「きゃあぁぁ・・・いやだってば・・・いやぁぁ・・・」

「真紀ちゃん・・・いいからおとなしくするんだ・・・優しくしてあげるよ」

「きゃっ・・・あっ・・・うぐっ・・・」

真紀の口から押しつぶられたような小さな悲鳴が漏れて、口唇が重ねられる。

「きゃぁ・・・いやいや・・・んぐぅぅ・・・」

きつく抱きしめられた真紀の口唇がこじ開けられ、逃げ惑う舌が捕らえられ舌同士が絡み合い、吸われる音が響く。

ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・

オジさんが強く滑らかに吸うと真紀の口から柔らかい喘ぎ声が漏れてくる・・・。

「あうぅ・・・ぐぅ・・・」

「そう・・・真紀ちゃん・・・いい子だわ。あなたはわたしたちのもの・・・逃げられないのよ・・・」

喘ぎ声を聞きながら真紀の柔らかい乳房をワンピースの薄い生地の上からゆっくりと揉む。

「ひいぃ・・・ユキさん・・・だめ・・・だめよ・・・」

「真紀ちゃん・・・キスの途中だよ・・・」

「うっ・・・あぐぅ・・・あぁっ・・・」

オジさんの口唇が再び真紀に重なって言葉が遮られ、じゅるじゅる・・・びちゃびちょ・・・と濃厚に絡み合う音に変わってくる。

「今までで一番可愛いわ・・・素敵・・・」

私の手のひらの中で揺れている乳房がとても愛しく感じ、両手できつく揉みしだく・・・。

「あぐぅ・・・あっあっ・・・ううぅぅ・・・」

「強情な真紀ちゃん・・・やっとおとなしくなったね・・・」

オジさんが真紀をきつく抱きしめ、スカートの上から細い太腿を擦るように愛撫する。

「真紀ちゃん、恐がることはないよ・・・」

「あっあっ・・・やめて・・・」

オジさんの手がお尻に近づくと、抱きしめられている腕を押しのけて逃げようとする。

「いつまでそんなことを繰り返すつもりかな・・・大切なもの、全部壊しちゃってもいいんだよ・・・ぜーんぶ・・・」

「・・・やめっ・・・てぇぇ・・・」

オジさんが抱きしめた真紀の耳元に口唇を押し付け、低い声で脅しの言葉を囁くと突っ張っていた身体から力がすーと抜けていく。

どんなに拒否しようとしても、夫を思い家庭を大事にする真紀はおとなしく私たちを受け入れるしかないのだ・・・それが真紀の運命・・・。

「真紀ちゃん・・・わかったならあっちのお部屋で、オジさまにいっぱい可愛がってもらいましょう・・・」

そう囁くと真紀は魔法がかかったように頷いて立ち上がり、私に手を引かれてベッドルームへと足を進める。

脅しこそ、真紀を淫靡な奥さまへと変身させる魔法の言葉なのだ・・・。

そこにはナチュラルなアイボリー色のキングサイズのダブルベッドが待ち構えていた・・・。

本来なら優しく落ち着く色であるはずなのに何とも艶かしく感じる。

カーテン越しの柔らかい日差しが大きなベッドをキラキラと輝かせて真紀の調教を受け入れようとしている・・・。

「ここが私たちのベッドだわ・・・とっても広くていいでしょ。オジさまが真紀ちゃんのために明るい場所を選んでくれたのよ・・・」

まるで自分の存在を消そうとするかのように無表情で静かになった真紀・・・。

その肩を抱きかかえて明るいベッドルームに足を踏み入れると、真紀も日の光りを浴びていっそうまぶしく輝く。

「真紀ちゃん・・・こっちに来て。オジさんに初めて抱かれるんだから、おしゃれをしなくちゃ」

混乱している真紀を落ち着かすために手前にあるドレッサールームに招き入れて、鏡の前に座らす。

「恐がらなくてもいいわ。あなたはとってもきれい・・・もっと自信を持つのよ」

「ユキさん・・・あぁぁ・・・どうすれば・・・」

「あなたは何も考えなくていいの・・・大きな波の中に浮かんでいることを想像して・・・」

鏡に映った真紀をじっと見つめたまま、初めて出会った時よりも少し長くなり、緩くウェーブがかかっている栗色の髪をブラシで梳かしていくと、諦めの表情に変わってくる・・・。

「いい顔になってきたわ・・・私に抱かれている時のような可愛い声を聞かせてあげましょう・・・」

「もうやめて・・・どうしてこんな・・・」

わざと泣かすようなことを言いながら、梳かした髪を赤いリボンできゅっと結び、私も同じリボンで自分の髪を束ねる。

「さあ支度ができたわよ・・・寝室に行きましょうね・・・これ以上オジさまを待たせたら気の毒よ」

ドレッサールームの白いドアを開けると、バスローブを脱ぎ全裸になったオジさんがそびえ立つ男根を隠そうともしないでベッドに腰掛けていた。

「きゃあぁぁ・・・なんで裸なの?裸になんかならないで・・・堪忍してください・・・」

「真紀ちゃん、やっと落ち着いたわ・・・」

「ユキも真紀ちゃんもきれいだ・・・おそろいのリボンだなんてすごくいいぞ」

ベッドから立ち上がると、男根を隠そうとはせずに私たちに堂々と近づいてくる・・・。

「もう逃げちゃだめよ・・・すぐにご主人に電話しちゃうから・・・」

いきなりの光景にびっくりしてオジさんの裸体から目を背けようとする真紀を後ろから優しく抱きしめて、せっかくの雰囲気が壊れないように耳元で魔法の言葉をまた囁くと真紀の身体が凍りつく・・・。

