去年10月僕は会社が不景気でされて23でホストになりました。
ホストになれば、容姿に自信があったからどうにかなると思ったけど、甘くなかった。客は少ないし、固定のホストのヘルプばかりで金にはならないし、ちょっと気に入られると、先輩ホストに客とるきかと殴られるし…わりにあわないから1ヶ月でやめる事にして、最後の日に新規の客についた。「俺、今日でラストなんです」と俺をベタベタさわるおばさんにきれかけていうと。紙たばをポケットにいれられた。紙に携番アドレスとせんべつとかかれ、10万あった。本当は客から現生もらってはダメだけど、最後だからもらっておいた。明くる日、一応礼の電話を入れると、住むとこや 職を聞かれて、まんが喫で当分過ごすといえば、おこづかいと住む場所の提供と体の提供をもちかけられた。月に50万でマンション付きにとびついた。
ぶたみたいなだが週23相手して後は自由なんて夢みてぇ
と高級ホテルで飯くわしてもらい、おれの住むマンションに行くと、最低限のものは揃ってた。
まあまあの2DK そこでコーヒー飲んで裸にされた。
身体検査らしい。が急に眠気がきて、ベッドに横になりそのまま深い眠りにはいった。けつに鈍い痛みを感じ目をさました。うつぶせに手足の束縛、口にもなにかボールがかまされ、声にならない。
けつを突き出して膝を固定されていて手は後ろみたいだ。アナルに何かを入れている。おれが目覚めたのをみてが「まさし、目が覚めたかわいい肛門フフン」おれが暴れてもむだみたいだ。「兄ちゃん、かわいい穴まんこにしてやるからな」がらがらの中年おやじの声。どうやら部屋には複数の男女がいるようだ。アナルの刺激がだんだん快感にかわっていく。と、ちんぽがいたい。そそり立ったおれのちんぼをねっこでキリキリしめあげる何か。初めてでわからない。
たちに身体中舐められる。が俺のものをしごく「かわいいまさし、案外大きいじゃないフフフ。美味しそう」
声にならずうめく、おやじが肛門を何かでせめる。
「射精は当分おあづけだ。穴でいけよ。後で俺のをたっぷり食わしてやるから、楽しみにしてな。」
射精できず、穴でいかされる。おやじの勝ち誇った笑い声。「病みつきになるぜ。」おやじは3人いたみたいだ。
「私はこれで楽しませてもらうわ」俺は体をおこされ、ばばあのぬるぬるのまんこに犯された。「まさし、かたくていいわ。」
「穴が広がってきたぞ。」涙がとめどなく溢れた。
4人のが取り合いで犯す。やっと満足させたが、俺は射精をとめられ、地獄だ。穴はだんだん太いものを入れられ、快感でおかしくなりそうだ。「そろそろ、ご褒美をやるか」
おっさんは俺をベッドにうつぶせにさせて一気に挿入した。
あまりの太さに穴はさけ、痛みで抵抗した。
涙はとまらない。
2人に穴を犯され、痛みで体は限界だ。「射精したいんだろ」3人めが、笑いながら「二人で天国にいこうな。」アナルをせめながら、俺の竿を刺激する。「どうだたまらないだろ」男の激しい攻めにプライドもなく、かんじまくり、涙をながした。「さぁ二度目のご褒美だぞ」おれの根元を解放し、穴に熱いものを放った。「うぅ」おれの射精は勢い良く、ながく続き、気をうしなってしまった。は約束は守った。快感を覚えた俺は1000万ためるまでにかわれていたい。