あれは土曜日の朝の出来事。

前日の夜に会社の同僚と飲んで朝帰りした時のことだった。

六本木から某私鉄の始発に乗って到着したキーステーションで、爆睡状態の彼女がいた。

俺も朝帰りだからフラフラだけど、すかさず彼女の横をキープ。

周囲の状況を確かめると、既にそこそこの時間になっていたこともあって、疎らに乗客がいて大胆なことは出来ない。

様子を伺いながら乗っていたけど、こっちも睡眠不足の為にあえなく撃沈。

気づいたときには地元駅をすっ飛ばして終点だった。

終点のアナウンスで目が覚めた俺は、周囲の乗客が降りていく中を横目で見ると、まだ彼女はそこに居た。

相変わらず爆睡中のようだ。

どうやら彼女も朝帰り・・・かなり飲んで帰ってきた様子だった。

いい人を演じつつ彼女を起こし、終点に着いたことを告げると、ゆっくりと立ち上がりフラフラと車両を降りていく。

後ろから見守りながら様子を見ていると、更に下る電車の前に立ち、次の電車を待っているように見える。

しかし、体は直立していることも出来ず、時折バランスを崩して危なっかしい。

見かねて声をかける。

そう、怪しい雰囲気を出さずソフトに、「何処まで帰るの?」と尋ねた。

ゆらゆらと揺れながら答える彼女。

彼女が口にした駅は俺の地元駅。

既にすっ飛ばして終点だから、今度は上り電車に乗らなければならない。

「こっちは逆だよ。連れてってあげるね」

そう言って俺は彼女の腰に手を回し、反対側のホームに誘導する。

ここで初めて気づいたが、この時節というのにかなりの薄着。

ブラウスに薄手のカーディガンという姿は寒々しく見え、思わず自分の着ていたジャケットを彼女の肩にかけてあげる。

上りの電車はまだ来ていない。

一度ベンチに座らせて、彼女の様子を確認する。

既に俺の片手は彼女の胸を支えるフリして揉んでいる。

そうとう酔ったらしい彼女は、大した反応も見せず、されるがままだ。

調子にのった俺は、彼女の片足を俺の膝の上に乗せてみる。

ここでもされるがままの彼女。

少し開き気味な太ももに手を乗せて、ゆっくりと撫ぜてみる。

撫ぜられることが気持ちいいのか、それとも安心したのか、ここで体を俺に預けてきた。

ここで俺は周りが見えてないことに気づいた。

目の前を朝の通勤らしいおばちゃんが通りすぎる・・・怪訝そうな顔で見ながら。

それもそうだ。

なんせ俺の右手は彼女の背中から手を回し、体を支えるフリをしながら彼女の胸を揉んでいる。

そして左手は、彼女の太ももをゆっくりと撫でているのだ、彼女のスカートの中で。

少し冷静になった丁度その頃に、ようやく上り電車が到着。

ゆっくりと彼女を立たせ電車に誘導。

残念ながらBOX席はこの車両に無いので、一番端の優先席に彼女と座る。

もちろん彼女が壁側だ。

そこで優しい俺は、彼女の肩にかけていたジャケットをいかにも寒さ対策のように、今度は前からジャケットに包まるようにかけ直す。

そう、前からの視線を隠すように。

そして、かけ直した瞬間からジャケットの下では、俺の指が彼女の乳首を服の上から捉え始める。

見た目よりも大きな胸を人差し指と親指を器用に操り、ピンポイントで攻め立てる。

しかし体勢が悪いこともあり、ここでも大胆には動かせない。

前に座った学生が、時折こっちを見ている。

(君はこっちを気にせずDSに集中しなさい。)

もう少しで声に出して言う所だった。

今度は下に手を伸ばしてみる。

うまいことに俺のジャケットは彼女のタイトスカートの膝上を十分に隠しきっていた。

ゆっくりと彼女のスカートをたくし上げる。

もちろん座っているからすぐに限界がくる。

だが、それで十分だ。

少し手を伸ばせば、俺の指は彼女の秘部に届かせることができる・・・後はもう少し脚を開かせるだけ。

完全に体を俺に預けている彼女。

太ももに手をかけ少し開くように力を入れると、いとも簡単に彼女を脚を開いた。

無意識でここまでしてくれるんだ。本当にいい子だ。

パンスト越しだけど彼女の秘部は汗ばんでいるのか、少し湿り気があるように感じられる。

既に酔いのふっ飛んだ俺は、指先に神経を集中させてパンストを破りに掛かるが、残念ながら体勢の悪さゆえ、思うようにいかない。

・・・というか、途中で諦めた。

あきらかに不審な動きに見えそうだったから。

俺は素直にパンスト越しに感触を楽しむことにした。

そうこうしているうちに地元駅に到着。

彼女をゆっくりと起こし、ホームに誘導する。

他人から見れば、もう恋人同士にしか見えないだろう。

泥酔した彼女を優しく介抱する彼氏。

だが時間はもう朝の8時を回っている。

始発に乗ったのに、もうこんな時間。

土曜日だけあって人は疎らだが、決して閑散としている状況ではない。

確かこの駅には障害者用のトイレがあったはずだ。

そのことを思い出した俺は、彼女を支えながらトイレに向かう。

あった!