「さっき初めて見たときから・・・真紀ちゃんが欲しくてたまらないんだ・・・」

「ちゃんと話したから大丈夫よ。真紀ちゃんも恥ずかしがらないでお洋服を脱いで、もう一度きちんとご挨拶をしましょうね」

「ユキさんまでどうして・・・よして・・・やめて・・・こんなこと・・・」

「あなたは大人になったはずでしょ・・・自分がどうすればいいかわかるわよね。愛する旦那さまを守らなきゃ」

「あぁぁ・・・いやぁぁ・・・」

脱がすために着せたワンピースのファスナーを下ろしていくと、ジーっという音とともに真紀の目から涙がこぼれ落ちる・・・。

「真紀ちゃん、その顔もとってもいい・・・我慢しないで思いっ切り泣いてごらん。泣けば優しい旦那さまはきっと許してくれるよ」

「ご主人、とっても優しいものね・・・わかってくれると思うわ・・・」

二人でしつこく弱点を責めると新たな悲しみが真紀を襲い、涙がとめどもなく溢れ出てくる・・・。

とりわけ、オジさんの言葉にはとても激しく反応を示し、泣きじゃくってしまう。

私に何度も辱められて諦めたのかと思ったが、やはり純真な真紀にとって『男』というものは特別の意味があるのかもしれない・・・。

「わかったでしょ・・・さあ、オジさまに素敵な身体を見せてあげて」

泣きじゃくる真紀の身体を擦りながら背中のファスナーを最後まで下ろすと、チェックのワンピースが肩を滑って落ちそうになる・・・。

「いやいやよ・・・だめよ・・・これ以上恥ずかしいことなんてできない・・・」

それを真紀が必死になって手で押さえ、イヤイヤを始める。

「どうしてだめなの?・・・ちゃんと言うこと聞くって約束したじゃない。幸せでいたいんでしょ」

「や、やめてぇぇ・・・いやよぉぉ・・・」

「うふふ・・・」

自分自身の肩にしっかりと食い込んでいるように見える真紀の指だが、淫靡な罠にはまってしまい残された力はほとんどない。

震える指を背後から一つずつ簡単に取り去っていくと、ワンピースが白い落下傘のように足元にふんわりと舞い落ちて、素肌につけているフレグランスの甘い香りが広がる。

「うわぁ・・・すごい、真紀ちゃん、すごいぞ・・・まるで妖精のようじゃないか。こんな仕掛けが用意してあったなんて・・・」

白い生地に赤い水玉とコサージュ、それに愛らしいフリルが付いているビスチェで彩った真紀の身体がオジさんの目に飛び込み、驚いた声が上ずってかすれてくる。

細い足を包んでいる白い網のガーターストッキングも真紀の清潔感をよりいっそう引き立てている・・・。

そして真紀と私の髪にはビスチェと同じ赤いリボン・・・。

オジさんの下着好きは初めて抱かれたときから知っていた・・・。

だから今日の演出には欠かせないアイテムとして用意したのだ・・・。

お菓子の包み紙のようなこのランジェリーを色白で小柄な真紀が着ると、まるで無垢の少女のような甘い雰囲気をかもし出す。

「こんなこと・・・いやぁぁ・・・」

恥ずかしさと絶望が交錯し、身を縮めて座り込んでしまう真紀を見ながら、私も真紀のビスチェに合わせて身につけた濃い目のローズピンクの下着姿になると、鮮やかに彩られた私たちがこのベッドルームをよりいっそう艶やかにする・・・。

