以前勤めていた会社が、いわゆる編集プロダクション(雑誌や書籍の編集やライティング請け負うとこね)なんだけど、そんときの話を少々。

5年くらい前かな。

ある日、新入社員で女の子が入ってきた。

ただでさえキツい職場だ、周りはほとんど野郎ばかりで、女子社員なんて経理の子を入れても3人くらいしかいないかった。

カワイイ子でさ、小柄で童顔(上戸彩と眞鍋かをりを混ぜた感じ)で、巨乳だからか(後で聞いたら86のDらしい)、体つきが超エロい。

んで、俺がその子の仕事の面倒を見ることになったわけさ。

そのまま仲良くなって、しまいには付き合うようになった。

無論、会社には内緒でね。

話が飛びすぎてスマン。

・・・で、編プロだから、割と徹夜が多い。

彼女と俺は常に同じ仕事をいっしょにやってたから、徹夜のタイミングも必然的に同じになる。

そうなると、もうやることはひとつ。

数え切れないほどやった。

会社で。

印象に残っているのをドキュメント風に書こうか。

ある日、例によって俺と彼女は徹夜。

会社のフロアには他に誰もいない。

俺がコピーを取って席に戻ろうとしたら、彼女が俺のほうに向かってきて、そして、俺の前でしゃがみ、俺のジーンズのボタンを外し始めた。

さすがに忙しかったので、「ええー?今ダメだよ」と言うと、上目づかいで「・・・おねがーい」。

そのとき既にズボンは下ろされてしまっていた(w

そのままパンツもずり下ろされ、クソ忙しいのに、このシチュエーションになぜか俺のティンコはビンビンになっていた。

彼女はニコっと笑って、その顔からは想像できないくらいの濃厚フェラ。

玉から裏筋、亀頭まで舐めあげたかと思うと、今度はティンコをハーモニカみたいに横に咥えてハムハム。

気がつくと、俺はコピー用紙を持ったまま、彼女の奉仕を受けてしまっていた。

今思えば、あの姿はちょっと情けない。

ひとしきり舐めたら、トローンとした目でこっちを見る彼女。

この顔は、入れて欲しいという合図だったので、速攻で窓のブラインドを下ろし(既に遅い気もするが)、本棚に両手をつかせ、立ちバックで挿入。

会社は小さいけれど、1フロア1社だったから、どんなに声を出しても平気だ。

突くたびに「あんっあんっ」と声を出すので、面白がってリズミカルに突いてたら、「んもうっ!」と、ほっぺを膨らましてこっちを見る。

俺はロリじゃないのだが、こういう仕草は妙にソソられる。

その後も、Dカップの胸を背後から揉みしだきつつ、突き続けた。

「ああん、もうダメ・・・いっちゃうよ」と彼女が言うと、俺の腕をギューっと掴んで果てた。

ちなみに彼女はイクときにいつも声を出さない。

「俺もイキそう」と言うと、

「◯◯のお口にちょうだい」

いつもは無難に外に出すのだが、この日に限って彼女はこんなセリフを吐き、その言葉でさらに興奮して、すぐに彼女の口に放出。

徹夜で栄養ドリンクを飲んだせいもあり、いつもより多く出た気がする。

俺の精液が口から溢れているのを見て、「うわーAVみたい」と言うと、「んもう、多いよー」と言いながら、溢れた精液を手で口に戻して、ゴックンしてくれた。

そして、ふたりとも仕事に戻る、と。

会社でのセックスでいちばん興奮したのは、今書いたやつだけど、誰もいないときのセックスは、しょっちゅうだったなぁ。

今はもう別れて、会社も辞めちゃったけど。