偶然のきっかけで知り合った短大生の美加とホテルで一晩過ごすという幸運な機会に恵まれました。

1週間後美加からメールが届き食事をすることになりました。

1週間ぶりに美加に会うとやはり可愛い子だなとあらためて思います。

レストランに入りワインを飲みながら食事をしたのですが、話が前回のことになり・・・。

「ちょっと激しくやり過ぎたかな。痛かった?」

「凄かった。初めてのことばっかりだったので何が何だかわからなかった」

「美加は何回かイッタね?」

「恥ずかしい」

「こんなおじさんとするのイヤじゃない?」

「ううん、だって上手なんだもん」

恥ずかしそうに、

「また会いたいと思ってた」

「このあとゆっくりしていいの?また美加を抱きたい」と言うとこっくりと頷く美加。

「美加もして欲しい?」

「うん」

「またいろいろ違うことしてあげる」

ホテルの部屋に入り一緒に風呂に入りました。

湯船の枠に両手をつかせて足を広げ恥ずかしい恰好にさせ、後ろからソープを使い割れ目、アヌスをゆっくりと洗ってあげると、美加はもう「あっあっ」と感じ始めています。

私は後ろにしゃがみ込み右手で割れ目、腟を、左手で乳房を洗いながら、口をアヌスに当て舌で花びらを舐めます。

美加は尻を動かし、

「そこはイヤ!恥ずかしい!」

舌を花びらの奥に侵入させます。

右指はクリトリスと腟に出し入れしながら左手は乳房を揉んでいます。

舌をアヌスの外、中を這い回ります。

身体中の性感スポットを同時に一気に攻めたてます。

「あっあっあっあっあーっ!あーっ!ダメ、ダメ、イキソーッ!」

なおも私の舌と両手手は加速して動かします。

頭を振りながら「あーっ、あっ、イクイクーーッ!」と身体が痙攣しました。

とろんとうつろな目をしている美加をこちらに向け、膝まつかせ、既に勃起したペニスを口に含ませました。

美加の頭を動かすように指示するという通りフェラをしてきました。

「舐めてごらん」

ペニスをシゴキながら裏筋、袋まで舐めるようにいうと懸命に舌を出し舐めています。

なんとも言えない可愛いさとエロチックな表情が私の興奮をかきたてます。

美加を再び先程の後ろ向きの恰好にさせバックからペニスを生で挿入しました。

締まりが良く、締め付けてきます。

「あーっ、あーーっ」

ピストン運動、回転運動と様々な動きで突き上げます。

「美加、キモチいいよ!」

「ミカも・・イイーッ!」

「あーっ、あーっ、あーっあーっ」

「美加、一緒にいくよ」

「イーッ、イーッ、イイッ、イイッイク、イク、イク、イクーッ」

美加の尻に放出しました。

風呂で第一ラウンドを終えた後のビールは格別で、美加は既に2回絶頂を迎えまだうつろな目をしています。

「美加は感じやすくイキやすいんだね」

「だってサブローさん上手なんだもん」

「美加、キスしてくれる?」と言うと、舌を入れて積極的に舌を絡ませてきます。

私は口を開け舌を出し美加のキスを味わっています。

私のペニスに触るように促すとキスをしながらペニスをすっかり慣れた手つきで触っています。

私も美加の割れ目を触りクリトリスを捉えます。

キスしながらお互いの大切な部分を触り合います。

美加を膝の上に座らせ向かい合う形で挿入しました。

ガウンを脱がし乳房を吸いながら美加の腰を動かします。

美加はすぐに感じ始めています。

「美加、自分で腰を動かしてみて」と言うと自分で腰を動かし始めました。

美加は両方の乳房を揉まれながら腰を振っています。

しばらくしていると「イク、イクイク」と3回めの絶頂に達しました。

美加は次の日が休みなのでホテルに泊まりセックスを楽しみました。

朝起きて帰る前にもう一回戦交え、私は久々に3回、美加は5回イキました。

完全に愛情を感じていますので別れたくない気持になってきました。

美加は「今日も一緒にいたい」と言いますが、いつでも会えるからと駅で別れました。

私は美加に彼氏ができるまでの付き合いだと思っています。

今までもバイト先で多くの男に声をかけられる位可愛い子なので私は時間の問題だと思っています。

美加のメールは》すぐに会いたい》キスしたい》抱いて欲しい》などダイレクトで》オレも抱きたい、舐めたい》と返信すると》嬉しい》と返事がきます。

来週あたり会うつもりです。

18歳の美加と思わぬ出会いで愛情が芽生え、別れる時期を心配しているのはまだまだ私もいけるのかもしれません。