「二人ともなんて可愛いんだ・・こんな可愛らしいプレゼントをくれるなんて・・・ユキ・・・」

鮮し、興奮状態のオジさんがそこまで言うが、座り込んで恥らう真紀の美しさに圧倒され、絶句してしまう。

「うふふ・・・とっても似合うでしょ。真紀ちゃんはこれを身につけた時から、新たな気持ちになってオジさまに抱かれる覚悟を決めてたのよ・・・」

清楚な少女のように泣いて恥じらいを見せている真紀を立たせ、オジさんに向き合わせになるようにして、後ろから抱きしめる。

「そんなの嘘よ・・・嘘なの・・・」

「まだそんなわがまま言ってるけど、本当はちゃんとわかってるの・・・ご主人以外の経験がほとんどないから恐がってるみたい・・・わかってあげて」

「なるほどね・・・遊んでいなんて今どき珍しいよな。この可愛らしい下着にぴったりの奥さまだよ・・・子どもがいるとは思えない・・・」

確かに遊んでいるオジさんからすればそうだろう・・・。

でも、自分の夫だけに尽くし、他の男性には興味を示さない・・・。

たとえ力ずくで犯されたとしても・・・。

そこが真紀の魅力なのだ。

「そういう奥さまだっているのよ。だからね・・・焦っちゃだめ・・・優しくしないとオジさま、嫌われちゃうわよ」

「もちろん・・・乱暴はしないよ。少女のようにきれいな真紀ちゃんを抱けるなんて・・・嬉しい・・・」

私から聞くのと本人に直接会うのではまったく違うのだろう・・・。

最初は半信半疑であったオジさんの興奮は今や最高潮に達しようとしている。

でも、そこは経験豊かなオジさん。

いきなり襲いかかるようなことはせずに、少しずつ真紀との距離を縮めて、にじり寄ってくる・・・。

「いやぁぁ・・・来ないで・・・来ないでってば・・・」

「真紀ちゃん、じっとしてなきゃだめでしょ・・・」

「何するの・・・ユキさん離して・・・来ないで・・・離して・・・来ないでよ・・・」

真紀はもう錯乱状態の一歩手前・・・。

これ以上抵抗できないように腕を掴んで背後に固める。

「恐がることないよ・・・旦那さまにいつも抱かれるようにすればいい・・・それともとっても久しぶりなのかな?セックスは・・・」

「よして、よして、よしてってば・・・触らないでぇぇ・・・」

「そうなんだね・・・ならもっと優しくしてあげるよ」

オジさんの両手がすっと伸びて華奢な肩を撫で回し、赤い水玉の包み紙に覆われている小さな二つの球体を優しくふんわりと包み込む。

「いやぁぁ・・・よして・・・いやぁぁ・・・うわぁ・・・」

「うわぁ・・・これが真紀ちゃんのおっぱいか・・・柔らかい・・・柔らかいよ・・・こっちにおいで・・・」

「触らないで・・・よして・・・いやぁぁ・・・」

震えながら泣き続ける真紀の肩を掴んで力強く抱き寄せると、倒れこむようにしてその胸に埋もれていく・・・。

「もういいよ・・・諦めてベッドに行こう・・・」

「あぁぁ・・・お願い・・・許して・・・きゃあ・・・」

搾り出すような真紀の願いを無視し、オジさんはその震える身体を抱き上げて、広く大きなベッドに運んで沈めてしまう・・・。

「あぁぁ・・・許してぇぇ・・・許してぇぇ・・・」

アイボリーのシーツの上で脅えて丸まっている真紀が普段以上にとても小さく見える。

「なんて可愛いんだ・・・可愛いとしか言いようがないよ・・・真紀ちゃんは全部俺のものだ・・・もう旦那さまのものじゃないぞ・・・」

「あぁぁ・・・うぐぅぅ・・・」

とっておきのランジェリーで着飾った真紀の美しい身体がオジさんの浅黒い裸体と重なり合い、強く口唇が吸われ、柔らかい乳房が押しつぶされる・・・。

あんなに旦那さまを愛している真紀なのに、私に脅迫されて辱められた上に、いよいよオジさんのものとなってしまう・・・。

でもそれが彼女の運命・・・。

こうなればもっともっと追い込まれ、ずっと私たちにその身体を捧げるしかなくなるのだ。

私も身につけているものをすべて脱ぎ捨てて真紀の背中にピッタリと添い寝をする。

「真紀ちゃん、可哀想だけど私と再会した時からこうなることが決まってたのよ・・・可愛いあなたのすべてを見せてあげましょ。オジさま、きっとびっくりするわ・・・」

乳房を背中に押し付け、オジさんの愛撫をアシストするように後ろから耳たぶやうなじにキスをしながらうながすと、胸を押さえていた真紀の手がだらりと垂れ下がる・・・。

「さすがユキだ。やっと諦めたみたいじゃないか・・・真紀ちゃんは本当にちっちゃいんだね・・・」

「あっ、あっ・・・」

アイボリーのシーツの上に静かに横たわる真紀に自分の大きな身体を重ね合わせ、胸元にチュッチュとキスの雨を降らす・・・。

「ひぃぃ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・」

「こんな可愛い真紀ちゃんをずっと自由にしていた旦那さまが羨ましいよ・・・でも最近はちっともしてないんだろ?」

「あぁぁ・・・そんなこと・・・」

「真紀ちゃんは私のものになった日から、恥ずかしくてご主人には抱かれていないの。可愛くて義理堅いんだから」

「偉いね。真紀ちゃんは今日から俺のものにもなるんだよ・・・これからもずっと旦那さまに抱かれちゃだめだからな。それとも淫らになった自分を味見してもらうのかな」

「もう・・・もういやぁぁ・・・」

『旦那さま』『ご主人』という言葉が出るたびに真紀の身体はびくつき、嗚咽が強くなる・・・。

太いディルドで貫いて一つになり、完全に私のものにした日・・・。

真紀は泣きわめき私を呪いながら、私の下で小さな身体をくねらせた。

泣きながら貫かれ、絶頂を何度も味わった後、私の腕の中で声を詰まらせる・・・。

「こんなことまでされて・・・どうしらいいかわからない・・・つらいです・・・」

「私は幸せよ。真紀ちゃんとやっと一つになれたんだから・・・嬉しい・・・」

「このまま主人と生活を続けるのがつらい・・・もう・・・夫婦でなんかいられない・・・ユキさんは酷い・・・酷い・・・」

「あら嘘ばっかり。ご主人を愛しているんでしょ・・・そんなに生意気言うんだったらもう一度入れてあげる・・・ほら・・・」

「うっっ・・・うわぁぁ・・・うぐぅぅ・・・ぐわぁぁ・・・」

「こんなにしっかり咥え込んでいるくせに生意気ね・・・」

「あっぁぁ・・・ひぃぃ・・・動かないで・・・ユキさん・・・いやぁぁ・・・」

「真紀ちゃんは私だけのものだから・・・あんあん・・・」

このようにして、徹底的に私に辱められた身体を旦那さまに見せられるわけがない・・・。

真紀はそういう奥さまなのだ。

「今まで経験したことがないくらい気持ちよくしてもらいましょうね・・・。

「・・・恐い・・・あぁぁ・・・」

「ユキと二人で真紀ちゃんをこのお部屋でたっぷりと可愛がってあげる・・・全部が溶け出してしまうくらい・・・」

「いやぁぁ・・・いやらしいことは・・・もう・・・やめてぇぇ・・・」

オジさんが愛しそうに真紀の身体をしっかりと抱きしめながら、その手を薄いピンク色のランジェリーに覆われた小さな膨らみへと滑らせ、縮こまっている身体を解きほぐそうとする・・・。

「いつまでも頑張っていてもつまらないよ・・・ほら・・・」

「きゃあぁ・・・ひぃぃ・・・あっ・・・いやぁぁ・・・」

オジさんの手の中に乳房がすっぽりと入り込み、ゆっくりと揉まれ始めると真紀が身体を揺らして喘ぐ。

「だめだめ・・・あん・・・よして・・・調教だなんて・・・やめてぇぇ・・・」

「おっぱい・・・とっても柔らかいよ・・・キスしよう」

「ほら・・・真紀ちゃん・・・どうしたの・・・」

泣きじゃくる真紀に添い寝をして横から軽くうながすと、二人の口唇が重なり、舌と舌が絡み合って乳房がより強くリズミカルに揉まれる。

「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・あぅぅ・・・」

「真紀ちゃんのおっぱい、小さいのに・・・とっても柔らかいでしょ・・・」

私も真紀の涙をすくい取ろうと濡れた頬を舐め、真紀とオジさんの重なり合っている口唇に舌を這わせて三人でキスをする。

「あんあん・・・真紀ちゃん・・・お口を開けて・・・」

濡れた真紀の口唇が薄っすらと開き、その中でチロチロと彷徨っている舌にオジさんと私の舌が一緒に絡み合い、ぺちょぺちょ、ちゅぱちゅぱと舐めて吸うと、三人の身体に同時に電流が流れ、ぴくぴくと痙攣する・・・。

「あひぃぃ・・・うぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」

「あん・・・あん・・・もっと・・・ねぇぇ・・・もっと・・・」

「あっあっ・・・だめぇぇ・・・だめなの・・・」

「美味しいぞ・・・真紀ちゃん・・・最高だ・・・」

恥じらいながらも絡みついた舌を懸命に動かしている真紀をしっかりと支えながら、私は口唇を離して背後に回わる・・・。

「あぁぁ・・・あぁぁ・・・うぅぅ・・・」

「真紀ちゃん・・・とってもいい子だわ・・・もったいないけど脱いじゃいましょうね・・・」

あぐあぐ・・・ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・

背後から耳たぶや口唇を甘噛みして吸ったり舐めたりしながら、首の後ろで結ばれているビスチェの赤いひもの結び目をするりと解くと、押さえるものがなくなった白くて二つの小さな膨らみが現れてくる・・・。

「えっ・・・なに・・・きゃあぁぁ・・・ユキさん・・・やめて・・・」

「だめだよ・・・約束したろ・・・真紀ちゃん・・・見せてくれ・・・」

慌てて胸を隠そうとする手をオジさんが掴んで頭の上に持ち上げて、小さな膨らみに辛うじて引っかかり、その愛らしい姿を隠しているビスチェをゆっくりと下げていく。

「うわぉ・・・こんな小さくて可愛らしいおっぱいは初めて見るよ・・・これが俺のものだなんて・・・」

マシュマロのように白くて簡単につぶれてしまいそうな可愛らしい乳房に驚嘆の声を上げる・・・。

「いやぁぁ・・・やめて・・・やめてぇぇ・・・やめてよ・・・やめてぇぇ・・・」

真紀が身体を震わせれば震わせるほどビスチェがどんどんとずり落ちてしまい、愛らしい乳房をさらけだすことになってしまう。

「オジさま、びっくりした?とっても可愛いでしょ・・・」

「・・・可愛い・・・」

泣きじゃくる可愛い顔によく似合う小さな乳房を目の前にしてそれ以上言葉も出ないオジさん・・・。

どんな男でもどこかにロリコンの芽を隠し持っている。

清楚な奥さまの真紀・・・。

オジさまも彼女に可憐な少女の姿を重ねているにちがいない・・・。

私だって小刻みに揺れる白い膨らみを見るとドキドキと胸の鼓動が高まる・・・。

オジさまの気持ちはよくわかる・・・。

この可愛い真紀に誰もが夢中なのだ。

「真紀ちゃん・・・とってもきれいなおっぱい・・・想像以上だ・・・触ってもいいよね」

「だめ・・・ああっ・・・ううっ・・・」

「動いちゃだめ・・・じっとしてて・・・」

オジさんの太い指が乳房に触れると真紀はおぞましさで鳥肌を立たせ声を詰まらせるが、形のよい乳房がその淫猥な指で優しく揉みしだかれると、悲しい喘ぎ声を出すようになってくる。

「いやぁぁ・・・お願いぃぃ・・・よして・・・うわぁぁ・・・」

「いいよ・・・とってもいい・・・真紀ちゃん・・・柔らかくて小さいのに乳首がコリコリと固くなってる・・・ユキがしつこく追い回すのがよくわかるよ」

「あっ・・・ひぃ・・・あん・・・あっあっあぁぁ・・・」

ツンとした手のひらの中の膨らみの頂点が指先できゅっと摘まれたり指の間に挟まれたりしながら、連続した刺激を与えられる・・・。

「いやだわ・・・オジさま・・・追い回すだなんて・・・真紀ちゃん、全部脱がせてもらいましょう」

「あっ・・・いやぁ・・・脱がさないでぇぇ・・・だめよぉぉ・・・」

泣き疲れている真紀の抵抗はもう言葉だけ・・・上半身を抱き起こし、汗ばんできた首筋に舌を這わせて耳の穴を舌でくすぐるように愛撫し、背中のフックを外すと、オジさんが待ちかねたようにビスチェを剥ぎ取る・・・。

