私は高校一年生の時に割と仲のいい先輩がいて、私も好印象を持っていました。
いつも何故か私の部活後の下校を待っていてくれてたので、何度も一緒に帰ったことがありましたが、その日は相談があると、どこかの屋上へ連れて行かれました。
始めはリアルに悩み相談だったのですが、肩を抱かれ、腰をだかれとどんどん密着していきました。
私は弱っている先輩を拒否できず、ついには胸に顔を埋められました。
そんなことは初めてだった私は、ただ身体を強張らせるしかできず、先輩が私の乳首に息をふきかけたりあまがみしているのに身体を震わせるしかできませんでした。
大丈夫だと思ったのか先輩は私を膝の上 に後ろ向きで跨がらせ、胸を揉みながら起った男性器を私のあそこに押し付けてきました。
その時私はまだ起ったそれを知らず、なにこれ気持ち悪い…ぐらいの気持ちだったのですが、なんか駄目だと思い、ゃ、先輩やめてください…と意を決して言ったのですが、そんなエロい声だすなよ。ってか俺弱ってんの。慰めてよーと言われると何も言えませんでした。
最後までされることはありませんでしたが、そのあとパンツを見られ、生で胸を揉まれて乳首をクリクリされてしまいました。
今思えばあれはセクハラだったのかもしれませんね…
最初の相談もそれ目当てだったならショックです。
皆さんどう思いますか