昨日のアルバイトのラスト(…と言っても時間位)は
店長(兼シェフ・30代)と私だけでした。
最後のお客様をお見送りして
食器類を洗っていると背後から耳元に
「リエちゃんも…とうとう目覚めちゃったみたいだね 笑」
と言われました。
「え!?」
「・オナもう病み付きらしいじゃん」
いわれの無い誤解の原因が理解りました。
つい先日、アルバイトの別の女のコ達が更衣室で
「ウチのお店のって、ヤバイよね」
「ペロッと舐められるみたいな感じつい、声が出ちゃったもん」
確か、そんな話をしていたのです。
私は、ただ其処に居合わせていただけなのですが
どうやら、勘違い…では無くて
なんと「私が言っていた」と
デマカセを吹き込まれていたらしいのです
もちろん、誤解を訴えましたが
店長はニヤニヤと私を見て、信じて貰えません。
「実際には、(*は!?)あるの!?」
「有るわけ無いじゃないですかその話も全部ウソです」
でも、信じて貰えません。
「そう言えば最近少し、お尻も大きくなったんじゃないの」
「素質あるよオレが仕込んでやろうか」
恥ずかしさと怒りで、もう無視を決め込みました。
そして最後は、タイムカードを押してから
そのまま店長に
「辞めさせて下さい‥」
と、勢いで言ってしまいました。
一応、引き留められてはいますが
なるべく違うアルバイトを見付けて移りたいと思っています。