「うへぇ・・・うわぁ・・きれいだ・・・すごいよ、真紀・・・」

白い身体に小さくて形のよい乳房・・・。

その頂点にはピンク色の乳首がツンと尖って外側を向いている・・・。

その裸体と残された下半身のランジェリーが絶妙のハーモニーを作り出しているように見える。

「やめてぇぇ・・・あっあっ・・・そんなこと・・・あっぁぁ・・・」

剥き出しになった白い乳房がオジさんの浅黒い手に包み込まれてゆっくり揉みしだかれ、形がどんどんかわっていく光景はとてもエキゾチック・・・。

「きゃあぁぁ・・・いやぁぁ・・・あぁぁ・・・」

尖った乳首にオジさんがしゃぶりつくと真紀が大騒ぎを始めるが、お構いなしにきつく吸われてしまう。

「あっあっ・・・いやぁぁ・・・いやよ・・・あぁぁ・・・」

もう片方の乳房は手のひらの中に隠れてしまって見えないほど形が変わり、胸の上でうごめく手の甲しか見えない。

「真紀ちゃん・・・こんなに甘くて柔らかいおっぱいは初めてだよ・・・」

「ひぃぃ・・・いやよ・・・やめて・・・よしてぇぇ・・・」

押し寄せてくる快感に対し、純真な妻としての自分を守るために必死に耐えている真紀・・・。

意地らしくもあり生意気でもある。

「オジさま・・・もっといじめてあげて・・・」

「あっひぃぃ・・・うわぁぁ・・・やめてぇぇ・・・」

「真紀ちゃん・・・あぁぁ・・・美味しいよ・・・」

どんどんきつく乳首を吸われる真紀を後ろから抱きかかえ、背中に浮き出てきた汗の雫をちゅっちゅっと吸うと、身体をぐっと反らして私に倒れかかってくる。

「オジさんと二人でたっぷりと愛してあげる・・・気持ち良くなるまでずっと・・・我慢できなくなって泣き叫んでもやめてあげない・・・」

「あっあっ・・・うわぁああ・・・や・・・やめてぇぇ・・・」

泣き止まない真紀を再びベッドに沈めて、私たち二人の口唇が真紀の顔から白い胸へとゆっくりと移動していくと、唾液と三人の汗が混ざって真紀の身体が粘っこく光り、フェロモンのような甘い香りで包まれる。

「真紀ちゃん・・・可愛いよ・・・最高だ・・・」

「いやぁ・・・あぁぁ・・・だめ・・・よして・・・いやぁぁ・・・」

オジさんがうなじや首筋、そして乳首をくすぐるように動き回って舐めていくと、真紀の手が何かを求めるように、オジさんの頭や背中の辺りをさ迷うように動き出す・・・。

「ここか・・・そっか・・・気持ちいいのか・・・可愛いな・・・」

「あっ・・・だめぇ・・・よしてぇぇ・・・」

夫、家庭、子ども、世間体・・・。

守りたいものでがんじがらめになって動けなくなっている真紀の身体がびくんと反応するたびにオジさんは大喜びする。

「こりゃ・・本当に箱入り奥さまなんだ・・・しかし、旦那さま以外の男に触られてこんなに乳首を固くしちゃってしていいのかい・・・」

ツンと尖ったピンク色の頂点を再び口に含んで強く吸う・・・。

「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・いやぁぁ・・・あっあっ・・・そんなことしないでぇぇ・・・ひぃぃ・・・」

強烈な愛撫を乳首に受けると、たまらず身体をよじって逃げようと試みるが、真紀を抱きしめている私の手がそれを許さない・・・。

「逃げちゃだめよ・・・真紀ちゃん・・・いい子になるんじゃなかったの」

しっかりと両腕を頭の上で束ねて押さえつけると、オジさんの口唇は真紀の上半身を好きなように這い回り、固くなった乳首をちゅるちゅる、コリコリ、あぐあぐと吸っては噛み、吸っては噛む。

「ひぃぃ・・・痛い・・・痛い・・・やめてぇ・・・」

「甘いよ・・・真紀・・・とっても甘い・・・母乳はたくさん出たのかい・・・」

「ひぃぃ・・・はぁ・・・いやぁ・・・そんな・・・」

「答えるんだ・・・ほら・・・言わなきゃもっと噛んじゃうよ」

「いやぁぁ・・・あぁぁ・・・うぅぅ・・・」

絶え間なく続く真紀の悲鳴を楽しみながらオジさんが口腔内の固い尖がりにきつく歯を立ててコリコリと噛む・・・。

「痛いぃ・・・痛い・・・いやよぉ・・・やめて・・・痛いことしないで・・・」

「ちゃんと答えないからだ・・・どうなんだ?」

「あっあっ・・・ぼ、母乳は・・・ふ、普通に出てました・・・うぅぅ・・・」

「この小さなおっぱいが大きくなって・・・出てたのか・・・信じられないよ・・・旦那さまにも飲ませたんだろ」

「そ、そんなことしません・・・あっひぃぃ・・・やめて・・・」

隙を見て逃げようとする真紀を押さえつけて、オジさんが子どもに戻ったように揺れる乳房に吸いつき何度も何度も噛み続ける・・・。

「美味しいおっぱいだ・・・本当に母乳が出てきそうだよ・・・俺にも飲ませてくれ・・・」

「いやぁぁ・・・痛い・・・痛い・・・あっあっ・・・いやぁぁ・・・」

「逃げるからいけないのよ・・・悪い子ね・・・」

おぞましさと快感に耐え切れず喘ぐ真紀の後の髪の毛を上げて、後れ毛の辺りまでくまなく舌を動かし首筋から耳たぶまで丁寧に這い回す。

「あっうっ・・・あぐぅぅ・・・はぁはぁ・・・うわぁぁ・・・」

「もっと声を出していいのよ・・・真紀ちゃん、もっと感じて・・・」

束ねた腕の裏側に口唇を押し付け、脇の下のくぼみに顔を埋めて舐め回すと、甘酸っぱい香りが鼻腔内を満たし、真紀の呼吸が荒くなって汗がにじみ出てくる・・・。

純真な奥さまに戻ったはずの真紀を淫靡な世界に再び引き戻し、時間をかけてここまで調教したのはこの私・・・。

私に何度も恥ずかしいことをされて泣いたにも関わらず、男性に脅えオジさんを拒否していた真紀だか、あれだけ嫌がっていたその身体はゆっくりとした愛撫に敏感に反応し始め、花開こうとしている。