短大生の美加と3回目のデートの約束をしましたが、約束の日までの日が待ち遠しくとても長く感じられました。

50歳を過ぎた男が18歳の女の子に夢中になるのもどうかとは思いなるべく自制してはいるのですが。

会って食事をしている間も早く美加を抱きしめたいという衝動にかられ、それを抑えるために、焼酎をビールのように飲んでしまいました。

美加は私が酒を飲みすぎることを心配げに見ていましたが、美加と会って嬉しいからだと言うと嬉しそうにします。

その店を出てすぐにホテルに行きたかったのですが、美加は街の反対側にある☆☆☆公園に行ってみたいと言うので、公園に行くことに。

その公園、夜はアベックのデートスポットになっていて、今の初秋の時期は最も良い時期です。

池の回りを手をつないで歩いているとあちこちのベンチではカップルが抱き合ったり、キスしたり、明らかに胸を吸っているカップルなど、かなり大胆で刺激的な光景が繰り広げられていました。

美加はそれらに刺激を受けたのか、あたりが暗いので怖いのか手を離し腕を組み私にしがみついてきます。

なるべく周囲に人影のない木の傍のベンチを選び座ることにしました。

「美加にはちょっと刺激的なんじゃない?夜の◯◯公園は有名なんだよ」

「カップルばっかりでビックリした」

この日の美加の服装は、薄い透けて見えるような黒っぽいスカートに、淡いブルーのシャツとカーディガンを着ています。

私は小柄で華奢な美加を抱き上げ抱っこするように膝の上で横抱きにしました。

美加は私の首に腕を巻き付けてきます。

どちらともなく唇を合わせ舌を絡ませむさぼるようなDキスに。

久しぶりに会って気持がつのっていることと、公園の刺激的な光景が相まって、美加もかなり興奮気味で、積極的に私の唇を吸っています。

ペニスが美加の薄いスカート越しの尻の感触で硬くなっていき、美加の割れ目にペニスが当たるように位置を変えると「当たってる?」「わかる」と美加は尻を動かし確かめています。

私の手は薄いシャツの上から乳房、脇腹、下腹部、太ももを撫でます。

薄いスカートの裾から手を入れて美加のすべすべした膝、太もも、そして内側を撫で少しずつ上に移動させます。

「ィャ」と小さく拒む仕草を見せる美加。

ショーツの上から割れ目をさすると私の首にギュッと抱きついてきます。

既に美加のそこは熱く湿っており「美加、もう濡れているね」というとさらに抱きついてきます。

中指で割れ目に沿って上下にさすりクリトリスを押したり掻いたりするとピクンピクンと反応します。

耳元で「美加、感じる?」というと「あっあっあっ」

手を下腹部からショーツのゴムの下に差し入れ、茂みの先に直接触るとそこはもう愛の密が溢れています。

直接クリトリスを触るとピクっピクっと反応します。

腟の中に指を少しずつ入れると、「あっうっあっあっ」と私の首に顔を埋め声を押し殺して我慢しているのが実にけなげです。

中指を曲げ指の腹でGスポットをこすりゆっくりと抜き差しを繰り返します。

クチュクチュと指先にその密が湧き出ているのが伝わります。

美加には少し可哀想ですが、イキそうになる時は美加の反応でよく分かるので、快感の波が大きくなり絶頂に近づくと、指をスッと腟から抜き快感の波を反らします。

そしてまた指を入れGスポットをさする、このことを繰り返すと、美加は感づいたようで私の顔を覗き込み「ィャ」とキスを求めてきます。

周囲から私達を見るとベンチで抱き合っているカップルとしか見えないのてすが、下半身では私の中指が愛の泉の中を動き回っています。

「あっあっ、もうダメっ!」

また指を抜こうとすると・・・。

「イジワルゥ!」

私は指の動きを早くします。

クチュクチュッと音がして、美加は手を口に当て声を漏らすまいとしますが、「ゥッゥッゥッうーーっうっうっうっうっうーーっ!ゥーーーン!」と身体を硬直させ絶頂を迎えました。

しばらくの間、美加の動悸が収まるまで抱きしめてあげていました。

「今日もお泊まりしたい」と言う美加のため公園の近くにあるラブホテルに入りました。

この夜の美加は完全に女になっていました。

私に跨って騎乗位で腰を振り、バックでは枕に顔を埋め快楽に身を任せていました。

イクことにためらいがなくなり、かえって快楽を積極的に求めてくるようになっています。

腕枕で寝ている美加の寝顔はまだあどけさが残る10代の女の子に帰ります。

せめて美加に恋人ができるまではこうしていたいと思っています。