ)

まだ、剥けてませんけど、いちおうモデルは勤まりそうな(恥)

ところが、です。

「◯◯君」

「はい?」

「勃起しない?」って聞くんです。

「え?え?」って、聞き返しました。

「できたら、勃起したところが見たいの」って、平気で言います。

そりゃ、刺激を与えれば立ちますけど・・・。

沙織先輩の目の前で自分でしごくなんて出来ませんよね(恥)

「でも・・・」

「何?」

「恥ずかしいです」

そんな会話があって・・・。

「そっか、そうだよね、じゃぁ、私がしてあげるね」と。

わかります?沙織先輩が・・・してくれるって(照)

沙織先輩が、ぼくのおちんちんを手でしこしこします。

こんな状況ですし、立ってしまいます。

「ふふ、◯◯君・・・」

もう、恥ずかしくて。

けど、気持ちいい。

そしたら、沙織先輩、こんなこと言うんです。

「◯◯君、剥いていい?」

えええ?って感じです。

「先輩・・・そんなこと、できるんですか?」

「◯◯君のって、なんか、剥けそうだから」って。

実際、剥けるかなって思ったましたけど、ちょっと怖い感じがするんですよね(汗)

それで、剥かないままにしてました。

「大丈夫ですか?」って聞きましたけど。

「心配しないで」って。

それで・・・。

沙織先輩がぼくのおちんちんを、ちょっとずつ剥き始めました。

「痛くない?」

「うん、大丈夫」

ほんとはちょっときつい感じで。初めてだし。

けど、ひどく痛いわけじゃないので。

「!!」

「ふふ、剥けたわ」

ほんとでした。

恥ずかしかったけど、ぼくのおちんちんが剥けてました。

恥ずかしいけど・・・。

「先輩」って言いましたけど、そんな状況ですから・・・僕、勃起してしまいました(恥)

こういうのって、すごく恥ずかしいです。

先輩の目の前で、はじめて剥けて・・・それもおちんちんがビンビンになって・・・。

「恥ずかしいです・・・」

「いいのよ、それが自然だから・・・」

沙織先輩はそう言うと、ぼくのおちんちんを、パクって咥えました。

そんなこと初めてですから、ぼくはもうたまりません。

それで、あっと言う間に、沙織先輩のお口の中に射精してしまいました(恥)

「ん・・・」と沙織先輩はちょっとむせるようでしたけど、僕が出した精液を全部飲んでくれました。

「◯◯君、いっぱい出たね(笑)」って、あとで言われましたけど。

ぼくのおちんちんは、ちょっとだけおさまりました。

けど、またすぐにおっきくなってしまって(照)

それで、沙織先輩の絵のモデルになって・・・。

勃起してないといけないみたいですから(汗)

それで、ひととおりのデッサンをして。

また、手とお口でしてもらいました。

その日は、4回したと思います。

本番はしませんでした。