「あぁ・・・いやぁ・・・」

「ここも気持ちいいんでしょ・・・真紀ちゃん・・・」

私が顔を埋めて愛撫している最中であっても、オジさんは乳房を揉む手を休めず、両手でしっかりと包み込んで指先で乳首を摘んだり口に含んで転がすように舐めている。

「いやぁ・・・あん・・・うわぁ・・・」

「可愛いぞ・・・真紀・・・可愛い・・・」

真紀の初々しい反応にオジさんは夢中になりながら、ピンク色の乳首を咥えてちゅるちゅると吸ったり噛んだり・・・。

「甘いぞ・・・ほーら・・・出てきた・・・真紀ちゃんの母乳が・・・」

「そ、そんなこと言わないでぇぇ・・・ち、ちがいますぅぅ・・・」

「美味しい・・・とっても美味しいよ・・・」

愛する夫を裏切らせるだけでは足りないのか、母性にも悲しい刺激を与え、真紀を強引に快楽の園へと導こうとしている・・・。

「あっっ・・・い、いやぁぁ・・・うっっ・・・ひぃぃ・・・噛まないでぇぇ・・・」

「オジさまにどんどんごちそうしてあげなさい・・・いい子だわ・・・」

乳首を吸われ続け喘ぐ真紀・・・。

このまま続け押さえつけているのは可哀想だ・・・。

握った手首を離して、更なる愛撫を待っているかのように上を向いて濡れて光っている反対側の乳首を舌先でくすぐるように舐める。

「あっあっ・・・あうぅ・・・ユキさん・・・はあっはあっ・・・うわぁ・・・うわぁぁ・・・」

左右の乳首を二人で同時に口の中で転がしきつく吸うと、自由になった真紀の身体がシーツの上でくねるように泳ぎだす・・・。

「まだまだだよ・・・これからが本当のセックスだからね・・・」

乳房を揉んでいたオジさんの指が下腹部へするりと滑り落ちてくると真紀が悲鳴を上げる・・・。

「そ、そ、そこは・・・うわぁぁ・・・だめぇぇ・・・」

「真紀ちゃん・・・うんうん・・・恐いのはわかるけど、もっと感じましょうね・・・」

今度は私が膨らみをそっと掴んで、愛撫を加えると真紀の声ますます切なくなってくる。

「真紀ちゃん、だんだんオジさまが気に入ってきたみたい・・・」

「ユキさん・・・あん・・・いやん・・・あぁ・・・だめぇ・・・」

乳房の感触を味わいながらシーツの上で泳ぐ小さな身体を抱きしめていると、お腹を撫でていたオジさんの指が柔らかい部分にさしかかると真紀の悲鳴がかん高くなる・・・。

「だめだめ・・・そこは・・・だめよ・・・だめぇぇぇ・・・」

「そうだね・・・わかってるよ・・・ここだろ・・・もうこんなに濡らしちゃってるよ・・・」

「ひいぃぃ・・・あん・・・そこっ・・・だめぇ・・・きゃあぁぁ・・・」

オジさんの指がガーターベルトをなぞりショーツの上から真紀の股間の合わせ目を軽く撫でると、もじもじと身体を揺らす・・・。

純真な真紀にとってはオジさんのすべてが強烈である・・・。

「だめって・・・ほら・・・もうこんなに濡れているじゃないか・・・いやらしいくせに素直じゃないな・・・」

そこは下着の上からでもすぐにわかるほどのねっとりした湿り気をオジさんの指に感じさせている。

「真紀ちゃんは敏感なの・・・いつも私に抱きついて『もっと、もっと』っておねだりするのよ」

「あぁぁ・・・そんなことないです・・・いやよ・・・やめて・・・」

「そんなにいやらしいくせに『いやよ、やめて』だって?そんなこと・・・これでもまだ言うかな・・・」

「あっいや・・・きゃあぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・」

ゴツゴツした指が繊細な動きを見せて敏感な突起の辺りをぐにゅぐにゅと押さえると、真紀は背中をのけ反らせ崩れ落ちそうになる。

「ユキ・・・なんか・・・変だぞ・・・変な感じだ・・・なんだ・・・これは・・・」

花弁から染み出てきた蜜で湿っているランジェリーの上から真紀の敏感な部分をまさぐり、オジさんがつぶやく・・・。

「や、やめ・・・てぇぇ・・・うぅ・・・よしてぇぇ・・・」

「真紀ちゃん、この日のために余分なものは全部捨てて生まれ変わったの・・・そして・・・初めて抱かれる男性がオジさまなのよ・・・」

「それはどういうことだ・・・ユキ・・・何を企んでるだ・・・」

「あら・・・そうかしら・・・気のせいよ。それより真紀ちゃんを待たせちゃいけないわ・・・」

不思議に思うのも無理はない・・・。

そこにあるべきものがないのだ・・・。

薄い陰毛をきれいに剃って、この可愛い下着が似合う少女のように変身させたことはまだ話していない・・・。

この日を記念する強烈なサプライズとして、無毛の真紀を用意してあるのだ。

「・・・そうか・・・すぐにわかることだな・・・」

オジさんの舌が唾液の線を引きながら真紀の身体をくまなく動き回り、股間に近づくと真紀の悲鳴がどんどん高く大きくなる。

「だめ、だめ、だめぇぇ・・・許して・・・そこは・・・だめよぉぉ・・・」

「何か隠してるだろ?ちゃんと確かめなきゃな・・・見せてごらん・・・」

「あぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」

抵抗する間もなく、白い網タイツに包まれた真紀の細い足がいとも簡単に広げられてオジさんの身体が割って入る・・・。

「だ、だめよ・・・あん・・・そこっ・・・そこは・・・ひぃぃ・・・」

「真紀ちゃんのオマンコ、石鹸の香りがするよ・・・どうしてだい?・・・」

しっかりと閉じられた合わせ目を包むきれいなショーツに尖った舌が触れ敏感な突起付近を刺激すると、オジさんの唾液と花弁から染み出てくる蜜とでうっすらと合わせ目が潤ってくる。

「あっあっ・・・そ、そんなことやめてぇぇ・・・ひぃぃ・・・うっっ・・・あぁぁ・・・」

「だんだん湿ってきたぞ・・・ちゃんと感じてるじゃないか・・・」

ショーツの上から敏感な場所をちゅるちゅると舐め始める・・・。

「あっ・・・あぁぁ・・・そんなところ・・・恥ずかしい・・・あっ・・・だめだめ・・・ひぃぃ・・・」

敏感な突起や湿った割れ目周辺を指と舌でオジさんに執拗に弄ばれ、ぐったりしかけた真紀の背中を私の舌が縦横無尽に這い回り、汗の玉をすくい取る・・・。

「とっても柔らかくて美味しいわ・・・そのままおとなしくしててね・・・」

「いやぁぁ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・」

「いいぞ・・・やっぱりとっても敏感で立派な奥さまだ。真紀ちゃん・・・そろそろ触ってもいいよね・・・ここはどうなっているのかな」

オジさんの指が熱く濡れた部分をまさぐろうとショーツの隙間から入り込むと、真紀がガチガチと歯を鳴らして震えだし息が止まりそうになる・・・。

「だめ・・・だめえぇぇ・・・そこはだめよ・・・だめぇぇ・・・」

「えっ?えっ?ちょっと待て・・・ええっ?まさか・・・ユキ・・・剃ったのか?・・・おい・・・なんてことを・・・こりゃすごい・・・すごいよ・・・」

指先にまとわりつくぬるりとした花弁の感触にオジさんが驚愕の表情を見せる・・・。

「どうしても私のものっていう『しるし』をつけておきたかったの・・・また逃げないように・・・真紀ちゃん、剃ってよかったわね・・・オジさまも気に入ってくれたみたい・・・」

ショーツの中へと侵入してきた指が遮るものが何もない可憐な花弁に触れ、くちゅくちゅ、ぐにゅぐにゅとまさぐり始める。

「こりゃぁぁ・・・うわあぁぁ・・・つるつるで・・・こんなに熱く濡れてる・・・す、すごい・・・ほら・・・わかるかい・・・」

「さ、さわっちゃいやぁぁ・・・だめよぉぉ・・・ぬ、濡れてなんか・・・そんなこと・・・あ、ありません・・・あっあっ・・・あっ・・・そこは・・・ひぃぃ・・・」

「つるつるで柔らかくて・・・びっくりだよ・・・きれいに剃ってもらったんだね・・・真紀ちゃんがおねだりしたのかな・・・」

「オジさまにたくさん楽しんでもらうために邪魔なものを剃っちゃったの・・・真紀ちゃんもそうした方がいいって言っておとなしく剃らせてくれたのよ・・・」

震える真紀の身体にカミソリを滑らせ、黒い茂みを剃り落としていった時の感触、そして黒い糸の混じった白い泡を流しさって素顔の花弁が目の前に現れた光景が鮮やかによみがえる・・・。