中に入ると、ご丁寧にベンチまで付いていた。

俺は、彼女を横に寝かせ、ここで初めてじっくりと観察することが出来た。

年は20代半ばぐらい、かなり地味目の服装だ。

インテリ系のメガネをかけているが、外してみると綺麗な顔立ちだった。

唇がふっくらとしていて男心をくすぐる、そんな顔立ちだった。

少しお腹はぽっこり気味だが、むっちりとした体型は俺の好みそのものだ。

完全密室の個室の中で、俺はゆっくりと彼女のブラウスの胸のボタンを外した。

万が一を考えて、一つしか外さない辺りが俺のチキンな所だ。

ブラの隙間からはその大きな胸が見える。

ブラを少し下にずらすと、存在感のある乳首が顔を出した。

そっと口をつけ、起こさない程度に俺は吸い付いた。

舌先で転がしながら、じっくりと感触と味を楽しんだ。

少し満足した俺は、いよいよスカートに手をかける。

だが、脱がすことはしない。

先ほど、俺の指の侵入を拒んだパンストだけを脱がすために少しずり上げるだけだ。

黒のパンティーを晒した彼女の姿が眼下に見える。

スカートの中に手を突っ込み、腰まで手を伸ばすと一気にパンストを下にずり下ろしていく。

完全に脱がし終わると、ようやく彼女の生足を拝むことができた。

きちんと手入れしてある綺麗な脚だ。

むちむちした感じと、もっちりした肌触りがたまらない。

だからといって黒のパンツは脱がさない。

俺は、ゆっくりとパンツの上からマンすじをなぞってみる。

さっき思った感覚は間違いじゃなかった、やっぱり濡れている。

酔っていると濡れやすい女がいるが、彼女もその一人だと確信した。

こうなれば遠慮はいらない。

パンツの横からゆっくりと指を入れていく。

程よい肉厚が俺の指に絡みつく。

入り口は、かなりいい・・・いわゆる数の子。

だが、それも入り口まで、残念だが奥までは続かない。

だが、程よい締りは俺の指を押し返す弾力があり、指だけにも関わらずかなり気持ちがいい。

俺は指姦を続けた。

人差し指、中指と、時折、俺の舌を這わせながら。

彼女も朦朧としながらも感じているのか少し声が出始めた。

声の質からして感じているのだろう。

しかし俺はやりすぎてしまった。

そう、彼女が意識を取り戻し始めたのだ。

ゆっくりと彼女の目が開く。

どうやら絶体絶命な状況が俺を襲う。

慌てて指を抜き、平静を装った。

しかし、ここで俺はほっ胸を撫で下ろすことができた。

彼女はまだ酔っていたのだ。

いったい何時まで飲んでいたのだろう。

そう思いつつも彼女に「大丈夫?」と声をかける。

キョトンとしながら「誰ですか?」と酔いが覚めないながらも状況を確認しようとする様子が伺える。

「ただの通りすがりの者ですよ」

俺はそう答えながら、このサイトの見過ぎだなと少し反省した。

「いつから一緒にいるの?」と続く彼女。

「終点からだよ」と、嘘吹きながら簡単に説明し、彼女を安心させる。

少しは酔いが覚めたようだが、まだまだ完全な様子ではない。

少し横に座ったり、手に触れたりしてスキンシップを図りながら、すこしずつ大胆な行動に出てみる。

横に座り、彼女を支える仕草をしながら、その大きな胸に触れみる。

・・・が、抵抗する様子もない。

なすがままだ。

ならばと前に移動し、顔を見ながら様子を伺い、あらわになった太ももを撫でるも反応はない。

よし、もう少しと決断し、奥まで手を伸ばし、パンツの上からだが指先で圧を加えてみる。

少し鼻にかかる声をかすかに発した。

感じているようにも見える。

もう少し・・・と思った矢先に、「ココ何処ですか?」と触られながら言葉を発する彼女。

「地元駅だよ」

答えながらも頭をフル回転。

(さすがにココまでか・・・。)

案の定、彼女は家に帰って寝たいと言い始めた。

時間を確認し少し驚いた様子の彼女だが、自分のあられもない姿には少しも驚く様子はない。

まるで普通なことに俺は驚いた。

「じゃぁ家まで送るよ」

そう言って、どうするかと思って次の言葉を待ったが、ほとんど考えずに、「すみません」と。

全く拍子抜けだ。

さすがにここで完全に気が抜けた。

胸元の開いたブラウスを直そうとする彼女。

だが、うまくボタンが閉められない。

なぜ開いているだろう?とは考えないのだろうか・・・と思いつつ、俺は彼女のボタンを優しく留めてあげる。

まるで優しい人だ。

ふらつく彼女を支えながら起こしてあげる。

もちろん偽善者な俺は、そこで彼女の体を支えつつ、体に触れることは忘れない。

この時も、ここぞとばかりにバックの体勢のように腰を密着させるように押し付け、後ろから彼女の胸に手をやり支える素振り。

本当に、自分の鬼畜さには呆れてしまう。

そこでゲーム終了・・・彼女を支えながら個室を出た。

彼女の家に送る途中、少しだけ話が出来た。

どうやら彼女は一人暮らしらしい。

このまま送り狼になることも考えたが、既に心の折れてしまった俺は、そこまではできなかった。

駅の改札を出て彼女の家の方角を確認すると、驚くことに俺の家と同じ方向、しかもすぐそばらしいことも分かった。

台風の影響で雨が降っている。

歩道橋を渡りおえたところで一人で帰れるか確認し、俺は左へ、彼女は右へ、そこで別れた。

彼女がココを見ることはないだろうけど、もし見ていたら一言いっておきたい。

ありがとう。