「あっあっ・・・う、うそです・・・ち、ちがいます・・・いじらないでぇぇ・・・触っちゃいやぁぁ・・・」

「さっきだってね、真紀ちゃんのおうちでお手入れしたんだけど、剃られるたび可愛い声出しちゃって・・・ぐちゅぐちゅにアソコを濡らしちゃってすごかったの・・・」

「ユキ・・・びっくりで素敵なプレゼントだよ・・・何にもないオマンコがこんなに熱くて柔らかいなんて知らなかった・・・こんなにだよ・・・」

まさぐっていた指をぐしょぐしょに濡れた花弁の中へとゆっくり潜り込ませていくと、真紀の可憐な花弁の周囲には遮るものなど何もなく、侵入してきた指をするりと飲み込む・・・。

「うわぁ・・・あぐぅぅ・・・うわぁぁ・・・あひぃぃ・・・」

「ううっ・・・狭いけど中も熱くてびしょびしょでぐちょぐちょだ・・・真紀ちゃん、とっても敏感なんだね・・・」

「ひいぃぃ・・・あっあっ・・・だめよぉぉ・・・」

「オジさま・・・おっぱいだって固くなってるわ・・・コリコリしてる・・・」

私が汗の粒と一緒に固くなっている乳首を口に含んで噛み、オジさんは潜り込ませた指をどんどん奥深く押し込んでいく。

「可愛いよ・・・とってもきつくて・・・でもこんなに柔らかい・・・」

オジさんは決して真紀をせかすようなことはせず、含ませた指を優しく動かし、抜いたり再び挿入したりを繰り返すと、しっかりと咥え込んだ花弁はおびただしい蜜を垂れ流す。

「うぐぐぅぅ・・・や、やめ・・・てぇぇ・・・お、おねがいぃぃ・・・」

潜り込んだ指が微妙な動きや振動を真紀の身体の内側から与えると、白い身体がピンク色に染まり細かい汗の粒が乳房に浮き出てくる・・・。

それを私の口唇が一粒残らず舐めて吸い取って、白い肌のあちこちに赤いしるしをつける。

「きれいよ・・・もっとたくさん『しるし』をつけてあげる・・・私のものだから・・・」

「あっあっ・・・うわぁ・・・よしてぇぇ・・・」

二人に挟まれた真紀の身体がぴくんぴくんと跳ね上がり、シーツに悲しみの涙の海ができる・・・。

「真紀ちゃん・・・もういいよね・・・全部を見せてね・・・」

オジさんが私の顔をちらりと見ていやらしい笑いを浮かべ、私もそれに応えて軽く頷く。

「ほら・・・返事しなきゃだめでしょ・・・脱がせてもらいなさい」

「あぁぁ・・・もう・・・あぁぁ・・・」

更なる羞恥と絶望へと絶え間なく追い込まれ、激しく消耗している真紀の口からは喘ぎ声しか出てこない。

しかし私の言葉に反応するように閉じられていた足から力が抜け、オジさんの顔が真紀の股間にしっかりと潜り込む・・・。

「きれいだ・・・真紀ちゃん、旦那さまにお礼言わなきゃいけないね・・・こんなに可愛い奥さんを俺にくれるなんて・・・」

「もう・・・もう・・・あっあぁぁ・・・」

「オジさんは優しいから大丈夫・・・恐がらずに安心して任せましょう・・・ちゃんとわかってくれてるわ・・・もうできるでしょ」

悲しく喘ぐ真紀が焦点の定まらない絶望の視線を私に向けるが、汗と涙にまみれた髪を撫でると静かに目を閉じて横を向く・・・。

自分自身に課せられた過酷な運命の受け入れ方は何度も経験しているだけあってとても上手。

あとは・・・私たちに強烈で淫靡な快感を与えられ、旦那さまを愛しく思う貞淑な妻の気持ちとの間で板ばさみになって苦しんでいる心と身体を解き放ってあげるだけ・・・。

絶望の底に沈みつつある真紀・・・最後に残った下腹部を包んでいる布切れに手がかかると更に身体を震わせ泣きじゃくる・・・。

「もうやめて・・・やめて・・・脱がさないでぇぇ・・・」

「飽きずによく泣くわね・・・いつもこうなのよ。来る前だって自分のおうちで散々泣いたの・・・世話が焼ける奥さまだわ・・・」

「ユキ、そんなこと言っちゃいけないよ。真紀ちゃんは苦しみながらも、俺たちを受け入れようとしてくれてるんだろ・・・優しくしてあげなきゃな」

なるほど・・・。

優しくすればもっと苦しむ・・・。

苦しめば苦しむほど私たちの悦びが増し、真紀もいっそう輝くことになる。

「そうよね・・・ごめんね。真紀ちゃん・・・でも・・・もう帰ることはできないでしょ・・・だったら諦めてたくさん楽しみましょう・・・あなたがもっといい子になれば、すべてのことは今までのままよ・・・大好きな旦那さまも傷つかないわ・・・」

「だめ・・・脱がさないで・・・お願い・・・きゃあぁぁ・・・」

「もうこんなものはいらないよね・・・取っちゃうよ・・・ほーら・・・」

「うっうっ・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・いやぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」

真紀が腰をよじって逃げようとする・・・。

だが身体はほとんど動かない。

「そうだ・・・おとなしくしててね・・・暴れちゃだめだよ・・・」

オジさんが徐々にショーツをずらして足から抜き取ろうとすると真紀がものすごい悲鳴を上げるが、布が丸まるにつれてやがて声もでなくなり、濡れ輝く無毛の花弁全体があらわになる・・・。

「うわぁぁ・・・とってもきれいだ・・・真紀ちゃん、こんなにきれいなオマンコしてるなんて・・・余計なものが何一つない・・・こりゃ・・・とってもいいぞ・・」

オジさんが丸めたショーツを投げ捨て、ぐっと足首を持って広げて食い入るように股間の奥深くをまじまじと見つめる。

「ひいぃぃ・・・だめ・・・うわぁ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・」

「きれいなピンク色・・・こんな新鮮な色のオマンコは見たことがない・・・やっぱりうぶな奥さまなんだね・・・きれいだよ・・・」

「見ないで・・・見ちゃいや・・・よしてぇぇ・・・うわぁ・・・あっあぁぁ・・・」

オジさんの驚嘆の声と真紀のかすれた悲鳴が重なり合う・・・。

処女のまま結婚した真紀・・・。

いくら私のダンナに無理矢理犯されたとはいえ、今まで抱かれた男性はたった二人だけ。

ダンナに乱暴されても『心の貞操』を必死で守り抜き、私の前から消えてからは一切連絡を絶って、文字通りの『貞操』を守り通してきた。

再び捕らえられ、私に辱めを受けてもそれは変わらない・・・。

そんな立派な奥さまの花弁がきれいで美しいのは当然だ。

だが、大切にしてきた『貞操』も風前の灯・・・。

徹底的に犯され調教されて私たちのおもちゃとなる時が近づきつつある・・・。

「真紀ちゃんはあまりセックスのこと知らないから・・・優しくしてあげて・・・男の人は苦手なのよ」

真紀がこうなったのはすべてダンナのせい・・・。

世間知らずな奥さまを刃物で脅すなんて・・・。

でもあの時は力を使わなければ、ガードが固く用心深かった真紀を手に入れることはできなかったのだから、それはそれで仕方がない。

ダンナのおかげで真紀を徹底的に犯して服従させることができたのだから・・・。

だけど、逃げ出した真紀を再び捕らえて辱め、追い詰めたのは私だし、男というものを徹底的に教え込み調教するのはオジさん。

あくまでもゆっくり、そして優しく自分の運命を・・・オジさんを受け入れさせるのだ。

「うわぁぁ・・・きれいだよ・・・剃っちゃったのがすごくいい・・・そんな余計なもの、真紀ちゃんには似合わない・・・」

まじまじと見つめていたオジさんがピンク一色の花弁にそっと触れる・・・。

「うっうぅぅ・・・さわらないで・・・さわらないで・・・あっあっ・・・うぐぅぅ・・・」

「・・・苦手だなんて・・・そりゃそうだろうけど・・・こんなに柔らかくてぐちょぐちょなのにウソだろう?ほら・・・こんなにするりと飲み込むぞ・・・」

押し込まれてくる太い指にねっとりとした蜜が絡み、痛々しい無毛の花弁の中心へと導かれるように吸い込まれていく・・・。

「オジさまに嘘は言わないわ・・・ちゃんと確かめてみて・・・」

「な、なんだ・・・これは・・・うわぁ・・・こりゃ・・・やっぱり本当なんだ・・・うへぇぇ・・・中は・・・とってもきつい・・・」

「だめぇぇ ・・・あっあっ・・・入れちゃいやぁぁ・・・うぐうぅぅ・・・」

男性経験は少ないが、これまでの私の調教によって成熟しつつある真紀の花弁は収縮を繰り返しながら、押し込まれてくるオジさんの指に蜜を浴びせて自らの意志で奥へと飲み込んでいく・・・。

「こりゃ・・・すごいぞ・・・真紀・・・どんどん濡れてくるじゃないか・・・これが俺の指だぞ・・・わかるか・・・」

「ひぃぃ・・・うわぁ・・・あん・・・動かさないでぇぇ・・・」

「の指はどう?私にされるより太くていいでしょ・・・」

「く・・・くるしい・・・あっあぁぁ・・・うごかさな・・・いでぇぇ・・・」

真紀に潜り込んだ指が体内の奥深くで容赦なく動き回り、熱い蜜を掻き出そうと抜き差しを繰り返すのを観察しながら、喘ぐ真紀の手をしっかりと握りしめ、口唇を重ねて熱く柔らかい乳房を揉む・・・。

「だ、だめぇぇ・・・あっあっ・・・あん・・・ユキさん・・・あん・・・」

「そうよ・・・いい子・・・オジさまにすべてを委ねれば楽になるのよ・・・私も手伝ってあげる・・・力入れちゃだめよ・・・」

真紀の股間にしっかりとはまっているオジさんの手に私の手を重ね、中指を花弁の中へと潜り込ますと、熱く粘っこい内壁がまとわりついてくる・・・。

「あぐぅ・・・あっあっ・・・そんなに入らない・・・入れないでぇぇ・・・」

「大好きなユキの指も入ってくるぞ・・・気持ちいいだろ・・・」

「真紀ちゃん・・・いいわ・・・できるじゃない・・・柔らかくてぐちょぐちょよ・・・」

「うわぁぁ・・・うぐぅぅ・・・あっあっ・・・」

何度も太い玩具やディルドを咥えさせた真紀の花弁はどんどんトロけだして、押し込まれてくる私たちの指を容易に飲み込んでいき、白い網タイツを履いたままの足が虚しく空を蹴って、強烈な快感の渦に巻き込まれていく・・・。

ダンナも夢中になったが、真紀には男を興奮させ夢中にさせる幼くてアンバランスな淫靡さがある。

可愛い顔をしてきゃしゃな身体つきなのに、美しい花弁から流れ出るおびただしい蜜の量、しっかりと咥え込んで締めつけるアソコ、そして貫かれて悶える裸体・・・すべてが素敵だ。

幼稚なセックスしか知らなかった真紀が、守り抜いてきた貞操をダンナに奪われ、それから何度もつらく淫靡な責めをされて泣き叫びながらも受け入れいたのに、引越しを口実に逃げるように私の前から消えていった・・・。

しかし、ポストに入っていた一通の葉書によって私と再会してしまい、新居のベッドで辱められ調教が再開されていく中で、体内にずっと眠っていた淫靡な部分が目覚めたのか、さらなる熟成を求めるかのように濡れた花弁がオジさんの目の前で息づいている・・・。

ダンナに汚されたことがあるとはいえ、真紀の可憐さはちっとも変わらない・・・。

むしろセックスの悦びを少しでも知ったことで輝きを増してきたように見える。

「なんてきれいなんだ・・・真紀のオマンコ・・・まるで処女のようだよ・・・旦那さまが初めてだったんだよね・・・」

「あぁぁ・・・見ないで・・・いやよ・・・許して・・・許してぇぇ・・・」

「オジさまったら、正真正銘の純真な奥さまなんだから当然でしょ・・・今までのお相手と一緒にしちゃだめよ・・・」

「そうだよな・・・でもこんなにきれいだなんて・・・嬉しいよ・・・きれいだ・・・きれいだ・・・」

うわ言のようにオジさんが同じ言葉を繰り返しながら、太い指で広げた美しい花弁に吸い寄せられるように顔を寄せていく・・・。

「きゃあぁぁ・・・きゃあぁぁ・・・いやあぁぁ・・・だめよ、だめよ・・・よして・・・うわぁぁ・・・」

「可愛いよ・・・きれいだ・・・どんな味がするのかな・・・」

真紀の奥深く潜り込ませていた指をするりと引き揚げ、しっかりと膝を広げて可憐に濡れ光る花弁を口いっぱいに含む・・・。

「いやあぁぁ・・・ひぃぃ・・・あっあっひぃぃ・・・ひぃぃ・・・いやぁぁ・・・うわぁぁ・・・」

悲鳴に混じった喘ぎ声とともに柔らかく熟した真紀の花弁から甘い蜜がどんどん溢れ出てきて、オジさんのお口の中に吸い込まれていく・・・。

「うわぁぁ・・・これが真紀ちゃんのオマンコ味か・・甘くて・・・いい香りがする・・・美味しいよ・・・」

「あぁぁ・・・よしてぇぇ・・・なめちゃいや・・・いやぁぁ・・・だめょょ・・・」

「旦那さまに舐めてもらってるのか・・・真紀・・・こんな風に・・・」

いや違う・・・。

おそらく真紀の花弁が男の舌を受け入れるのは私のダンナ以来のことだろう・・・。

つらい体験とともに長い間身体の奥深くに封じ込めていた強烈な快感が湧き出てきて、堪え切れずに真紀が苦しみ悶える。

「あっあぁぁ・・・そんなこと・・・しないでぇぇ・・・うっうわぁぁ・・・なめないでぇぇ・・・」

「感じてるくせに・・・気持ちいいくせに・・・そうなんだろ・・・」

真紀の花弁を指でくつろげてひたすら舐め回す。

ぴちょぴちょ・・・ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・。

「だめぇぇ・・・だめよ・・・なめないでぇぇ・・・よしてぇぇ・・・」

「あぁぁ・・・美味しい・・・真紀のオマンコの味は酸っぱくって甘くて・・・びちょびちょだ・・・」

「そ、そんなこと言わないでぇぇ・・・いやぁぁ・・・うっうっ・・・はぐぅぅ・・・」

「可愛いオマンコ、もっと食べさせてくれ・・・もっと・・・」

じゅるじゅる・・・じゅばじゅば・・・ぐちゅっ・・・ぐちゅっ・・・

甘くて濃厚な蜜を求めてオジさんが容赦なく舐めたり吸ったりを繰り返していると、真紀の股間から響く音が次第に淫靡な濁音に変わっていく・・・。

「うわぐぅぅ・・・真紀・・・もっと舐めて欲しいのか・・・」

「やめてぇぇ・・・うわぁぁ・・・あっうぅっ・・・あぁぁ・・・や、めてぇぇ・・・」

オジさんの口唇が無毛の花弁の上を自由自在に動き回り、内部に舌が潜り込むと真紀の身体がびくんびくんと痙攣のように震える・・・。

「真紀ちゃん・・・気持ちいいの?私の時よりいいの?そんなのずるい・・・」

問いかけても喘いでいるだけで返事はない。

それにしても真紀の感じ方にはびっくりしてしまう・・・。

真紀の旦那さまの幼稚で淡白なセックスではこんな快感を得たことはないに違いない・・・。

どんなに嫌がっても、私に淫らな調教をされて目覚めつつある身体はもっと強烈な快感を求めているのだ。

「真紀ちゃん・・・こうしてもらうために来たんでしょ・・・こんなに悦んじゃって・・・いやらしいわ」

「ち、ちが・・・いますぅぅ・・・あぁぁ・・・も、もう・・・」

「悪い奥さまだ・・・気持ちいいくせに嘘ばっかりついて・・・ほーら・・・」

愛液まみれになったオジさんが細い足を肩にかけて押し上げて、奥に貯まっている蜜をすくい取ろうと源泉の奥へ奥へと舌を差し込みきつく吸う。

「はぐぅぅ・・・真紀・・・熱くて・・・すごいぞ・・・」

「ひぃぃ・・・あっあっ・・・んぐぅぅ・・・あひぃぃ・・・」

遮るものが何もない真紀の無垢の花弁はオジさんの舌をもろに受け入れて、奥まで誘い込んでしまう・・・。

「すごい・・・オジさまったら・・・そんなに深くまで・・・」

私では到底できない荒々しい愛撫に見とれながら喘ぐ真紀に口唇を重ね、逃げ惑う舌を追いかける。

「うぐっぐぅ・・・ぐぐぅぅ・・・」

「真紀ちゃん・・・一人だけ感じちゃって・・・うぅぅ・・・そんなのだめ・・・あんあん・・・」

「いいぞ、ユキ・・・もっと可愛がってやれ・・・」

熱い口腔内で舌と舌が絡み合うと電流が流れ、重なり合った身体がピクンピクンと跳ねる・・・。

「いやぁぁ・・・うっぐぅぅ・・・うっぅぅ・・・ひぃぃ・・・」

「ここがいいのかい?どうなんだ?・・・真紀ちゃん・・・」

『真紀』ときつく言い放ったと思ったら、甘い声で『真紀ちゃん・・・』と呼びかけるオジさんは乱暴そうに見えるがとても優しい・・・。

ぐっしょり濡れた花弁の中に舌と指を潜り込ませ、真紀の感じる部分を探り当てようとぴちょぴちょと音を立てて溢れ出てくる蜜を丁寧にすくい取りながら舐め続けている。

「みーつけた・・・ここだろ・・・コリコリに固くしちゃって・・・」

「だめ・・・あっあぁぁ・・・うわぁぁ・・・あん・・・ひぃぃ・・・そ、そこだめぇぇ・・・だっめぇぇ・・・」

ぬるぬるした敏感な突起が噛まれると、持ち上げられた足が宙を蹴りオジさんの顔を挟み込んでしまう・・・。

「おっと・・・まったく・・・悪い奥さまだ・・・ユキ、見てごらん・・・」

「きゃあぁぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」

真紀の細い足がぐっと大きく左右に広げられ、美しく濡れ輝いている花弁が私の前にさらけ出される。

「うわぁぁ・・・本当にきれい・・・やっぱり私の真紀ちゃんだわ・・・でも・・・ぬるぬる・・・」

広げられた細い足首を持って真紀の花弁をこちらに近づけて見ると、あれだけ玩具を飲み込んだにも関わらず、少し赤く充血してはいるがきれいなピンク色を保っている・・・。

「あ、足が痛いの・・・苦しいの・・・やめてぇぇ・・・う・・・うわぁ・・・あん・・・やん・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」

またもやオジさんの口唇が愛液を求めてトロけている花弁に吸いつき敏感な突起を咥えると、途切れそうな声で押しつぶされた真紀が鳴く。

「こんなに柔らかくしちゃって・・・感じてるんだろ・・・わかってるんだよ。旦那さまのことなんか忘れちゃいな・・・」

「あぁぁ・・・感じてなんか・・・いやぁぁ・・・だめぇぇ・・・うっうぅぅ・・・いやぁ・・・ぁぁぁ・・・」

「まだいやなのか・・・それじゃ・・・もっといじめてあげなきゃな・・・」

開いた花弁をさらに指で大きくくつろげて、源泉の泉の中心部分に舌を差し込み、美味しそうにじゅるじゅると音を立てて舐める。

「ど、どうだ・・・真紀・・・それでも旦那さまが恋しいのか・・・どうなんだ・・・」

「あっあっ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・うっうっぅぅ・・・」

「旦那さまを思いながらこんなにぐちゅぐちゅに濡らしているのか・・・いやらしい真紀ちゃんだ・・・」

許されない・・・恥ずかしい・・・そう思えば思うほど感じてしまう・・・。

セックスの経験が浅く、未知の快感に襲われている真紀はなおさらそうだろう。

真紀の責めのキーワードは『旦那さま』その言葉を言えば、真紀も苦しむし、オジさまもその悲しみに耐える姿を見ていっそう責めに熱が入る・・・。

「真紀ちゃん・・・もっと感じてもいいのよ・・・もう旦那さまだけのものじゃないから・・・感じていいの・・・自由なのよ・・・」

強弱をつけたリズミカルな口唇の動きが剥き出しの花弁にダイレクトに伝わると、真紀の顔が快感と苦痛で歪む・・・。

「だ・・・だめぇぇ・・・あっあぁぁ・・・ひぃぃ・・・うんぐぅぅ・・・あぐぅぅ・・・」

「ユキ・・・真紀のアソコが顔全体に密着して何ともいえない感触だ・・・熱いぬるぬるが・・・気持ちいいぞ・・・」

「そりゃ・・・ちゃんとお手入れするようにしつけたのよ・・・何もないことが私のものっていう証なんだから・・・」

「ぬるぬるで・・・熱くて・・・うわぁぁ・・・こりゃ・・・顔に・・・」

ずっと『心の貞操』を守り続け慎ましやかだった真紀の花弁が、とうとうオジさんによって支配され溶かされてしまった・・・。

「お・・・おねが・・・い・・・も・・・もう・・・う・・・うぅぅ・・・」

「じゅくじゅくで美味しいぞ・・・真紀・・・」

「あぁぁ・・・あぁぁ・・・」

いくら自分で仕組んだことはいえ、真紀が責められ泣き叫ぶ淫靡な光景を見